食べ物・飲み物

August 03, 2015

らーめん暁@是政

暁@是政
スープの表面は背脂で覆い尽くされているが、スープそのものは鷄ベースであっさりしている。麺は低加水のストレート。大ぶりの柔らかチャーシューともやし、海苔というシンプルな具材。かなり好きな味だ。営業は夜だけで2時までやっている。らーめん700円、煮卵100円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2015

らーめん奏@吹上

らーめん奏@吹上
7月に平田町から移転してきたばかりのお店。売りである自家製麺は断面が楕円形の平打ち麺で弾力がすごい。このモチモチ麺に和風ダシのスープがマッチしている。正油は程よい酸味があっさり感を引立てる。チャーシューはトロトロタイプと歯ごたえタイプの2枚が入っているこだわりよう。麺は大中小とサイズも選べる。中盛りで確か680円。煮卵100円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2015

元祖タンメン屋@今伊勢

元祖タンメン屋@今伊勢
「岐阜タンメン」は全国的にはまだまだ無名だが、中部圏ではちょっとブームが来つつあるかな、というラーメンスタイル。各務原の今伊勢の支店はお昼時で3組ほど入店待ちの行列ができていた。

豚バラとキャベツ、白菜を炒め、そこに透き通った塩ベースのスープを投入。麺は低加水のストレート。そして、このあっさりタンメンの上に唐辛子の緩めのペーストをトッピングするのが最大の特徴になっている。ベース(600円)に肉や野菜など、いろいろトッピングしていくシステムで、辛味は5辛までは無料になっている。『中本の蒙古タンメン』と比較すると、5辛でも足りない辛さだが、赤唐辛子ダイレクトなので結構辛味がとんがっている。麺と一緒に赤い破片を吸い込むと咽ることしばしば。辛味に深みがないので、さっぱりスープとのバランスはあまりよくない。中本級にするなら10倍でもいいかもしれないが、ただただ辛いだけになりそうだ。逆に全く入れないほうが純粋にタンメンとしておいしく頂けそうな気がした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2014

元祖うな鐡@渋谷

20140620_182347井の頭線渋谷駅西口を出てすぐのところにあるうなぎ専門店。浅草のうな鐡とはどんな関係かはわからない。うなぎのいろいろな部位の串焼きが名物。8本セットのコースで一通り楽しめる。「かしら」「ひれ」「はらみ」は少し骨が残っているので好き好き。「きも」「くりから」「短尺」で1杯、〆にお重が基本コースかな。これで5000円弱ぐらい。実に灯台下暗しでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2014

好陽軒@桜山

好陽軒@桜山

好来系ラーメンの代表的なお店だそうだ。いわゆる中華そばの範疇に入る一杯だが、スープは独特。いろいろな素材が交じり合って、あっさりとしながら深みのある味わいを醸し出している。麺は短め太目のモチモチ麺で食べ応えがある。また、極太のメンマはメンマ好きにはたまらないだろう。メンマトッピングだと、どんぶりの表面一杯にメンマがはみ出さんばかりに乗ってくる。基本はチャーシュー麺(松)800円(写真)とやや高めだが(トッピングすると1000円以上)、あまり無いタイプなので、これはこれでいいのかと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2014

拳玉@今池

拳玉@今池
今池‘塩’シリーズの第三弾。店の場所は吹上に近い。無化調で魚介系(ぶし系?)を多めにつかったあっさりスープが特徴で、ここは前出2店よりも塩っ気を抑えており、頑張れば飲み切れるレベル。麺は極細のストレートだが、しっかりとした腰があり博多系とはまったく異なる食べ応えだ。細いながらもスープの濃度ともバランスがよい。さらに、バラ肉のチャーシューも味付けを抑えており、麺とともにスープをいい感じで受けてくれている。スープ表面に浮く油幕がちょっと気になるものの、全体としてのまとまりは良く、750円の価格も十分許容範囲だ。このスープに白醤油をあわせたものもあり、そちらもちょっとそそられる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2014

大文字@今池

大文字@今池

塩としょうゆが基本の中華そば屋。カウンター7席の小さなお店。塩は羅臼昆布だしが効いたあっさり味。トッピングはかまたま(かまぼこ、玉子、チャーシュー1枚)、チャーシュー3枚、チャーシュー6枚の3タイプで、かまたま650円。しょうゆ味は550円。麺は細めの縮れ麺でスープとの絡みもいいが、気持ち味がしょっぱい。昆布だしの風味と味を引き出すには、もう少し繊細であってもいいのではないかと思う。ただ、この内容であればコスパは高い。バラロールのチャーシューも美味しいので、しょうゆ味のチャーシュー3枚がベストチョイスか。塩、しょうゆ以外にも、味噌、タンタン、カレーと味のバリエーションが揃っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2014

空王士@今池

空王士@今池

完全無科調の塩ラーメンが売り。鶏ベースと思われるスープは、コラーゲンたっぷりの粘度が高いもので、博多ラーメン系の細麺(加水率は博多ラーメンほど低くない)によく絡む。ただ、ちょっとしょっぱい。往々にして塩ラーメンはしょうゆラーメンに比べて塩分が多いといわれているが、麺とのコンビネーションもあって余計にしょっぱく感じる。スープの味自体は悪くないので、塩分を抑えてくれると全部飲めるかもしれない。チャーシューまぶし飯にスープをかける食べ方を勧めているが、スープ自体濃厚なのでひつまぶしのようにはいかないと思う。チャーシューはつまむと崩れるぐらいにトロトロ。これもややしょっぱい。スープと麺とのバランスはあまりよくない。替え玉100円はいいとして、値段は730円と微妙なライン。ラインナップに塩台湾ラーメンというのもある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2014

角中@神保町

角中@神保町

長野県発の中華そば屋。幻の信州ご当地中華そば・王様中華は750円。鶏が基本と思われるあっさりスープはほんのり甘口。黒胡椒がピリッとアクセントを与えている。麺はやや細めで良くスープと絡む。チャーシューは歯ごたえのあるタイプながら、厚みが絶妙。薄すぎず厚すぎず、肉の食感が楽しめる。極細メンマも麺と一緒に食べやすい。喰い足りなければ替え玉もできる(100円)。味のバリエーションは濃厚豚骨、ツケ麺。横並びで6席ぐらいしかない狭い店だが、内装もしゃれていて満足度高し。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2013

柴崎亭@柴崎

食べログのポイントが結構高いので期待して行ったが、そこまでではなかった。勢いでこってりバラチャーシュー玉子(800円)を注文。表面を香味油が分厚く覆い、トッピングされた細切りオニオンフライとあいまって、口の周りがギトギトになってくる。味わい的には掻き揚げそばを食べている感じ。麺は中太ストレートでもっちり。チャーシューはちゃんと歯ごたえがあり、豚を食ってる感がいい。普通のラーメンは500円なのでコスパは高い。スープをちゃんと味わうのならあっさりがいい。塩、醤油ワンタンメンもある。

【追記2016.5】名古屋に行っている間につつじが丘北口の確か来来亭だったかのところ(線路沿い柴崎より)に移転。昼時はいつも行列ができている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧