サッカー

March 15, 2019

ファンタジーサッカー2019 第4節

首位攻防は殴り合いになる危険性も考慮して若干控えめに、広島の後ろを多めにしました。ACLを見ても広島はまずますで、松本に後れを取るようなことはないでしょう。3トップは外国人で揃えました。ディエゴ、そろそろ頼むよ。
 
【mini】(第3節)
GK大迫(広島)
DF室屋(東京)
DFエミルサロモンソン(広島)
DF佐々木翔(広島)
DF杉岡大(湘南)
MF久保建(東京)
MF武富(湘南)
MF東(東京)
FWディエゴオリベイラ(東京)C
FWレアンドロダミアン(川崎)
FWエジガルジュニオ(横浜)
ルヴァンは今年は完全ターンオーバーで、明らかにU23チームです。U21がスタメンに5人も並んでいるチームは他になく、完全に畑と化してます。U23はさらに酷くて、先日大量に2種登録されましたが、開幕戦には高校生がスタメンで4人。こんなことでプリンス勝ち抜けるのだろうか。ユースがそこまで層が厚いとは思わないし、それだけ掛け持ちが増えると今から夏場が心配です。1年でプレミア復帰は無理かも。というより、こんな体制を続けていくのならば、プレミアは一生無理なんじゃないかとさえ思えます(昨年の降格も、チーム、メンバーが安定していなかったのが大きな要因に思えます)。本当に上のカテゴリーでプレーすることが彼らのためになっているんだろうか、ちょっと疑問に思ったりもするのですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2019

ファンタジーサッカー2019 第3節レビュー

先発は当たりましたが、Cをつけた永井が前半早々に負傷交代するアクシデントに見舞われたため、Cがちょっともったいなかったです。得点がOGと交代出場のジャエルだったため攻撃でもポイントは寂しいことに。守りも完封した割にボーナスがほとんどつかず、思ったほどポイントは伸びませんでした。やはり散らしたほうがいいみたいです。小川や建英にもっとポイントついてもいいんじゃないかと思いますが、ファンサカのポイントシステムですから、仕方なしですね。
 
【mini】(第3節)
GK林彰(東京)…8fp
DF室屋(東京)…7fp
DFチャンヒョンス(東京)…8fp
DF森重(東京)…8fp
DF小川諒(東京)…8fp
MF久保建(東京)…8fp
MF高萩(東京)…7fp
MF橋本拳(東京)…6fp
MF東(東京)…6fp
FWディエゴオリベイラ(東京)…4fp
FW永井謙(東京)C…2fp
合計74fp 通算180fp
チーム時価 +3700
129位/244(↑36)全国リーグ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2019

ファンタジーサッカー2019 第3節

ホーム開幕&フラッグ持ちを記念して、今節は全員わが軍で占めます。ルヴァンはターンオーバーだったので、おそらくスタメンは怪我などなければ2節と同じはずです。幸いなことに手持ち資産で賄えました。安っ。不調の鳥栖相手にどんな戦いを見せてくれるのか楽しみです。そういえば、1チームで全員揃えたのは初めてかも。
 
【mini】(第3節)
GK林彰(東京)
DF室屋(東京)
DFチャンヒョンス(東京)
DF森重(東京)
DF小川諒(東京)
MF久保建(東京)
MF高萩(東京)
MF橋本拳(東京)
MF東(東京)
FWディエゴオリベイラ(東京)
FW永井謙(東京)C

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2019

ファンタジーサッカー2019 第2節レビュー

平塚のゲームは意外と点が入った割に、攻めも守りもポイントとしてはあまり動きませんでした。中盤の2人を外してしまったのが悔いですかね。建英も惜しかった。あれが入っていればというところでした。横浜の2人と憲剛のおかげでポイントはそこそこ。これからという感じです。
 
【mini】(第2節)
GK林彰(東京)…5fp
DFエミル サロモンソン(広島)…5fp
DF福森直(大分)…5fp
DF室屋(東京)…5fp
DF小川諒(東京)…5fp
MF中村憲(川崎)…13fp
MF三田(神戸)…4fp
MF米本(名古屋)…8fp
MF久保建(東京)C…4fp
FWエジガル ジュニオ(横浜)…11fp
FW仲川(横浜)…7fp
合計72fp 通算106fp
チーム時価 +5670
165位/244(↑71)全国リーグ
 
今週末のホーム開幕戦、フェアプレーフラッグベアラーに選ばれてしまいました。SOCIOになって早19年、選手たちとともに初めて味スタのピッチに立ちます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 28, 2019

ファンタジーサッカー2019 第2節

有名どころはみんな高い。でも、その分働いてくれるかどうかはわかりません。神戸のVIPが典型です。今節は、成長著しい湘南相手に腕試しのわが軍押しで行きます。特に建英は離脱するまではエントリーすることに決めました。今節はおまけでCマーク。予算の関係もあって中盤は同窓会風になってます。2トップは横浜のユニットをそのままはめ込みます。2週連続で好調が続くかどうか。とにかく1回ぐらいは3桁出さないと、です。
 
【mini】(第2節)
GK林彰(東京)
DFエミル サロモンソン(広島)
DF福森直(大分)
DF室屋(東京)
DF小川諒(東京)
MF中村憲(川崎)
MF三田(神戸)
MF米本(名古屋)
MF久保建(東京)C
FWエジガル ジュニオ(横浜)
FW仲川(横浜)
 
開幕戦、何気に応募したらフェアプレイフラッグベアラー(旗をもって入場する人)に選らばれてしまいました。ホーム開幕戦、ピッチに立ちます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2019

ファンタジーサッカー2019 第1節レビュー

いきなりやっちまいましたねぇ。まぁ、シーズン序盤はいつもこんなもんで、力関係が今一つはっきりしない中で張るわけですから、当然こういうことも起こります。底辺からの出発も悪くない。ほかの選択肢を探ってみても、どのみち血路は見出せませんでした。序盤は戦国ムードぷんぷんですね。大分の勝利は下位チームを勇気づけたでしょう。実際、松本にしても磐田相手とは言えポテンシャルを感じさせる戦いを見せた。簡単には落ちないぞと。昨年残留争いをした鳥栖とか磐田は引き続きまずそうな香りがしているし、逆に名古屋、湘南は躍進の可能性を示している。次節以降、どう見ていきましょうか、迷うところです。
 
【mini】(第1節)
GKクォン スンテ(鹿島)…3fp
DFチョン スンヒョン(鹿島)…3fp
DF安西幸(鹿島)…3fp
DF山本脩(鹿島)…3fp
DFキム ヨングォン(G大阪)…0fp
MF東(東京)…6fp
MFアダイウトン(磐田)…3fp
MFセルジ-ニョ(鹿島)…3fp
FWフェルナンド トーレス(鳥栖)…0fp
FWディエゴ オリベイラ(東京)…2fp
FW安部裕(鹿島)C…2fp
合計…30fp 通算…30fp
チーム時価 -2830
236位/244 全国リーグ
 
建英のプレーに関して、昨年と一転して健太絶賛だったようで。スペイン凱旋の布石でしょうかね。彼が出て行くまでにジャエルとかサンホとか田川とか、使えるようにしておいてほしいもんです。あと、小川開幕スタメンおめでとう。そうじゃないと残った甲斐がないってもんです。健太もちゃんと見ててくれてよかったよかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2019

ファンタジーサッカー2019 第1節

いよいよ今年も始まります。当然各チームの仕上がり具合などわかるはずもなく、とりあえず固い鹿島×大分を軸に、やや勝敗度外視で注目選手をエントリーしてみました。掟は昨年同様で、①東京の対戦相手からは選ばない②東京から必ず2名以上エントリーさせる③浦和は除外する、です。わが軍については、いきなりチャンピオンチームとぶつかるので、開幕は様子見です。スペイン勢はJの作法にも慣れてきたでしょうから、今季はやるんじゃなかろうか。さくら組はちょっと間に合わない感じなので、阪神ダービーの神戸は魅力ではあるのだけれど、皆さん高いんだよねぇ。
 
【mini】(第1節)
GKクォン スンテ(鹿島)
DFチョン スンヒョン(鹿島)
DF安西幸(鹿島)
DF山本脩(鹿島)
DFキム ヨングォン(G大阪)
MF東(東京)
MFアダイウトン(磐田)
MFセルジ-ニョ(鹿島)
FWフェルナンド トーレス(鳥栖)
FWディエゴ オリベイラ(東京)
FW安部裕(鹿島)C

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2018

ファンタジーサッカー2018 第34節レビュー

言葉もありません。会社の後輩にジュビサポがいるのですが、どうやって慰めたらよいのか。ATで守り切るだけというところでまさかのオウン。ギャグですか。翌日のJ2も糞長いATで緑が決勝点ですからなぁ。本当に最後の最後まで、何が起きるかわかりません。そして、こちらのほうは見事残留が決まりました。いろいろありえない結果が頻出して、平均ポイントはかなり下がった模様。来年も全国リーグ(3部)でスタートできます。今年は3桁が一回もありませんでした。90越えもわずかに2回。大コケが少なかったということではありますが、それにしてもアベレージ70以上ないと話になりません。上に上がるためにも、来季はもう少し全体を見るようにしたいと思います。
 
【mini】(第34節)
GKチョンソンリョン(川崎)…5fp
DFエウシーニョ(川崎)…5fp
DF昌子(鹿島)…6fp
DF福森(札幌)…3fp
DF室屋(東京)…4fp
MF東(東京)…8fp
MFイニエスタ(神戸)…9fp
MFセルジ-ニョ(鹿島)…1fp
MF中村憲(川崎)C…7fp
FW知念(川崎)…3fp
FWジョー(名古屋)…5fp
合計63fp 通算526fp
チーム時価 +440
158位/240(↑13位)全国リーグ
年間2199fp 296位
 
というわけで、残留争いが決着したわけですが、対象の3チームのどれか1つでも負ければ磐田の16位はなかったわけです。でも、そうはならなかった。すべて引き分けというのも凄いし、ATでオウンゴールというのも、何か磐田にとりついてるんじゃないかと思ったりもします。この勢いで行くと、入れ替え戦も何かが起こるかもしれません。もしかして何年ぶりのダービー?戦力を考えれば当然力の差は歴然なのですが、緑が守ってカウンター狙いできたときに正しく対処できるか。そこがすべてのような気がします。引き分けでいいというゲームを最後で達成できなかったチームなわけですから、そこに意識がとどまっていたらやられます。でも、気負いすぎて隙を見せればカウンターの餌食。どちらにしても磐田のほうがマインド的に分が悪い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 30, 2018

ファンタジーサッカー2018 第34節

さぁ、泣いても笑ってもあと一つ。しっかり残留を決めて年を越したいものです。今節は川崎、鹿島を軸にしました。いずれも残留争いのボトムズ相手ですが、鹿島はACLのモチベーションがあるのでそうそう変なことにはならないと思ます。鳥栖は引き分けなら残留が決まるので、その辺までは見込んでおきたいところ。川崎×磐田はホームだしサッカーのクオリティがやはり違います。磐田も負けても残留する条件はかなり緩いので、チャンピオンチームに一票ですね。あとは、ジョーをいれました。名古屋の残留はこの人にかかってます。ただ、来季のユニを着て戦うらしく、フラグかなぁと。まぁ、入れ替え戦は多分横浜FCでいまの名古屋であれば遅れをとることもないでしょう。とにかく、こちらも残留目標を何としてでもかなえたいです。
 
【mini】(第34節)
GKチョンソンリョン(川崎)
DFエウシーニョ(川崎)
DF昌子(鹿島)
DF福森(札幌)
DF室屋(東京)
MF東(東京)
MFイニエスタ(神戸)
MFセルジ-ニョ(鹿島)
MF中村憲(川崎)C
FW知念(川崎)
FWジョー(名古屋)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2018

ファンタジーサッカー2018 第33節レビュー

思い切って鳥栖に賭けるべきだったかもしれません。師匠…。それにしても鹿島は凄いですね。来年のACLも全然諦めていない。下手するとACLの連覇を意識しているのかもしれません。本当に頭が下がる思いです。それに引き換えわが軍は…。最終節も赤軍相手で期待できません。しかし、掟は掟。最後まで守り通しますよ。そのうえで、残留ボーダーとの差6ポイントを乗り越えて見せます。さぁ、いよいよ泣いても笑っても最終戦。こちらも残留をかけた負けられない戦いです。
 
【mini】(第33節)
GK東口(G大阪)…5fp
DF藤春(G大阪)…6fp
DF三浦弦(G大阪)…6fp
DFファビオ(G大阪)…6fp
DF室屋(東京)…4fp
MF橋本拳(東京)…4fp
MF今野(G大阪)…4fp
MFセルジ-ニョ(鹿島)…9fp
FWジョー(名古屋)…8fp
FWファン ウィジョ(G大阪)C…6fp
FW北川(清水)…2fp
合計66fp 通算463fp
チーム時価 +3760
171位/240(↑6)全国リーグ
 
さてさてさて。残留争いもあと一枠となりました。入れ替え戦に回るのは実質的に磐田以下の4チームとなりました(数字の可能性は横浜もありますが、1ゲームで得失-8は現実的ではありません)。最終節名古屋と湘南の直接対決があるため、これまたちょっと複雑になっています。整理しましょう。
 
⑬磐田…〇残留 △残留 ●鳥栖が引き分け以上、および名古屋×湘南戦が引き分けで終わった場合のみ入れ替え戦へ。(鳥栖、名古屋、湘南いずれかが負ければ残留)
 
⑭湘南…○残留 △残留 ●鳥栖が名古屋戦での得失点差以上で負けた場合残留。
 
⑮鳥栖…○残留 △残留 ●名古屋×湘南戦で勝敗がついた場合のみ残留。ただし、条件として
a)湘南が勝った場合…鹿島戦の得失点差が名古屋×湘南戦の名古屋の得失点差-1点以内に収まっていること(同じ総得失点だと総得点で順位がひっくり返る)
b)名古屋が勝った場合…鹿島戦の得失点差が名古屋×湘南戦の湘南の得失点差より少ない場合のみ残留。(同じ得失点だと順位関係はそのまま)
 
⑯名古屋…○残留 △磐田が敗戦、または鳥栖が敗戦の場合残留。 ●鳥栖が鹿島戦での得失点差-2点以上で負けた場合のみ残留。
 
こうやって見ると、やはり名古屋が厳しそうに見えます。ただし、鳥栖はアウェーで鹿島と、磐田はこれもアウェーで川崎と、いずれも勝利が難しい最終戦を残している関係上、名古屋×湘南がドローでも、何かが起きそうな気もします。鳥栖も得失点が絡んでくるのでいよいよややこしくなってます。
 
とにもかくにも4チームとも勝てば無条件で残留が決定します。覚悟を決めて行くしかないでしょ。まぁ、ダメでも今年は入れ替え戦がありますから、最後の最後まで望みは捨てずにいるときっと何かいいことが起きますよ。
 
それにしても40でも残留が決まらない今年は異常です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧