サッカー

December 03, 2018

ファンタジーサッカー2018 第34節レビュー

言葉もありません。会社の後輩にジュビサポがいるのですが、どうやって慰めたらよいのか。ATで守り切るだけというところでまさかのオウン。ギャグですか。翌日のJ2も糞長いATで緑が決勝点ですからなぁ。本当に最後の最後まで、何が起きるかわかりません。そして、こちらのほうは見事残留が決まりました。いろいろありえない結果が頻出して、平均ポイントはかなり下がった模様。来年も全国リーグ(3部)でスタートできます。今年は3桁が一回もありませんでした。90越えもわずかに2回。大コケが少なかったということではありますが、それにしてもアベレージ70以上ないと話になりません。上に上がるためにも、来季はもう少し全体を見るようにしたいと思います。
 
【mini】(第34節)
GKチョンソンリョン(川崎)…5fp
DFエウシーニョ(川崎)…5fp
DF昌子(鹿島)…6fp
DF福森(札幌)…3fp
DF室屋(東京)…4fp
MF東(東京)…8fp
MFイニエスタ(神戸)…9fp
MFセルジ-ニョ(鹿島)…1fp
MF中村憲(川崎)C…7fp
FW知念(川崎)…3fp
FWジョー(名古屋)…5fp
合計63fp 通算526fp
チーム時価 +440
158位/240(↑13位)全国リーグ
年間2199fp 296位
 
というわけで、残留争いが決着したわけですが、対象の3チームのどれか1つでも負ければ磐田の16位はなかったわけです。でも、そうはならなかった。すべて引き分けというのも凄いし、ATでオウンゴールというのも、何か磐田にとりついてるんじゃないかと思ったりもします。この勢いで行くと、入れ替え戦も何かが起こるかもしれません。もしかして何年ぶりのダービー?戦力を考えれば当然力の差は歴然なのですが、緑が守ってカウンター狙いできたときに正しく対処できるか。そこがすべてのような気がします。引き分けでいいというゲームを最後で達成できなかったチームなわけですから、そこに意識がとどまっていたらやられます。でも、気負いすぎて隙を見せればカウンターの餌食。どちらにしても磐田のほうがマインド的に分が悪い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 30, 2018

ファンタジーサッカー2018 第34節

さぁ、泣いても笑ってもあと一つ。しっかり残留を決めて年を越したいものです。今節は川崎、鹿島を軸にしました。いずれも残留争いのボトムズ相手ですが、鹿島はACLのモチベーションがあるのでそうそう変なことにはならないと思ます。鳥栖は引き分けなら残留が決まるので、その辺までは見込んでおきたいところ。川崎×磐田はホームだしサッカーのクオリティがやはり違います。磐田も負けても残留する条件はかなり緩いので、チャンピオンチームに一票ですね。あとは、ジョーをいれました。名古屋の残留はこの人にかかってます。ただ、来季のユニを着て戦うらしく、フラグかなぁと。まぁ、入れ替え戦は多分横浜FCでいまの名古屋であれば遅れをとることもないでしょう。とにかく、こちらも残留目標を何としてでもかなえたいです。
 
【mini】(第34節)
GKチョンソンリョン(川崎)
DFエウシーニョ(川崎)
DF昌子(鹿島)
DF福森(札幌)
DF室屋(東京)
MF東(東京)
MFイニエスタ(神戸)
MFセルジ-ニョ(鹿島)
MF中村憲(川崎)C
FW知念(川崎)
FWジョー(名古屋)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2018

ファンタジーサッカー2018 第33節レビュー

思い切って鳥栖に賭けるべきだったかもしれません。師匠…。それにしても鹿島は凄いですね。来年のACLも全然諦めていない。下手するとACLの連覇を意識しているのかもしれません。本当に頭が下がる思いです。それに引き換えわが軍は…。最終節も赤軍相手で期待できません。しかし、掟は掟。最後まで守り通しますよ。そのうえで、残留ボーダーとの差6ポイントを乗り越えて見せます。さぁ、いよいよ泣いても笑っても最終戦。こちらも残留をかけた負けられない戦いです。
 
【mini】(第33節)
GK東口(G大阪)…5fp
DF藤春(G大阪)…6fp
DF三浦弦(G大阪)…6fp
DFファビオ(G大阪)…6fp
DF室屋(東京)…4fp
MF橋本拳(東京)…4fp
MF今野(G大阪)…4fp
MFセルジ-ニョ(鹿島)…9fp
FWジョー(名古屋)…8fp
FWファン ウィジョ(G大阪)C…6fp
FW北川(清水)…2fp
合計66fp 通算463fp
チーム時価 +3760
171位/240(↑6)全国リーグ
 
さてさてさて。残留争いもあと一枠となりました。入れ替え戦に回るのは実質的に磐田以下の4チームとなりました(数字の可能性は横浜もありますが、1ゲームで得失-8は現実的ではありません)。最終節名古屋と湘南の直接対決があるため、これまたちょっと複雑になっています。整理しましょう。
 
⑬磐田…〇残留 △残留 ●鳥栖が引き分け以上、および名古屋×湘南戦が引き分けで終わった場合のみ入れ替え戦へ。(鳥栖、名古屋、湘南いずれかが負ければ残留)
 
⑭湘南…○残留 △残留 ●鳥栖が名古屋戦での得失点差以上で負けた場合残留。
 
⑮鳥栖…○残留 △残留 ●名古屋×湘南戦で勝敗がついた場合のみ残留。ただし、条件として
a)湘南が勝った場合…鹿島戦の得失点差が名古屋×湘南戦の名古屋の得失点差-1点以内に収まっていること(同じ総得失点だと総得点で順位がひっくり返る)
b)名古屋が勝った場合…鹿島戦の得失点差が名古屋×湘南戦の湘南の得失点差より少ない場合のみ残留。(同じ得失点だと順位関係はそのまま)
 
⑯名古屋…○残留 △磐田が敗戦、または鳥栖が敗戦の場合残留。 ●鳥栖が鹿島戦での得失点差-2点以上で負けた場合のみ残留。
 
こうやって見ると、やはり名古屋が厳しそうに見えます。ただし、鳥栖はアウェーで鹿島と、磐田はこれもアウェーで川崎と、いずれも勝利が難しい最終戦を残している関係上、名古屋×湘南がドローでも、何かが起きそうな気もします。鳥栖も得失点が絡んでくるのでいよいよややこしくなってます。
 
とにもかくにも4チームとも勝てば無条件で残留が決定します。覚悟を決めて行くしかないでしょ。まぁ、ダメでも今年は入れ替え戦がありますから、最後の最後まで望みは捨てずにいるときっと何かいいことが起きますよ。
 
それにしても40でも残留が決まらない今年は異常です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2018

ファンタジーサッカー2018 第33節

クラシコは本当なら回避したいところです。小林悠は多分欠場でしょうが、憲剛あたりはプレッシャーがなくなって自由にやってくるから余計に始末が悪い。残留にかかわってくるゲームも難しいですね、アドレナリンの放出具合が全く読めない。一応利害の少ない脚に軸足を置いて、あとは決めてくれそうなのをエントリーしました。今節はあと札幌もよさげです。鳥栖はイチかバチかかな。権ちゃんは穴かも。
 
【mini】(第33節)
GK東口(G大阪)
DF藤春(G大阪)
DF三浦弦(G大阪)
DFファビオ(G大阪)
DF室屋(東京)
MF橋本拳(東京)
MF今野(G大阪)
MFセルジ-ニョ(鹿島)
FWジョー(名古屋)
FWファン ウィジョ(G大阪)C
FW北川(清水)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2018

2018年昇降格確認(11/15現在)

J1は2節を残して早々と優勝が決まってしまったが、いやいやリーグはこれからが佳境。カテゴリー間の昇格降格をめぐる戦いはいよいよクライマックスを迎える。特に今年はライセンスなしチームが絡んできていて、最後の最後までハラハラする展開になっている。サポーターも気が気ではないだろう。自分のチーム以外も応援するケースなんてそうはないと思うぞ。
 
【J1→J2】
長崎の17位以下は確定。柏もボトム2はほぼ確実。16位候補は3チーム。名古屋、湘南、鳥栖が37で横一線。ただし今年はJ2からの昇格チームに不確定要素があるため、下位2チーム自動降格・16位入れ替え戦、もしくは、18位自動降格・17位入れ替え戦の2パターンが可能性としてある。
 
【J2→J1】
現在首位の松本も負けた場合POに回る可能性があり、最終節まで順位は確定していない。問題はJ1ライセンスを持っていない町田の動向で、町田が2位以内に入った場合、自動昇格は1位もしくは2位の1チームのみ。3位以下からの繰り上げはなく、3位から6位までのPOののち、勝者がJ1の17位と入れ替え戦を戦う。町田が3位以下の場合は、1位、2位が自動昇格(J1の17位、18位が自動降格)、4位から6位の町田を除く3チームでPOし、勝者がJ1の16位と入れ替え戦を戦う。
 
【J2→J3】
熊本と讃岐の2チームは確定しているが順位は未確定。こちらもJ3の動向に左右される。J2ライセンスを持たない沼津が2位以内に入った場合は最下位の1チームのみ降格。沼津が3位以下であれば2チームが降格となる。J3のほうが消化が遅いため、J2リーグ戦の全日程が終了しても21位チームは降格かどうかはわからない。
 
【J3→J2】
琉球が沖縄初のJ2チームに決定。残り1チームをかけて鹿児島と草津が争っているのだが、そこに無ライセンスの沼津が割って入る形になっており、残り3節予断を許さない。
 
【JFL→J3】
八戸がJFL年間4位以内を確定させてJ3参入を決めた。青森県初のJチームの誕生である。あと1チーム参入枠があるが、対象となっている今治は現在5位。資格条件である4位以内は最終節まで持ち越しとなった。4位のソニー仙台の結果次第ではあるが、まだ一縷の望みは残されている。
 
【JFL→地域リーグ】
八戸がJ3へ行くので15位の流経大は残留。16位女川は自動降格決定。ただし今治も上がれば女川も残留が決定する。
 
【地域リーグ→JFL】
CL1次リーグは刈谷、鈴鹿、松江が各グループをトップで通過。決勝ラウンドは11/21~25で行われる。上位2チームがJFL昇格となる。
 
まだまだ熱いぜ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2018

ファンタジーサッカー2018 第32節レビュー

完封でしたが後ろはそれほど良くなかった。前は言うに及ばず。ひどいもんです。さらに川崎も負けて広島もお付き合いして、それで優勝ってあまりみっともいいものではないですよ。おかげで結果は惨憺たるもの。何とかボーダーから7位、ポイントにして5つ圏内で留まっていますが、次節で同じようなことやってたら確実に降格です。次節が正念場、天王山です(名古屋と湘南は最終節が天王山ですがね)。
 
【mini】(第32節)
GK林彰(東京)…8fp
DFチャン ヒョンス(東京)…6fp
DFエウシーニョ(川崎)…3fp
DF室屋(東京)…9fp
MF橋本拳(東京)…7fp
MF東(東京)…6fp
MF谷口彰(川崎)…3fp
MF中村憲(川崎)…3fp
FWディエゴ オリベイラ(東京)C…1fp
FWファン ウィジョ(G大阪)…10fp
FWパトリック(広島)…1fp
合計58fp 通算397fp
チーム時価 -2150
177位/240(↓7) 全国リーグ
 
長崎が17位以下が確定しました。しかし、町田が2位以上に入れば17位でもPOに回るため、降格確定ではありません。この辺が今年の難しいところ。降格方程式では長崎は100%の確率で、柏も90%の確率で降格が決まっていますので、17位、18位はこの2チームでしょう。町田もちょっと息切れした感じなので、2つとも落ちるかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2018

ファンタジーサッカー2018 第32節

問題はこの大事な局面でわが軍に預けるかということです。調子を崩していた磐田ですが、前節広島を破って残留に目処をつけ勢いに乗るかもしれない。あるいはホッと一息ついて抜けているかもしれない。わが軍といえば、専守防衛、攻めに迫力もなく、ホームでの勝利は遥か遠い昔の話です。とは言え、ここは信じるしかないですね。裏切られればまた下からやり直せばいい。そんな腐れ縁なんですよ。あとは、ここで決めたい川崎に1票。
 
【mini】(第32節)
GK林彰(東京)
DFチャン ヒョンス(東京)
DFエウシーニョ(川崎)
DF室屋(東京)
MF橋本拳(東京)
MF東(東京)
MF谷口彰(川崎)
MF中村憲(川崎)
FWディエゴ オリベイラ(東京)C
FWファン ウィジョ(G大阪)
FWパトリック(広島)
 
U-21の代表が発表になりましたが、カンテラ出身の山口瑠伊(CFエストレマドゥーラ)が選出されていました。これはサプライズです。フィールドプレーヤーでは今回は一人も選ばれていないのでちょっとうれしいです。そして、建英が飛び級で選ばれましたね。翔哉といい、やはり、こういうタレントをうちは育てられないのだなぁ。これを見るととても気分がブルーになります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2018

ファンタジーサッカー2018 第31節レビュー

鹿島戦が対象外だったのを締め切り直前に気付いたおかげで大怪我を避けることができました。そもそも回避していたんですが、変に入れ替えることもあるので何にしてもよかった。順位は残留ボーダー直下まで来ました。残り3つ、目指せ70pt平均!
 
鳥栖vs長崎はいいゲームだったらしいですね。スコアラーは原川だったけど、師匠も頑張ったみたいで黄色紙もご愛敬です。権ちゃんに行けなかったのは迂闊でした。広島は0-2から逆転されるという大失態。やはりJFKは負のスパイラルに入ってしまうと立ち直す術を知りません。このまま川崎がフィニッシュするでしょうね。問題はACL枠で、わが軍は赤いチームに挟まれて、残りを考えると目はなさそうですよ。トホホ。
 
【mini】(第31節)
GK林卓(広島)…1fp
DF佐々木翔(広島)…1fp
DFエウシーニョ(川崎)…8fp
DF福森(札幌)…8fp
DF室屋(東京)…8fp
MF橋本拳(東京)…10fp
MFチャナティップ(札幌)…5fp
MFイニエスタ(神戸)…9fp
MF中村憲(川崎)…10fp
FW小林悠(川崎)C…4fp
FWフェルナンド トーレス(鳥栖)…3fp
合計71fp 通算339fp
チーム時価 +2720
170位/241(↑3)全国リーグ
 
今節で長崎の降格がほぼ決まりました(言ってしまった(;^_^A)。横浜、脚、清水相手に2勝は不可能とは言いませんが難しいでしょう。柏も鹿島に負け、さらに桜、脚と上位でお先真っ暗です。自動降格はこの2チームで決まりそうですね。問題は入れ替え戦に回る16位です。町田次第でどうなるかはわかりませんが、名古屋は未消化試合勝利してとりあえず圏外へ。湘南、鳥栖と三竦みで残り3つを迎えます。湘南はタイトル取って降格だとやるせなさすぎます。名古屋はホーム最終戦の相手が湘南です。鳥栖がコケなければこのゲームまで結論は持ち越されそうですね。どんなドラマが待ち受けていることやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2018

ファンタジーサッカー2018 第31節

鹿島の状態がちょっと不安なので、今節は回避しました。それにしても鹿島のスケジュールは異常ですね。そして、その中でも着実に結果を残している。さすがジーコのDNAです。安西なんかインドネシアから戻ってきてACL出るらしいですから、根性座ってますよ。
 
鳥栖vs長崎は0-0痛み分けが相応でしょうが、師匠が決めて長崎の沈没決定というのが筋ですかね。ボトムズ対戦は普段は回避するのですが、今回はなぜか予感がしたのでエントリーしてみました。あとは当面のライバルの札幌と広島から、バラバラとエントリー。
 
現在残留ボーダーまでたった5fp差なので、これでこけると、こっちの残留も危うくなりそうです。
 
【mini】(第31節)
GK林卓(広島)
DF佐々木翔(広島)
DFエウシーニョ(川崎)
DF福森(札幌)
DF室屋(東京)
MF橋本拳(東京)
MFチャナティップ(札幌)
MFイニエスタ(神戸)
MF中村憲(川崎)
FW小林悠(川崎)C
FWフェルナンド トーレス(鳥栖)
 
U-19が来年のU-20W杯出場を決めました。大智もターンオーバーでしたがしっかり爪痕を残して、残り2試合どこかでまた出る機会もありそうです。他方わが軍のカンテラは、ユースカップは早々に敗退し、プレミアも降格の危機です。J3参戦が完全にネックになってます。選手のレイヤーとしてこれでいいというならその判断もあるのですが、上にあげても結局トップで通用する人材がほとんど出てきていないという事実があるわけで、育成については見直す必要があるのではないでしょうか。少なくとも安間さんは代えたほうが良い。
 
さて、ボトムズですが、未消化試合が進んで磐田が一息ついた形になりました。ボーダーは38ぐらいになりそうなので、もう1点ほしいところです。負けた湘南もルヴァン優勝の勢いと残りの相手を考えれば、あと1つか2つは積みあがるでしょうから、抜ける確率は高そうです。となると、名古屋、鳥栖、柏、長崎から3チームでしょうか。それとも1+POの2チームでしょうか。町田がちょっと怪しくなってきているので、2チームは覚悟しておいたほうがよさそうかな?
 
J2の上も混戦。キーはもちろん町田です。こちらも讃岐と1試合未消化を残しているので、讃岐相手なら3とれるでしょう。そうすると現状で2位に割り込んでくることになる。大分は当確打てそうです。ソリリンは我慢のしどころ。降格は讃岐、熊本でほぼ決まりです。
 
J3は初めて沖縄のチームがJ2に見参となる模様です。各チーム、アウェー戦は大変そうだけれど、年に1回沖縄旅行の口実ができていいなぁ。でも、日曜開催が多いから普通の勤め人はきついかもしれません。もう1席は鹿児島、群馬、沼津の三竦み。群馬がJ2復帰を目指して猛追しています。こちらも予断を許しません。
 
今季はどのカテゴリーとも最終節まで目が離せませんねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2018

ファンタジーサッカー2018 第30節レビュー

広島は予感が的中しました。そして、やはり伊藤と北川はチェンジでしたね。ただ、川崎の後ろとわが軍がメタメタの割にはポイントはそこまで酷くなりませんでした。順位も2つアップ。それにしても、わが軍の誰を入れたらポイントがあがるのやら。脚がV字回復しているので、ホームだっただけに乗っておいてもよかったですね。なんにしても0ゲームの予想が難しすぎます。
 
【mini】(第30節)
GKチョン ソンリョン(川崎)…3fp
DFエウシーニョ(川崎)…7fp
DF福森(札幌)…4fp
DF太田宏(東京)…4fp
DF室屋(東京)…5fp
MF橋本拳(東京)…4fp
MF東(東京)…1fp
MF中村憲(川崎)…5fp
FW小林悠(川崎)C…10fp
FW伊東純(柏)…3fp
FWディエゴ オリヴェイラ(東京)…3fp
合計59fp 通算268fp
チーム時価 -30
173位/241(↑2) 全国リーグ
 
ボトムズですが、長崎と磐田が引き分けたために、いよいよわからなくなってきました。長崎は次節当面のライバル鳥栖ですが、自力に関係するのはこのゲームのみ。16位とも1勝では追い付かない状況では厳しいと言わざるを得ません。その上の柏と鳥栖も上位との対戦が多く残っており、これまたそれぞれ厳しい状況です。15位から上の3チームは未消化試合を残しており、同一節で勝ち点差を広げるチャンスがまだ残されているので、より一層残留が難しくなっています。候補はこの3チームで決まりそうな気配ですね。ただ、問題はJ2の町田。どこでフィニッシュするかで3チーム降格か、1チーム降格+PO(16位は残留)かが分かれます。例年になく不確定要素が多すぎて予想つきません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧