FC東京

September 17, 2017

同工異曲

FC東京1-0仙台
 
とにかく勝っただけという試合。安間さんに代わって変わったところといえば、マイボールはGKから繋いで運んでいこうとするところぐらい。仙台のプレスが高い位置からくるときはロングボールになることもあり、まだまだサポートの動きが不足しているのを如実に表している。あと、観ていて多少はトランザクションの意識が高まったかなと思った。だが、瞬時に急所を突くような動きや判断は全く見られず、キープするか戻すかに終始した。何本かそのままシュートまでいけていれば期待もできるが、まだまだ先は長そうだ。まぁ、東であれば高い位置でパスは出せるので、トップに入った永井や大久保との相性はいいのではないだろうか。東がフィニッシュに回らなければ効果的だと思う。
 
基本システムは3-4-3でFWが東-永井-大久保の並びでスタートしたが、ゲーム中はかなり流動的で、東がやや下がってボランチとのリンカーをやったりして、高萩が最終ラインに入る時などは変形の4-4-2にもなっていた。このシステムの割には中央にこだわり過ぎで、サイドからの崩しがほとんどない。特に両翼に配置された2人が最前線に出て行って仕事をするシーンは片手も満たないぐらいだ。コースケはスタミナに問題がありそう。柳は論外。点が入りそうな気は全くしない。ゆえにゲームが動くとすればセットプレーと相場は決まっていて、実際その通りになる。CKは何本かもらっていたが、ゾーンで守る仙台に対してニアに入っていく動きが全くなかったのだが、ついにヒョンスがニアですらしてゴールを決める。ヒョンスおめでとう。良く帰ってきてくれたよ。
 
最後の最後、ヨネを入れて高萩を2列目に上げた采配もよくわからないかったが、ウタカも持ちすぎて足がもつれたりで精彩を欠いた。ベンチワークも含めてちょっと底が浅い感じだ。もっと実験的なことをやったほうがいいと思うのだが。どうせ降格はないし、来季安間さんがそのまま指揮することはまずないだろうし、せっかくだからちょっと安間スペシャルを観たい気もする。とにかく、スタジアムに足を運ぶためのモチベーションがほしいのだ。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2017

交代すべきはフロント

土曜日はコンディションが良さそうな空の散歩を優先して、久々に自由意思に基づいて現場観戦しませんでした。なんとなく結果は予期されていたので、まぁやっぱりねという感想しかありません。今回はDAZNのダイジェストすら見ていません。ホームゲームでこんなことは今まで本当になかった。それぐらい、今年の状況は酷いと思っているのです。もしかしたら昨年のJFKよりもマインド的に落ちてるかも。次節の仙台戦も空飛びを優先して2戦連続で行かないつもりでいます。ほとんど観戦拒否ですね。行ったって嫌な思いして帰ってくるだけなんですから、行く必要がない。金がもったいないとか、そんな問題じゃない。
 
篠田さんが降りて(「解任」としていないところもフロントに対する不信の素ですね)、安間さんが繋ぎで入りますが、彼のことだから3バックは継続するでしょうが、大枚はたいて雇い入れたFWをどう活かすかの工夫が見られなければ篠田さんと同じだと思います。それに、今年の残留ボーダーラインは30前後に落ち着くはずですから、降格の心配もそうしなくてもよい。この先9試合、まったくモチベーションがないわけです。建英も夏休み出るかも詐欺で出てこなかったし、ピッチに見るべきものはもはや何もない。大久保が怒ってイライラしている姿を見ても嫌な気分になるだけです(彼もこのチームのヘタレ加減に呆れて、怒る気力もなくなっているかも)。
 
メディアでも指摘されているように、このチームは一体どこに向かおうとしているのかさっぱりわからなくなってしまった。そこが最大の問題です。優勝を目標とするのは誰でも言えることで、そのためにどうしていくかの戦略・戦術がまったく欠落しているのが今の東京です。この場当たりマネジメントは全く持ってプロの仕事ではない。監督を誰にする以前に、一体何をやりたいのかをはっきりさせない限り、これまでの繰り返しになるでしょう。たまたま次の監督がいい成績を残したら良かったとするんですかね。その監督が給料値上げを要求したら首にして、また替えるんですかね。そういう話じゃないでしょう。どこにチームのクラブの心棒を打ち立てるのか、いま問われていることとは、そういうことなんじゃないですかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2017

分崩離析

FC東京1-5川崎(ルヴァン杯準々決勝第2レグ)
 
結果を見れば無残なスコアだが、出ていかざるを得ない状況ではこうなるのも致し方なしだ。内容的にも双方の力の差を良く表していた。とにかくポイントは先制点だった。先に奪われてしまった段階で、ほぼ勝ち抜けは絶望的となった。そして、中途半端に前がかりになり、攻めきれず奪われてカウンターから立て続けの失点。笑うしかない。後半一体どんなスタンスで見ればいいだろうかと考えたのだが、HTの篠田さんの指示がまた官僚的で笑ってしまった。この期に及んで、失点を防ぐために全力で当たれだと。勝つ気がないのだろうか。
 
ふと、ETUの達海猛だったらどんな指示を出しただろうかと考えた。もう準決勝に進出するのはほぼほぼ不可能な状況で、彼なら何を選手たちに伝えるだろう。多分、もう失うものは何もないのだから、思い切っていくしかない。相手より点を多く取らなきゃどうしようもないんだから、取られたらその倍、3倍取り返していくしかない。そして何より、見にきてくれたお客さんたちに、たとえ負けたとしても戦う姿を見せなければ失礼だろうと。おそらくそんなことを言ってくれるだろう。翻って我が軍の指揮官は、HTに「6点取らないといけなかったので、失点をしないこと、その作業に全力を注いでくれと言った」。それでも失点したわけで、選手たちに言えばそうなるのなら何の苦労もない。この指揮官には具体的な戦略と戦術が欠如しているのだ。先制するために何をすべきかが熟考されておらず、結果先制点を奪われ後手に回る。そういった事前のシミュレーションすらしていなかったのではなかろうか。
 
実際、見ていると選手はみな迷っているように見える。チームとしてのディシプリンが存在しないかの様だ。大久保は、前半はラインの裏を狙って動いていたがボールは全く出てこない。後半は下がってゲームを作ろうとするが、出しどころがなく一人キープしてはピッチを彷徨った。コメントで、みんな受けるのを怖がっているように見えると言っている。サポートの角度は悪いし、ボールを出した後の動き出しは鈍いし、どうポジショニングすればゴールに繋がっていくか全くイメージできていない。行き当たりばったりの成り行きサッカーだ。
 
大久保は風間さんのもとでいろいろとサッカーの基本的な技術や個人戦術を学んできた。そのクオリティからすると、今の東京の選手たちは下手に見えるだろう。実際みんな下手だから(ボール扱いは上手いかもしれないが、いわゆるサッカー脳のリテラシーが低いし、個人戦術レベルのスキルも相当に低い)。さらに、チームとしての当たり前のような決まり事も見当たらない。そういうディシプリンを浸透させることがチームとして機能させるのに必要なことだと思うのだが、篠田さんはそういうチーム作りをしていないのだろうか。
 
このゲームを見てフロントは高萩やヒョンスや室屋がいなかったから仕方ないと思うだろうか。ナオが今年でチームを去るからこそ、来年に向けてチームをどうすべきかを真摯に考え始めてほしいのだ。もう9月に入ったから、そう時間があるわけでもない。監督を代える以前に、チームとしてのコンセプトをもう一度見直す必要もあるんじゃないかと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2017

伏寇在側

横浜FM1-0FC東京
 
室屋の負傷で右サイドには柳が入った。サボり癖のある彼にしては慎重にやっていたし、終盤は結構攻め上がってクロスを供給したりもした。左サイドは小川が先発し、図らずも若い二人が両翼を担ったが、いかんせん荷が重すぎたか。それぞれの対面であるマルティノスと齋藤学相手にかなり手こずっていた。若者の特権で、怖いもの知らずでガンガン行った結果、彼らのクロスから点が生まれて勝利をもぎ取ったというのであればかっこいいが、実際変に老成していて守り重視でそつなくこなしていたのがなんかつまらなかった。柳なんか、やらかしたって誰も何にも言わないのに。
 
横浜は東京のサイド対策で攻めに入ると4バックの両翼を押し上げ(CBが開き扇原が最終ラインに入る3バック)、サイドチェンジも効果的に使って東京のWHを自由にさせない。横浜がポゼッションで上回り、東京はボールの獲り所がなく、防戦一方だった。ボールを持っても寄せが厳しくロングボールを蹴りだして奪われるの繰り返し。前田さんへのチェックも厳しく、ほとんど攻め手がなかったと言っていい。こういう時は、セットプレーがポイントになるのだけれど、それもあまり工夫が見られず、中澤とデゲネクに跳ね返されるだけだった。横浜の決勝点は、ショートカウンターからファーに走りこんだウーゴにつき切れなかったために生まれた。それまでよく守っていたが、ほんの一瞬のスキを突かれてしまった。0-0で終わっていればちょっとは慰めにもなるが、負けてしまっては何も残らない。
 
翔哉はこのゲームを最後にポルトガルに渡るとのこと。放ったシュートがバーの下を叩きラインの手前に戻ってくるところなんか、いかにも‘持ってない’なと思わせる。前にも書いたが、翔哉は劇薬なのだ。効くときは華々しく、効かないと無残な結果が待っている。かの地でどんな役割を担わされるか分からないが、どんなタスクを背負うにしても、‘幸運’を引き寄せなければ先はなさそうだ。とにかく、そのまま欧州にとどまれるように頑張って来てほしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2017

翔哉の出奔

ヴェルディを出たのが、本人的な事情(出場機会)以上にクラブの都合の方が大きかったような感じからして、所属クラブに対するロイヤリティがもともと希薄化していたんだろうことは容易に想像できる。2014年に引き取った東京としても、最初は富山に奉公に出して、今後どうしていこうかいろいろ考えたと思う。そうしてリオ五輪を経て何とかトップの主軸として機能し始めた矢先の移籍話だけに、後ろ脚で砂とまでは言わないものの、釈然としないものがある。
 
本人の海外志向が強いというのは言い様だが、今回の移籍からは本人の‘逃げ’を感じてしまう。先に鳥栖に移籍した河野は、純粋に出場機会を求めてだろう。コータや阿部タクも同様。しかし、翔哉の場合は、出場しながらも明らかにプレーの伸び悩み、行き詰りを感じるのだ。では、欧州に舞台を移してそれが解消されるだろうか。正直そうは思わない。むしろさらに迷路に入りこみそうな気がする。ポルトガルは体格的にもプレースタイルとしても一番身の丈に合っているとは思う。しかし腐っても欧州リーグだ。そんな簡単な話ではない。A代表入りを狙っての欧州行ならば、それこそ大きな勘違いだろう。
 
Loanというのが今回の移籍の性格をすべて表しているように思うが、うちから出ていく以上は成功してほしい。ソータンや陽平のような中途半端なことにならないように祈っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2017

穿壁引光

FC東京1-0神戸
 
ホームでは4/30広島戦以来の勝利。前田さんのJ401試合目を勝利で飾って花を添える。それにしても、なんでこうもホームで勝てないのだろうか。当然、ホームで勝てないチームは優勝できないしファンも増えない。ポルディ景気で3万入ったが、ゲームを観て面白いと思ってもらえた人がどれくらいいたことか。
 
神戸は秀人がリベロに入る3バックで、どうもネルシーニョはミラーシステムを採用したような感じだった。システムが奏功してか、前半は完全にアウェーチームがゲームをコントロールしていた。カウンター気味に初めてのチャンスが27分。東が裏にうまく抜け出しGKと1対1になったが、シュートはGKにセーブされてしまう。以降は久々スタメンの大久保拓生(林は故障の模様)が妙に張り切っていたシーンしか残らなかった。後半に入って、早めの時間で東を引っ込めヨネを入れてからゲームは回るようになった。神戸の電池切れと相まって、東京の攻める時間が長くなり、最終的にこのシステムの肝であるWH室谷が嘉人のスルーに反応して最深部に侵入し、マイナスクロスをフリーのウタカに供給すると、あとは流し込むだけだった。久しぶりにコンビネーションで崩した点だったような気もする。もっとこういったシーンが早い時間帯から見られればいいのだが、とりあえず狙いとするところは当たっているので良しとしよう。完封勝利も6月の清水戦以来だし、修正にどんだけ時間をかければよいのやら。
 
そもそも、東をIHに起用する意味が分からない。運動量と守備力を前提とするポジションならば、東は難しいだろう。実際、攻守においてポジショニングが悪い。嘉人が下がってボールを受ける時など、東のことは眼中に入ってない感じで存在を無視していた。シュートも吹かすし全く仕事になっていなかった。交代選手のチョイスは悪くはなかっただけに、東の先発は余計に謎だった。何等か期待して送り出しているのだろうけれど、このゲームに関しては篠田さんの見立て違いだった。
 
神戸に勝って、3バックシステムはまぁ使えるところまで来たように思う。次はJにおける3バックの代名詞、アウェーでずっと勝てていない浦和が相手だ。これで勝てるようなら、3バックへの切り替えは完成といってもいいだろう。監督が代わって迷走している相手だから、相手が変なお得意様意識でいるなら、付け入るスキはいろいろあると思う。連勝して後半戦の勢いをつけてほしいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2017

ナオの想い出

2013年の夏、協力店の訪問キャンペーンで当時住んでいたマンションの目の前のクリーニング店をナオが野澤を伴って来訪した。事前にクリーニング屋のお母さんからその話を聞いていて、色紙を用意して手ぐすね引いて待ち受けていた。普段なかなか小平にも行けないし、もともとサインなんかも積極的にもらう質ではないのだけれど、ナオとなれば話は別だった。その時もナオはリハビリの最中で、脚のことを聞いたらもうちょっとかかると話してくれたことを覚えている。
 
プレーヤーとして真面目で、いつも全力プレーを旨として、ゴールを量産できるような選手にまで成長した。移籍当初は横浜からチャラいアンちゃんが来たなぐらいの話だったが、いい意味で首都東京らしいスマートで爽やかなプレーヤーになっていったわけで、東京においても歴代これだけ華のある選手も見当たらない。そう、ナオには華があるのだ。プレーのディテールではなく、疾走躍動するその動きが華麗なのだ(永井なぞ足元にも及ばない。翔哉には華がない)。そして、彼はいつも何かを期待させてくれる(実際2010年のニッパツでのATで飛び出した決勝弾は、今思い出すたび鳥肌が立つ)。最近ファンになった人たちは手の付けられなくなったナオのプレーを見ていないだろうから、なぜ彼の引退にこれほどの想いが寄せられるのか分からないかもしれないが、とにかく彼は間違いなくアマラオが去った後の東京のアイドルだったのだ。
 
彼のスピードと切れのあるプレーは最大の武器であり魅力だが、それは常にケガの恐怖がつきまとう諸刃の剣だった。2005年の日産、油の最も乗っていた2009年の柏戦、調子が良くなると必ず起こってしまうアクシデント。好事魔多し。いずれもその場に居合わせていて、本当にスタジアムが凍り付くとはこういうことなんだと実感したものだ。特に2009年は得点王も狙えるほどの充実ぶりで、とにかく打てば入る確変状態だったから、そのショックはなおさらだった。タラレバになってしまうが、本当に怪我さえなければ、もっとゴールを量産できただろうし、チームの苦境を救ってくれただろうし、優勝の可能性もあったかもしれないと思うと、本当に彼のキャリアがこんなことで終わってしまうのが残念でならないのだ。しかし、彼が決断したことだ。それは彼にしかわからないこと。だから、今季最後まで見続けよう。そして最後は、ありがとうと大きな声で叫ぼうと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 31, 2017

秋風索莫

FC東京1-1新潟
 
夏本番というのに、ピッチの上にはもう秋風が吹いていたよ。3バックも期待半ば。悪くはないが良くもない。むしろカウンターの危険性が増して、上位とやった時にどうなるか空恐ろしくなる。
 
バックラインの並びがルヴァンの広島戦と同じだったのはちょっと意外だったが、どうやらヒョンスは間に合わなかったようで、吉本より徳、山田というチョイスがうちのディフェンスの台所事情を如実に語っている。徳は下手にゲームビルドに参加するよりは、ストッパー役に徹した方がいいかもしれないと思った。山田と丸はそつなく守れていた。あとはロングフィードだ。両翼は前半は右、後半は左で活性化し、両サイドからチャンスを量産したが、GK守田のセーブに阻まれて得点できない。ちなみにこのシステムだと両WHはファーサイドの詰めも重要な仕事になっている。
 
新潟がセットプレーで先制したので、引きこもる新潟をどうやって打ち破るかがゲームの焦点になったわけだけれど、いいところまで行って崩し切れないもどかしさがスタジアムに充満した。翔哉のポストも、後半の室屋のバーもちょっとしたズレではあるけれど、そこをしっかり見極めて冷静に流し込めるかどうかが技術的に重要なことであって、偶発的なプレーに依存していてはいくらチャンスを作りだしても得点は入らない。ウタカのゴールも、実際DFに当たって微妙にコースが変わっているラッキーがあった。
 
しかし、それ以上にこのゲームでは翔哉の視野狭窄加減が目立ち過ぎた。象徴的なのはウタカのパスを受けてGKと1対1になったシーン。DFを切り返しでかわしたまでは良かったが、その間にGKに間を詰められ、放ったシュートはGKにひっかけてしまう。自分で行くならさらに前へボールを出してGKをかわすぐらいしないと確実性はないし、当然後ろからフォローしてくる選手にラストパスを出せればゴールの確率はさらに上がっただろう。エゴの部分は出せばいい。しかし、それがチームの利益にならなければ、それは単なるエゴでしかない。たまさか、このゲームにおいては新潟の選手のプレスがそれほどきつくなくボールへの寄せもあまりしてこなかった。基本ゾーンで守っていたようだ。だから、意外とバイタルにボールが入っていたし、そこから先もサイドとIHのサポートがあって上手く繋げていた。それでも、ゴールを割るのは個人のプレーでしかないというところに課題を感じざるを得ない。脊髄反射的なコンビプレーをパターン化して覚えこませないと、これ以上即興的なプレーに期待しても点は生まれないような気がする。これは、なまじ名もありそこそこ技術もある選手たちが集まってしまったために起こった問題なのかもしれない。
 
某著名な代理人がツイッターで篠田さんをディスる発言をしたらしい。業界の人も篠田さんには限界を感じているようだ。当然オイラは当の昔に見限っており、この勝ち点差では優勝、3位以内は程遠い目標ということも認識しており、とりあえず今季はこのまま流してまた来年ということになるのは覚悟している。最下位相手にホームで先制され同点に追いつくのが精いっぱいのチームに、これ以上何が期待できるだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2017

消化不良

FC東京1-0広島(ルヴァン杯PO第2レグ)
 
噂の3バックシステムのお披露目。若干メンバーは落としてはいるが、大体のイメージはわかる。DFラインは右から徳、丸、山田。アンカーに高萩。IHにインスと拳人。WH(WB)に室屋と小川。FWは翔哉と前田。並びでいえば3-1-4-2になるが、DFラインは特に流動的で、攻撃中はボールサイドのDFがずれて4バック的(2バック)になったり、高萩が最終ラインまで下がってコントロールしたり、守備時は5バックになったりもしていた。肝はやはり両サイドの位置を高くすることにある。唯一の得点も、室屋が高いところに残っていたから生まれたものと言っていい。特に室屋は中に入っていくなどMF的な動きが多かった(対する小川はあまり理解していない感じ)。このシステムはサイドに張ることでフリーになりやすいとはいえ、相手が広島だったこともありワイドオープンな攻撃に対する対処の仕方は勝手知ったる人の家であり、東京の方もサイドチェンジのパスの精度、スピードがいまいちだったり、あからさまに行きますよという素振りなので簡単にサイドで詰められてしまう。また、DFからのボールを受けるのがアンカーの高萩一人の場合が多く、勢い前線へのロングボールやコースを切られた結果サイドにつけるしかないようなケースが増えて、マイボール保持の確率が低い印象がある。MFの人数が増えたから高い位置でのプレスが嵌るかと言えば、そこまでの効果はこのゲームでは見られなかった。むしろカウンターへの対処はより危険度が増したように思うし、アンカーの横のスペースや、3バックの外のスペースをうまく使われると(特に攻守が切り替わった直後)、かなり守備が追いつかなくなるのではないかと思う。ポゼッション志向のチームと対戦した時にどうなるかが見ものであるとともに心配でもある。ヨネをアンカーに、高萩をIHにした方がより良くなりそうな気はする。しかし、システムの習熟度が低く、選手も1.7ぐらいなので、真価のほどは不明だ。3バックシステムに対する評価は保留したい。
 
ゲーム自体は見どころが少なかった。翔哉が攻撃の中核を担って獅子奮迅してはいたが、どうにも空回り気味で相変わらず周りが見えていない。前線に人数をかけるのはいいが、もっと連動していかないと簡単には崩せない。得点は相手のミスからだ。ミスを誘発するということもあるが、やはりこちらからの仕掛けで崩し切りたい。ただ、そのポテンシャルはなんとなく感じたゲームだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2017

モチベーションのない後半戦

大久保とモリゲが戦線離脱し、バーンズ、拓馬がチームを後にした。バーンズの出奔は予定されていたとはいえ、異動先が広島とは驚いた。さらに拓馬の移籍は寝耳に水で、しかもKリーグ。どんなネットワークで引っ張られたのだろうか。まぁ、2人とも新天地で頑張ってほしいと思う。
 
入れ替わりで広州富力からヒョンスが復帰。リッピがルーカス押しで加入。ジャキットはアジア枠でバンコックからローン、ルイス・フェリペも選手登録されるとの噂。これで一応外国籍選手枠は埋まるのだけれど、リッピ以降は育成枠で即戦力としては難しいだろう。戦力的には上積みはない。クラブも今季の目標を下方修正したようだし、ルヴァンは残ってはいるが、ノックアウトラウンドに入ったとたんにやられそうだし(7/26は結局チケット買ってしまったので、勝ってもらわないと困る)、後半戦何を見て楽しんだらいいのだか。建英のJ1デビューは夏休み期間中には実現するだろうが、それは一般向けの話題作りで、我々にとっては建英には悪いが諦めの象徴でしかない。
 
クラブが本気でまだ優勝を考えているなら、テコ入れすべきは監督なのだ。鹿島のように。曲がりなりにも各年代の日本代表をズラリ並べてこの成績なのだから、育ってないのか使い方が下手なのかどちらかだろうし、それはとりもなおさず監督の責任が大きい。前半戦を観ていて、鳥栖戦のような斜め上を行くゲームは別にして、同じことをやってたまたま点が入って勝った、たまたま入らなかったので負けたという印象が強く、勝つことへの執着がすごく希薄に感じた。がむしゃらに走ってそれでだめでしたはプロではない。どうやって勝つか≒どうやって点を取るかをちゃんとプロとして考え、それをピッチの上で表現してほしいのだ。その意図を後半戦では感じたいし、そこがあれば順位とかは別に今季は(残留前提ではあるけれど)もう気にしない。篠田さんもJFKから引き継いだころは、もうちょっと意思みたいなものを感じたのだけれどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧