FC東京

January 18, 2019

関係者その後

常澤がJFLの岡崎に、巧は相模原に決定。ビックリは伊野波。梶山から訴えられたのが遠因なのか、コンプライアンス的にはやはりまずいと思う。それで首か?松下は予想通り引退となりました。お疲れ様でした。で、モニが残りました。ここまで引っ張るからには、それなりの話が進んでいると信じたいですね。
 
《OB》
GK 常澤 聡(群馬)→FCマルヤス岡崎 New!
   圍健太郎(福岡loan)→C大阪(復帰)◎
DF 茂庭 照幸(C大阪)→未定
   阿部 巧(群馬)→相模原 New!
   駒野 友一(福岡)→FC今治◎
MF 栗澤 遼一(柏)→引退(柏コーチ)◎
   松下 年宏(鹿児島)→引退 New!
   上里 一将(熊本)→FC琉球◎
   大竹 洋平(岡山)→V長崎◎
   谷澤 達也(相模原)→藤枝◎
   河野 広貴(鳥栖)→東京V(loan)◎
   伊野波 雅彦(神戸)契約満了 New!
FW 李 忠成(浦和)→横浜FM◎
   大黒 将志(栃木SC)→完全移籍◎
   ピーター・ウタカ(徳島)→甲府◎
   林 容平(大分)→秋田◎
 
アカデミー出身者ではウーヴァ三羽烏の一人・村田翔が浦安に決まりました。残るは井澤惇一人(山村はウーヴァ残留です)。本当はすでに栃木シティFCなのですが、どうしてもウーヴァの方が通りがいいなぁ。元とかつけるのめんどいし。中野遼太郎は今度はタイです。あと、小澤竜己ですが、2018年はフィリピンでプレーしていたそうです。ただ、後半に怪我して現在リハビリ中らしいです。本人はまだまだやる気みたいなので、朗報を待ちたいと思います。
 
《アカデミー》( )はU18/U15在籍年。
松藤 正伸(沼津)→引退(8-10)◎
廣木 雄磨(山口)→岡山◎
吉田 一彦(ヴェストファリアヘルン・ドイツ5部)→引退(10-12)○
服部 一輝(富山)→讃岐(U15/07-09)◎
川上 翔平(福島)→未定
畑尾 大翔(大宮)→完全移籍◎
白崎 凌平(清水)→鹿島◎
藤原広太朗(徳島)→栃木SC◎
小山 北斗(奈良クラブ)→MIOびわこ滋賀◎(U15/09-11)
杉山 弾斗(千葉)→富山(loan)(U15/12-14)◎
宮坂 政樹(大分)→松本(復帰)◎
村田 翔(栃木ウーヴァ)→ブリオベッカ浦安 New!
中野遼太郎(FKイェルガヴァ)→ホンダFC(タイ) New!
小澤 竜己(JPVマリキナFC)→未定

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2019

2019年新体制

最後に来てバタバタ隠し玉が出てきました。田川とナ・サンホという生きのいいFW2枚、さらにはジャキットと入れ替わりタイU23の代表FWナッタウット、ブラジル期待の若手アルトゥール・シルバ、そして建英の原隊復帰。一気に若返った感があります。しかし、彼らをトップの戦力として使えなければ元の木阿弥。脚のような育成しながら勝つサッカーができるかどうかにかかっています。
 
一方、出るほうでは米が名古屋になりました。本人が希望したかどうかはよくわかりませんが、彼も怪我でキャリアが微妙に狂った一人です。この移籍を機に捲土重来を期してほしい。
 
背番号は、新加入、児玉が1、宮崎19、中村22、ナッタウット31、サンホ17、アルトゥールシルバ45となっています。原隊復帰組は以前のナンバーそのまま。ヒョンスが20に、波多野が13に変更、10番は東が背負うことになりました。ちょっと重いな。米の7と4は空席です。
 
◎公式○大本営△噂(1/15現在)
【IN】
GK 児玉 剛(山形)◎
DF 中村 拓海(東福岡)◎
   渡辺 剛(中央大)◎
MF 宮崎 幾笑(新潟)◎
   アルトゥール・シルバ(CAヴォトゥポランゲンセ)(loan)◎
   ユ・インス(福岡)(復帰)◎
   久保 建英(横浜FM)(復帰)◎
FW ナッタウット・スクム(バンコックユナイテッドFC)(loan)◎
   田川 亨介(鳥栖)◎
   ナ・サンホ(光州FC)◎
【OUT】
GK 大久保 択生→鳥栖◎
   廣末 陸→山口(loan)◎
DF 山田 将之→町田(loan)◎
MF ジャキット→未定
  平岡 翼→栃木SC◎
  リッピヴェローゾ→未定
  梶山 陽平→引退◎
  田邊 草民→福岡◎
  米本 拓司→名古屋◎
FW 前田 遼一→岐阜◎
   富樫 敬真→町田◎
   リンス→甲府?◎
 
ついでに、OB情報ですが、てっきりポルトガルと思っていた権ちゃんが鳥栖と契約更改しました。謎ですな。サイゲームス撤退となんか関係があるのでしょうか?ちょっとビックリは同じ鳥栖の河野がローンで古巣緑に復帰。いろいろあるんでしょうねぇ。
《OB》
GK 常澤 聡(群馬)→FCマルヤス岡崎◎
   圍健太郎(福岡loan)→C大阪(復帰)◎
DF 茂庭 照幸(C大阪)→未定
   阿部 巧(群馬)→未定
   駒野 友一(福岡)→FC今治◎
MF 栗澤 遼一(柏)→引退(柏コーチ)◎
   松下 年宏(鹿児島)→未定
   上里 一将(熊本)→FC琉球◎
   大竹 洋平(岡山)→V長崎◎
   谷澤 達也(相模原)→藤枝◎
   河野 広貴(鳥栖)→東京V(loan)◎
FW 李 忠成(浦和)→横浜FM◎
   大黒 将志(栃木SC)→完全移籍◎
   ピーター・ウタカ(徳島)→甲府◎
   林 容平(大分)→秋田◎
 
 
《アカデミー》( )はU18/U15在籍年。
松藤 正伸(沼津)→引退(8-10)◎
廣木 雄磨(山口)→岡山◎
吉田 一彦(ヴェストファリアヘルン・ドイツ5部)→引退(10-12)○
服部 一輝(富山)→讃岐(U15/07-09)◎
川上 翔平(福島)→未定
畑尾 大翔(大宮)→完全移籍◎
白崎 凌平(清水)→鹿島◎
藤原広太朗(徳島)→栃木SC◎
小山 北斗(奈良クラブ)→MIOびわこ滋賀◎(U15/09-11)
杉山 弾斗(千葉)→富山(loan)(U15/12-14)◎
宮坂 政樹(大分)→松本(復帰)◎
 
まだ、今季の落ち着き先が決まっていないのが数人います。特に社会人あたりは動き始めてみないとわからないところもあるので、ぼちぼち更新していきます。にしても、モニ大丈夫だろうか。
 
あと、文丈が相模原の監督に決まりました。佐藤さんは京都に行ったし、指導者クラスも要チェックですな。
 
それにしても、まだ年パスの案内が来ていないのですがそろそろですかね。開幕のクラシコは寒いので行きませんが、果たしてホームが何試合、どこになるのか、興味津々。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2019

2019年編成話

体制発表会まであと5日。噂のブラジル人を除けば今年はこんなもんか。アタッカーが薄いなぁ。どうやって点とるつもりなんだろう。
 
◎公式○大本営△噂(1/7現在)
【IN】
DF 中村 拓海(東福岡)◎
   渡辺 剛(中央大)◎
GK 児玉 剛(山形)◎
MF 宮崎幾笑(新潟)◎
【OUT】
GK 大久保択生(鳥栖)◎
DF 山田 将之→町田(loan)◎
MF ジャキット(未定)
  平岡 翼(栃木SC)◎
  リッピヴェローゾ(未定)
  梶山 陽平(引退)◎
  田邊草民(福岡)◎
FW 前田 遼一(岐阜)◎
   富樫 敬真(町田)◎
択生は権ちゃんの穴埋め要員か。インスは原隊復帰。カズは一年延長。前田さんは岐阜に決まった。噂のブラジル人はどうなってるんだろう。若いらしいんだが。建英の話もまだ出てこないし。最後までバタバタありそうだ。
 
 
《OB》
GK 常澤 聡(群馬)→未定
   権田 修一(鳥栖)→ポルティモネンセ(ポルトガル)○
   圍健太郎(福岡loan)→C大阪復帰
DF 茂庭 照幸(C大阪)→未定
   阿部 巧(群馬)→未定
   駒野 友一(福岡)→FC今治◎
MF 栗澤 遼一(柏)→引退(柏コーチ)◎
   松下 年宏(鹿児島)→未定
   上里 一将(熊本)→FC琉球◎
   大竹 洋平(岡山)→V長崎◎
   谷澤 達也(相模原)→藤枝◎
FW 李 忠成(浦和)→横浜FM◎
   大黒 将志(栃木SC)→完全移籍◎
   ピーター・ウタカ(徳島)→甲府◎
   林 容平(大分)→秋田◎
駒野がのび太の今治に移籍。昇格請負人という感じじゃないけどね。容平は秋田へ異動。
 
 
《アカデミー》( )はU18/U15在籍年。
松藤 正伸(沼津)→引退(8-10)◎
廣木 雄磨(山口)→岡山◎
吉田 一彦(ヴェストファリアヘルン・ドイツ5部)→引退(10-12)○
服部 一輝(富山)→未定(U15/07-09)
川上 翔平(福島)→未定
畑尾 大翔(大宮)→完全移籍◎
白崎 凌平(清水)→鹿島◎
藤原広太朗(徳島)→栃木SC◎

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2018

2018-2019 そろそろ来年の話②

陽平は引退していきなり伊野波の醜聞を曝すとはなんともはやの話であるよ。平山も投資話で穴をあけた噂があるし、こんなことやってるようじゃ、サッカーにも身が入らなかったでしょうに。 選手のクオリティとかとは違う次元の話ではあるのだけれど、生活がプレーにも影響してくることは必然で、プロとしての心構えがまったく成ってない。鹿島が本当に羨ましい。いくら選手を入れ替えたってチームの体質が変わらなければいつまでたっても同じこと。
 
◎公式○大本営△噂(12/27現在)
【IN】
DF 中村 拓海(東福岡)◎
  渡辺 剛(中央大)◎
【OUT】
DF 山田 将之→町田(loan)◎
MF ジャキット(未定)
  平岡 翼(栃木SC)◎
  リッピヴェローゾ(未定)
  梶山 陽平(引退)◎
FW 前田 遼一(未定)
   富樫 敬真(町田)◎
ケイマンは本隊復帰ならず。横浜に戻り着く前に町田に埒られてしまいました。その町田には山ディーがloanでご奉公。翼は大黒のいる栃木でした。
 
 
《OB》
GK 常澤 聡(群馬)→未定
   権田 修一(鳥栖)→ポルティモネンセ(ポルトガル)○
DF 茂庭 照幸(C大阪)→未定
   阿部 巧(群馬)→未定
   駒野 友一(福岡)→未定
MF 栗澤 遼一(柏)→引退(柏コーチ)◎
   松下 年宏(鹿児島)→未定
   上里 一将(熊本)→FC琉球◎
   大竹 洋平(岡山)→V長崎◎
   谷澤 達也(相模原)→藤枝◎
FW 李 忠成(浦和)→横浜FM◎
   大黒 将志(栃木SC)→完全移籍◎
   ピーター・ウタカ(徳島)→甲府◎
権ちゃんは2度目の海外挑戦。今度こそだな。
谷澤は静学出身だったのね。チュンソンは浦和にいるよりかはゲームに出られそうだ。
 
 
《アカデミー》( )はU18在籍年。
松藤 正伸(沼津)→引退(8-10)◎
廣木 雄磨(山口)→岡山◎
吉田 一彦(ヴェストファリアヘルン・ドイツ5部)→引退(10-12)○
服部 一輝(富山)→未定(U15/07-09)
川上 翔平(福島)→未定
畑尾 大翔(大宮)→完全移籍◎
白崎 凌平(清水)→鹿島○
畑尾はloanから完全へ。白崎はわらしべ長者。こういうケースが出てくると、なまじトップ昇格するより外で経験を積み重ねたほうがいいのかもしれないと思ってしまう。そういえば、半谷君(学芸大)は今アメリカ留学しているそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2018

2018-2019 そろそろ来年の話①

今年は静かだぁ。小川の札幌流出阻止はフロントGJ。ナイスブロック。神戸や札幌や川崎まで、結構動いているのにわが軍は静観の構え。水面下では動いている案件もあるとは思うが、一向に漏れ出てくる気配もない。実際、総括でも指摘した通り、そこまで補強に走ることもないとは思う。小川を守ったのは最たる例で、現有戦力を伸ばしていくのが最大の課題なのだ。とはいえ、ポイントのFWと攻撃的MFは最低限補強してほしい。
 
◎公式○大本営△噂(12/19現在)
【IN】
DF 中村 拓海(東福岡)◎
  渡辺 剛(中央大)◎
【OUT】
MF ジャキット(未定)
  平岡 翼(J2のどこか・本人談)
  リッピヴェローゾ(未定)
  梶山 陽平(引退)
FW 前田 遼一(未定)
ノザヒデはレンタル1年延長が決定。建英とかカズとかインスとか、奉公組がどうなるかも注目。
 
OBのほうはそこそこ動きがある。
GK 常澤 聡(群馬)→未定
DF 茂庭 照幸(C大阪)→未定
   阿部 巧(群馬)→未定
   駒野 友一(福岡)→未定
MF 栗澤 遼一(柏)→引退(柏コーチ)
   松下 年宏(鹿児島)→未定
   上里 一将(熊本)→未定
   大竹 洋平(岡山)→V長崎
あと、大分の林容平がトライアウトに出ていたので、おそらく契約満了なのではないかと思われる。
モニは次が見つからなかったら引退を口にしている。なんとか次が見つかるとよいのだが。松下は故郷に錦を飾ったので、このまま引退かもしれない。洋平はいいところに行った。東京OBがたむろしているし、テグさんの指導でJ1に復活してほしいものだ。
 
ついでにアカデミー。( )はU18在籍年。
松藤 正伸(沼津)→引退(8-10)
廣木 雄磨(山口)→岡山
吉田 一彦(ヴェストファリアヘルン・ドイツ5部)→引退(10-12)
服部 一輝(富山)→未定(U15/07-09)
川上 翔平(福島)→未定
松藤は26歳、吉田も24歳の若さで引退。2人ともセカンドキャリアで頑張れ。
川上がずいぶん早い放出(プロ入団から1年)なのだが何か問題でも起こしたのだろうか、ちょっと心配になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2018

2018年シーズン総括

先日のG裏コアサポの納会に顔を出したところ、ゲストで来ていた林が今季後半の失速について語っていた。それは、見る側の印象とも合致していたし、数字にも表れていたものだ。決して修正できないことではなかっただけに、チームとして監督としての力量不足を痛感する1年だったと言えよう。簡単に言ってしまうと、運動量を武器に相手を凌駕していたが、夏場に運動量が落ち、その癖が秋になっても抜けないままシーズンが終わってしまったということだ。

Continue reading "2018年シーズン総括"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2018

プレミア降格

 チャンピオンチームが翌年リーグ降格の憂き目に遭うという、あまりに極端なチーム運営に喝!

 明らかにU23が悪影響を及ぼしている。対戦相手のクオリティを求め、個人のスキルアップを目指す意味でユースの選手をU23に起用するのはいいとしても、肝心の土台であるU18がおざなりになってしまうのはいかがなものか。いくらプロを目指すというお題目があったとしても、一方で高校生という最も多感でいろいろな思い出が残る時期に、同年代の仲間と苦楽を共にする経験が中途半端になってしまうのも実に悲しい。建英や怜君のように、明らかに規格を外れている選手は仕方ないかもしれないが、それ以外の選手たちが実力のバランスが合わないところでやっても、本当に成長につながるかは微妙なところではないだろうか。まずもって、フィジカルの問題が大きい。

 結局、翼も最後のコメントに残していたけれど、シーズン当初はチームとしての一体感がなかったという反省があり、メンバーがしっかり固定されない中でふらふらゆらゆらしていた時期が確かにあったのではないか。チームとして機能するにはやはり軸となるメンバーと時間が必要なわけで、その意味でU23はU18のチーム作りにおいてはノイズでしかなかったように思う。即興で戦えるのはA代表レベルになってからである。サブメンバーもろくに揃えられないU23を今後も続けていくべきなのか、クラブはよくよく考えてほしいものだ。おそらくタイミング的には来年も継続という話になっているのだろうけれど、対象となるような20代の選手はどんどん奉公に出して、自分の力でゲームに出られるように鍛えたほうが良いのではないだろうか。ビッグフレームスは継続するつもりではあるが、今回の降格を機に、クラブに対してはU23について再考を促したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2018

別有天地

FC東京0-2川崎
 
チャンピオンチームに対して手も足も出ず。ハイプレスで拳人のミスを誘発し、ボールを受けた知念は鬼木監督のミドルが効くというアドバイスに基づきそのままシュート。奇麗に左隅に決められてしまう。もう一失点は典型的なカウンター。左サイドからのクロスを一度は跳ね返すも、リフレクトを長谷川に押し込まれる。ここまでちゃんと詰めているのが当たり前といえば当たり前なのだが、できるかどうかがやはりチーム力ということなのだ。いつの間にか、川向うとはこんなに「質」の部分でずいぶん差をつけられてしまったのだなと、点を取られることが当たり前のように思えて、ちょっと諦めの境地に入った。まったく困ったものである。
 
対するホームチームはアタッキングサードへの侵入もままならず。拳人のミスもそうだが、周りが全く動いていないのだから、ボールも思うようにはつながらない。それは川崎のプレーを見ていればその違いは一目瞭然だ。特に気になったのがサイド攻撃の少なさ。こーすけなんてほとんどクロス上げてないんじゃないか。セットプレーにも工夫が見られず、こんなレベルなら小川を出したほうがいい。室屋も宝の持ち腐れ。チームに愛想つかされないようにしないと。また、モリゲの劣化も著しい。にもかかわらず、彼を脅かす存在が下から上がってきていないことも問題なわけで、全ポジションに言えることなのだけれど、今シーズン、チームとして全く伸びしろがなかった。それが後半戦の停滞の遠因にもなっていると思う。下からの突き上げがないから、スタメンも代り映えせず、チームがマンネリ化したのではないかと思うのだ(暗にU-23が機能していないということ)。この辺は後日2018年総括で詳しく分析したい。
 
ACL、3位というモチベーションも喪失し、残すは苦手の埼スタばかり。なんのいいこともない。今年ほど早く終わったシーズンはないかもしれない。ゲーム後、健太監督の挨拶では後半の立て直しができなかったことを詫びてはいたが、そもそもなぜというところを我々は知りたいわけで、来年こそはガチの健太流というものを見せてほしいものだ。そして最後に梶山の挨拶。硬かった。言いたいこともド忘れした感じだった。ただ、それが彼の性格をよく表しているようにも思った。どうもクラブに残って育成に携わるようだが、とりあえず15年間お疲れ様。ゆっくり体を休めて、次のキャリアに向けて頑張ってほしい。彼のような魅力的な選手をトップに送り込んでくれぃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2018

カンテラの☆梶山陽平現役引退

梶山陽平は、東京の育成の最初の成功例であり、また東京の10番を最も長い間背負った選手でもある。最近のアジリティを要求するサッカースタイルにはハマらず、また膝を中心とした怪我に悩まされ続けて、デビュー以降初期のころに魅せたパフォーマンスはついに戻ることがなかった。思い返すと、陽平は決して司令塔タイプじゃなかった。当然FWでもない。さりとてボランチかといわれると、米のような刈り取る力に優れているわけじゃなく、スプリントがないのでカウンターへの対応力もない。それでも、歴代監督はもとより、北京のソリリンはずっと彼に10番を与え使い続けていた。やはり、玄人には使ってみたくなる何かを持った選手であったことは確かなのだ。しかし、北京の惨敗を境に彼の成長はぱったり止まってしまった。長友、本田のように、そのまま海外へ、A代表へ、とはいかなかった。梶山マニアからすると不思議で仕方なかったし、国内でくすぶっているのが残念でならなかった。ボールをキープする能力は一級品。そこから繰り出されるパスは難解そのもの。オヒサルの彼の生涯記録を見てもゴールは少ない。しかし、彼のゴールは閃きにあふれるものが多く、本当にセンスの塊だった。記録より記憶に残る選手の典型だろう。彼がデビューしてからこの方、彼をなじる輩は多い。ひっこめとかいらないとか、味方選手にもかかわらずずいぶんと酷いヤジも飛んでいた。一方でおいらの様に、そういったヤジが飛ぶのも理解しながら、それでもなお彼のプレーヤーとしての魅力に取りつかれたサポも多い。本当に不思議な選手だ。良くも悪くも東京らしいプレーヤーだと思う。
 
彼を継ぐのは橋本拳人。ナオの18を引き継ぎつつ、チームの生え抜きとしては代表に一番近い存在である。さらにその下には品田愛斗、平川怜が控える。このポジションは東京カンテラの伝統になりつつある。陽平が東京というクラブの育成の成果を体現し、後に続く者たちを導いてくれた、その功績だけでも十分称賛に値する。タイトル以上に、この20年を象徴した存在だといえよう。これから先、クラブに対してはもっと高みへと送り出せるような人材を育てていってほしいと思う。それは、海外挑戦を道半ばであきらめた陽平の願いでもあるだろうから。
 
この後どうするかのアナウンスはないが、とりあえず15年間お疲れ様でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2018

窮猿投林

FC東京0-0磐田
 
磐田は立ち上がりからフルパワーで攻めてきた。ところが20分ごろから急におとなしくなり、後半は完全にアウェーチームの戦い方になってしまった。磐田が不振だった一因を垣間見たような気がしたが、そんな相手にも1点も奪えず痛み分けしているようでは、ACLなど夢のまた夢である。
 
それにしても、今年はどうしてホームで弱いのか。かつてもホーム不振の年はいくらかあったが、ここまで勝てないのも珍しい。確かに惜しいシュートはあった。しかし、それが決まるか決まらないかはちょっと蓋然性が低い気がする。もっと入ってしかるべきプレーに乏しい。ディエゴはPKを外して交代後ベンチで頭を抱えていた。チームとしてもちょっとした噛み合わせの違いなのだろう。しかし、運も味方とはよく言うが、そればかりに頼っていては埒が明かない。決まらない、決められないのは結局彼らの実力なのだ。
 
このゲームに関して言えば、キーポイントにちょくちょく大森が顔を出してはコケていた。大森も結構さぼっていたりするのだ。好調時には東がかなり点に絡んでいたのだが、彼が大人しくなってしまって以降、最後までサイドMFの代わりは入ってこなかったし、見つけることができなかった(ソータンをもっと使う手はないのだろうか)。前半戦のように東を再活性化させることもできなかった。成績がおぼつかないにもかかわらず、ここのところスタメンはほとんど変わらない(ディエゴベンチでリンススタートでもいいと思うのだが)。この辺は健太監督にも問題があると思う。
 
さて、残り2ゲーム。鹿島が上がってきてしまったのでACLも絶望的。すでに視野は来年に向いている。何が足りなかったかといえば、得点をエースに頼りすぎた攻撃、ハイプレスがはまらず、トランジションも遅くなった時に、どうやって点を取るのか。相変わらず決定率の低いセットプレー。挙げていくときりがない。そして、サッカー脳をもっと鍛えないと。悔しいがそれらの課題をやり切って頂点に再び立った川向うがホーム最終戦の相手だ。来年に向けて彼我の違いを今一度肌で感じることができるのは不幸中の幸いである。みっともないゲームだけは見せてくれるなよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧