映画・テレビ

July 09, 2017

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

ウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)の息子ヘンリー(ブレントン・スウェイツ)が、父にかけられた呪いを解き放つために、カリーナ・スミス(カヤ・スコデラーリオ)やジャックとともに、ポセイドンの槍を探す旅に出る話。相変わらずのばかばかしさだが、ここ最近殺伐とした映画を観てきたせいか、この作品がひどく健全に見えた。やはり、ディズニー映画なんだと妙に納得。(ネタバレ)

Continue reading "パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2017

ハクソー・リッジ

この作品が太平洋戦争末期の沖縄を舞台にしていることはあまり大っぴらに喧伝されなかった。地元に対する配慮が働いたようなのだが、公開されて戦場となった沖縄・浦添市の前田高地に観光客が訪れるようになっているという。主人公であるデズモンド・T・ドス(アンドリュー・ガーフィールド)は衛生兵として戦地に赴き、米兵はもちろん日本兵も救い出した。敵味方の垣根を超え、一人でも多くの兵士の命を助けたいという願望のまま、彼は凄惨な戦場を駆け巡るのだ。その姿に自然と涙が溢れ出してくる。(ネタバレ)

Continue reading "ハクソー・リッジ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 28, 2017

22年目の告白 私が殺人犯です

チョン・ビョンギルの2012年作品『殺人の告白』の日本版リメイク。浜口倫太郎氏が、帝談社の編集者・川北未南子の視点から小説化している。監督は入江悠。日本ならではの時効法制成立のタイミングをからめ、過去の連続殺人事件の真相を明らかにしていく。(ネタバレ)

Continue reading "22年目の告白 私が殺人犯です"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2017

乱鶯

ゲキ×シネの新作。2016年のいのうえ歌舞伎の新作で、脚本は倉本裕氏書き下ろしの本格時代劇だ。

Continue reading "乱鶯"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2017

メッセージ

第89回アカデミー賞作品賞、監督賞、脚色賞、美術賞、撮影賞、編集賞、音響編集賞、録音賞の各部門にノミネートされ、結局音響編集賞を受賞した、ハクがついてるのかいないのかよく分からない作品。監督のドゥニ・ビルヌーブはブレードランナーの新作にも抜擢された新進気鋭の鬼才。結構期待値は高かったのだけれど、途中でウトウトしてしまった。(ネタバレ)
 

Continue reading "メッセージ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2017

マリアンヌ

原題は『ALLIED』(連合国、似た者同士という意味)。第二次世界大戦を背景に、カナダ人諜報員マックス・ヴァタン(ブラッド・ピット)とマリアンヌ・ボーセジュール(マリオン・コティヤール)の究極の愛を名匠ロバート・ゼメキスが切なく描く。モロッコのセクションでは名作『カサブランカ』へのオマージュが織り込まれており、当時のファッションが主役2人を引き立てる。2人の演技、特に表情は最大の見どころだ。(ネタバレ)
 

Continue reading "マリアンヌ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2017

映画版3月のライオン(前後編)

本来なら前編鑑賞後に書きたかったのだけれど、上手く書けずにいたら後編が始まってしまい、結局前後編通じての感想となった。前編は零が新人王を獲得するまで。後編は川本家の父親問題が解決し、獅子王戦で零が勝ち進み宗谷と対戦を迎える、原作にはないエンディングまでを描いている。漫画原作の映画としては、これまで見てきたどの作品よりも完成度が高く、実写化する意義が高く、成功した作品だと思う。
 

Continue reading "映画版3月のライオン(前後編)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2017

ゴースト・イン・ザ・シェル

正直実写版にして製作者たちは何が観たかったんだろうか。ワイヤーアクションは見飽きたし、ああいったサイバーパンク的なビジュアルや街のイメージも、例えばブレードランナーなどをなぞるだけで、逆にそのセンスに疑問符が付く。シナリオは陳腐。わかりやすくしないと欧米には受け入れられないだろうということは容易に想像がつくが、それにしてもチープ。これを『ゴーストインザシェル』と言われても、それは別のものでしょとしか答えられない。(多少ネタバレ)

Continue reading "ゴースト・イン・ザ・シェル"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2017

パッセンジャー

宇宙移民船に乗り込んだ主人公が、到着予定より大幅に早く冬眠から目覚めてしまったことから起きる様々な出来事を通じて、人とは、人の一生とはどうあるべきかを考えさせられる一作。また、映像からは、人間とはいかに宇宙に対してちっぽけで孤独な存在であるかを認識させられる。実にロマンチックな、でもちょっと怖い映画なのであった。(ネタバレ)

Continue reading "パッセンジャー"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2017

沈黙

狐狸庵先生の名作を長い時間をかけて名匠マーティン・スコセッシが映画化。中世日本(江戸時代初期)におけるキリスト教の有り様と、宗教弾圧の渦の中で翻弄される司祭と信者たちの苦悩が描かれている。原作未読ながら、おそらく原作を忠実になぞっているだろう本作からは、人間の生と信仰について様々な示唆を得ることができる。(ネタバレ)

Continue reading "沈黙"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧