アニメ・コミック

May 18, 2017

3月のライオン

3

3月のライオン/羽海野チカ
白泉社ジェッツコミックス

エントリーの順序が逆になったが(すでに正月休みにkindleワンクリックで既刊全巻制覇)、映画が公開されたことで、改めてこの漫画の本質がわかったような気がした。
 
 2011年の漫画大賞は知っていたが、自分の好みの範疇からは外れていてちょっと入りづらかった。やはりアニメあるいは新房昭之が読む気にさせてくれたといってもいい。アニメでは心象風景の描写に‘水’を多用し、これぞ新房ワールド全開であった。割り戻して、コミックスがそこまで桐山零の内面描写に構かけてないこともあり、ドラマとしてはコミックスの方が軽快に読める(内容自体は結構重いのだが)。
 
主題は中学生でプロ棋士になった桐山零の成長の物語だ。幼いころに突然両親と妹を失い、父親の友人であり棋士である幸田に拾われ、生きていくために好きでもない将棋と向き合うことになった少年が、徐々にその才能を開花させていく。しかし、彼が強くなればなるほど彼自身の境遇は悪くなり、そして、自分がかかわることで人が不幸になると思い込んだ彼は幸田の家を出る。一人暮らしを始めてみると、新しい場所で、また将棋の世界でも新しい出会いがあり、その環境の中で零はポジティブに成長していくのであった。
 
仕事場である棋士の世界(オン)と、零の日常に深くかかわる川本家(オフ)が主要舞台となる。登場人物たちの人間模様がモザイクのように描かれ、それぞれにいちいち由来(過去)があり、それらがさらに絡み合ってドラマは深みを増していく。

オンでは、プロ棋士の監修を受け、本格的な対局の描写、解説が繰り広げられており(将棋コラムも効いている)、将棋をあまり知らない人でも中身に半歩でも踏み込めるようになっている。オフでは川本家のほのぼのとした下町家族に癒される。3姉妹の父親のエピソードやひなたちゃんのいじめの問題など、意外と辛辣な試練が待ち受けていたりもするのだけれど、彼女たちを救う零が頼もしい。人となるべくかかわらないように生きてきた零が、彼女たちに救われている自分に気づき、彼女たちを助けたいと思えるようにまで成長していく姿にちょっとした感動を覚える。オンにもオフにも人生の機微、起伏があって、喜怒哀楽にあふれている、感情豊かな作品なのだ。
 
そしてこの作品の最大の魅力は、画質も含めた柔らかな空気感だろう(‘ニャー将棋’がその象徴)。厳しい棋士の世界も、どこかほわっとしたもので包まれ、画面からの緊張感がいい意味でも悪い意味でも伝わってこない(どちらかといえばコメディー臭のほうが強い)。ひなたちゃんのいじめの話でも、ダメ父親のはなしでも、身につまされるような辛辣な印象が残らない。どこか昭和の匂いがする作風も合わさって、何でもかんでもほのぼのとしてしまうのだ。きっと辛い時に読むと救われる気がする。
 
さて、13巻を重ね見えてきたのは零にまつわる3つのテーマ。一つはプロ棋士としての宗谷名人への挑戦。一つは香子(≒後藤)との関係。そして、川本家、特にひなたちゃんとの関係だ。どこが終着点になるかはまったく想像がつかないが、ドラマは一手一手着実に進んでいる(果たして原作者に終局は見えているのだろうか)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2017

それでも町は廻っている第16巻

16

それでも町は廻っている  第16巻/石黒正数
青年画報社 ISBN 978-4-7859-5959-3
 
歩鳥たちの卒業を機に、この作品も店じまいすることとなった。本巻は店じまいのための回収・撤収作業に終始していて、本来(従来)の『それ町』とはちょっと趣が違う。確かに個々の話は謎解きテイストではあるけれど、これまで出てきたエピソードの顛末を描いているものが多く、作者の心残りを急いで拾っているような感じだ。そして、お得意のメタ話で終演となった。エピローグでは、いっぱしの大人になった歩鳥の姿が描かれていて、あのまま大人になるわけでもないのだなと、作者の歩鳥というキャラクターに対する思い入れが意外とまともでまじめだったことにちょっとした違和感を覚えたりもしたのだ。形式ばった終わり方というのは、いい意味でも悪い意味でも、読者及び作者自身が『それ町』から卒業するための儀礼として必要だったのかもしれない。ただ、歩鳥のキャラクターからすれば、綺麗に締めず、放り投げて終わりでも、いや、むしろその方がよかったのではなかったかと思ったりもするのだ。
 
日常系のコメディがロングランするのは、キャラクターと世界観の魅力が大きく影響する。その意味で、この作品にもその素養は十分あったと思う。歩鳥がばあさんになるまで見てみたいとは、この作品の初エントリーで書いたことだが、サザエさんやこち亀や数多のギャグマンガとは違って、ちゃんと時間が流れていたということに、改めて驚いたりもした。作者のあとがきを読むにつけ、作品自体上限にきていたのかもしれない。逆説的に時間のフレームをこの巻に向けてはめ込んだと見ることもできる。何が直接的な作品の終了を促したのかは知る由もないが、この手の作品の終わらせ方の難しさ(サンレッドの時もちょっと感じたのだが)を改めて感じさせられた。いずれにしても、終わってしまって悲しく寂しいことに違いはない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2016

4月は君の嘘

T_co_sigatuhaki_001_00010_2l1

4月は君の嘘/新川直司
月刊少年マガジンコミックス
 
またもやKindleの無料お試し版にやられてしまった。まぁ、いつかは買うことにはなっただろう作品なのでいいきっかけだったと思う。コミックス→アニメ→実写版映画という流れでマルチメディアミックス展開中。原作既読でも実写版の評価が二分していて興味深い。広瀬すずのズラの違和感が…とかレビューされてしまうと百年の恋も覚めてしまうので映画は見ないでおこうと思う。(ネタバレ)
 

Continue reading "4月は君の嘘"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2015

白暮のクロニクル

Photo白暮のクロニクル/ゆうきまさみ
小学館 ISBN978-4-09-185847-4

Kindleとamazonのコンビネーションはやばい。FBにあった期間限定無料版を読み始めたら、あっという間にはまってしまい、2巻目を読もうとKindleのストアを見たらiOSのサポートがなくてiPadでは購入できないことがわかり、amazonもアプリ経由だとだめなのだけれどWeb経由だとダウンロードすることができ、そういう猿に文明の利器を与えた時のごとくのめりこんでいってしまったのだ。そしてとどめのワンクリック。amazonでカートを経由することなく商品表示画面のワンクリックボタンをカチッとするだけで次が読めてしまう。カチッと押すたびに540円がタクシーメーターのようにカチッと上がるわけだが、続きを読みたいという衝動を抑えるだけの抑止力にもならない。とにかく既刊6巻まで一気に行ってしまった(危うく鉄腕バーディまで行きそうになったけれど、そこは思いとどまった)。※無料期間が過ぎたら見事に読むことができなくなって、結局1巻目も購入することに。嵌められた。

さて、肝心の物語だが、簡単に言ってしまうと、現代解釈された吸血鬼版シリアルキラーものである。近年では『屍鬼』のような作品もあるが、ここでは一種の病気のようなものとして扱われている。数百年前から存在している‘オキナガ’(息長)と呼ばれる不老長寿者で、血液を与えることによって適合者がオキナガになったり、日の光に当たると火傷になりそのままにすると炭化してしまうので日中外を出歩けないとか、たいていの傷は自己修復してしまうとか、吸血鬼ものに出てくる設定をうまく取り込んで、古来の吸血鬼伝説は現世にこう言った人間が存在していたから生まれたのではとでも言いたげな逆説的解釈をしているのである。彼らはウィルスなどに感染しても発症しないので、衛生上の問題で厚労省が管理しているとか、人間を襲ったり害をなすものではなく、ある意味社会的弱者として描かれているのだ。こういうギミックはいかにもゆうき先生らしい。

ゆうきまさみの作風は、現代日本の日常に違和感なくファンタジーを乗せることにある。肝にあるのは設定のリアリティだ。今の世の中でも、あるいはちょっと先の未来なら「あるかも」というつま先が地に着いたような感覚なのである。まったくのおとぎ話の世界なら話はどうとでもなる。それをあえて現代社会の中で回そうとするところに、ゆうきまさみ作品の面白さと、そして作者のインテリジェンスの高さを感じるのだ。実際この作品も構造が非常にち密にできている。オキナガである主人公・雪村魁とヒロイン(というにはデカすぎるがw)伏木あかりの因縁と、魁が追っている‘羊殺し’と呼ばれるシリアルキラーの謎が話の軸となって進んでいく。その道中、オキナガを取り巻く様々な人間模様や社会環境が話の奥行きを作り出し、時には深すぎて掘っていくと話が違う方に進んでいくのではなかろうかと心配するぐらいになる。そして、脇に入ったところでそれがまた本線とつながっていたりするものだから、どんだけの伏線構造になっているのだか想像もつかない。明らかに実写ドラマ化向けの作品なのだ(パトレイバーはロボットだからどうしても現実離れしてしまうが、こちらは基本的に人間なのでドラマにしても違和感がないはず。あと、オキナガの惨殺現場などはおそらく地上波では難しいだろうからやるとすれば映画だな)。吸血鬼ものにありがちな恐怖とか陰惨さみたいなものは全くない。伏木あかりのへんな真面目さとOL女子感が物語全体を軽妙にしている。結構重めの話なのにどこかで気を抜けるところがあるのもゆうき作品の良さだ。新刊が出るのが待ち遠しい。

Continue reading "白暮のクロニクル"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2015

Photo岳/石塚真一
小学館 ISBN-10:4091875718
スキー合宿中、お祭り広場で全18巻を読破。結構涙腺がゆるいので、お昼の混雑時にマンガ読みながら目を潤ませている変なオヤジになってしまっていたのがちょっと恥ずかしかったが、実際胸に来るエピソードがたくさん詰まっている。世界中の山を登り、今は北アルプスで遭難救助のボランティアをしている登山家・島崎三歩を主人公として、山を訪れ遭難する人々の人間模様と、救助に向かう県警や遭対協のメンバーの奮闘が様々な角度から描かれている。

Continue reading "岳"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2014

ローゼンメイデン第10巻

10ローゼンメイデン第10巻/PEACH-PIT 
集英社 ISBN-13-978-4088797779

幻冬舎発刊(バーズコミックス)の第1集初版が2003年。そこから8集で第一部(『Rozen maiden』)が終了し、発行元を集英社に移してヤンジャンで第二部(『ローゼンメイデン』)がスタートしたのが2008年。足掛け11年でついに完結を迎えた。自分らしさを否定する社会に心を閉ざした主人公・桜田ジュンの元に伝説の人形師が創り出したといわれる生ける人形・ローゼンメイデン第五ドール『真紅』がやってくるところから物語は始まる。「7体」のドール達は究極の少女‘アリス’を目指し戦いを繰り広げていた。その‘アリスゲーム’に巻き込まれることによって、ひきこもりのジュンは徐々に人生を動かし始め、ドール達とともに生きる意味を見出していく。(多少ネタバレ)

Continue reading "ローゼンメイデン第10巻"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2014

アルドノア・ゼロ

いやー、久々にビビッた。ヒーロー(的存在)もヒロイン(的存在)も最終回で無残にも射殺?されてしまうなんて、まったく予期せぬ終わり方(続編が来年1月スタート)に血の気が引いてしまった(ばれてますね、すみません)。

Continue reading "アルドノア・ゼロ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2014

永井一郎さん逝く

永井さんといえばサザエさんの磯野波平や機動戦士ガンダムのナレーションがすぐ出てくるけれど、個人的にはカリオストロのジョドーが好きで、ああいういると作品全体が締まる(あるいは膨らむ)役回りにはうってつけの声優さんだったように思う。ガンダムではナレーションをはじめ22役!!を演じた。中でもコンスコンの「ばっ、化け物か」は名科白の一つ。「バカモン!」とかつおを怒鳴る声といい、張りのあるちょっと高めの声質は印象的で、こういった科白とともに今でも鮮やかに脳裏に蘇ってくる。貴重なバイプレーヤーを失いました。そして、ガンダムのオリジナルキャストがまた一人逝ってしまった。安らかにお眠りください。合掌。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 31, 2012

外天楼

Photo外天楼/石黒正数

講談社 ISBN978-4-06-376159-7

2012年マンガ大賞ノミネート作品。メフィスト(講談社)で連載していたのでまったくのノーマーク。文芸誌まではさすがに追えない。石黒氏の構成力の素晴らしさに、エントリーも納得。ただ、扱うテーマがテーマだけに、「大賞」という趣にはちょっとばかしそぐわないかもしれない。(ネタばれ)

Continue reading "外天楼"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2011

機動戦士ガンダム THE ORIGIN

Gundam_origin23機動戦士ガンダム THE ORIGIN 第23巻/安彦良和

角川書店 ISBN978-4-04-715770-5

完結を迎え、何か新たな思いが沸くかなと思ったけど、淡々とページを繰るだけだった。セイラやアムロの脱出プロセスが多少違うぐらいで、ラストに対する本作独自の解釈が加えられるわけでもなく、物語自体は予定調和して終了した。テレビアニメのほうがもっとドキドキしたのに、単に結末を知っている以上の喪失感があったのはなぜなんだろうか。

Continue reading "機動戦士ガンダム THE ORIGIN"

| | Comments (0) | TrackBack (0)