« ファンタジーサッカー2018 第31節 | Main | ファンタジーサッカー2018 第31節レビュー »

November 05, 2018

情状酌量

横浜FM 0-1 FC東京
 
ヒョンスの禊ぎの一戦だった。社会奉仕活動の虚偽報告というのは少々情けない話で、兵役免除を勝ち取った実力者も人格が備わっていなければ、ただのわがままな人になってしまう。代表からの永久追放という意外と重い処分になったが、まぁうちとしてみればチームに専念してもらえるのはありがたく、痛し痒しといったところだ。モリゲが完全休養で、CBでコンビを組むのは丹羽。丹羽も久しぶりの先発で気合が入っていた。ウーゴを自由にさせず、もみ合いになることしばしばだったが、完封ゲームへの貢献度は大きかった。
 
全体的に守備への切り替えは早く厳しくできていた。横浜は足元でのつなぎに終始し、サイドの攻防も縦に行かず中に切り込んでくるほうが多かったので守りやすかっただろう。G前に詰めるシーンが多く、林がずいぶん痛めつけられてしまったのは気の毒だった。攻撃への切り替えは今一つだったが、カウンターでディエゴの惜しいシュートも引き出せた。今のチーム状態を考えれば、セットプレーで先制して逃げ切れれば上等だ。
 
中身が乏しくとも勝ちは勝ち。この時期、ACLを考えればこれでいいのだけれど、一方で一向にディエゴ依存の高いチームの攻めが改善されないことに、来季への不安がよぎる。ディエゴが止まるとチームも止まるという、広島と同じ状況(広島もパトリックで急ブレーキ)に陥り打破できないままシーズンは終わりを告げようとしている。川崎は小林悠がシーズン通じて好調を維持しているとともに、いろいろなところからでも点が取れている。個人の好不調に左右されないチームの攻撃力。目指すところははっきりしているのだ。
 
このゲームで一つ収穫は、小川がかなり前がかっていたこと。こーすけはあそこまでは攻めあがることはない。両翼とも逆サイドをきっちり詰めるようになってくると(その時、必ずシュートで終わることが大事なのだけれど)、多少は期待が持てるだろうか。ACLに行こうとするなら、あと2つは勝たないと。川崎、来週決めたら味スタ最終戦は花持たせてくれないかなぁ。

|

« ファンタジーサッカー2018 第31節 | Main | ファンタジーサッカー2018 第31節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/67349503

Listed below are links to weblogs that reference 情状酌量:

« ファンタジーサッカー2018 第31節 | Main | ファンタジーサッカー2018 第31節レビュー »