« ファンタジーサッカー2018 第28節 | Main | ファンタジーサッカー2018 第28節レビュー »

October 01, 2018

艱難辛苦

FC東京0-2清水
 
ゲーム前に行われたOBによる20周年記念試合は0-0に終わり、G裏からはシュート撃てコールに続いてCKで「誰でもいい」コールが飛び出す。そういえば最近はこのコールは聞かれないなぁと酷く懐かしかった。実際出ているメンバーは1999年から2000年ごろのJ1創世記のメンバーも多く、当時の中位まで行ければ上等のチームを思い起こして懐かしんでいた。ケリーはちょっと太って顔にはしわも寄ってきていたが、ボール扱いの上手さは健在で、ケリーのような攻撃の中心を担ってくれるMFがいればなぁと思う。ゲーム後、アマの十八番だったシャーをみんなでやって気勢を上げる。これが現役チームに届いたか届かなかったか。
 
確かに清水の寄せは速かったし、攻守の切り替えも速かった。カウンターらしき攻撃も見せられず、アタッキングサードでスタックするいつもの悪いパターンの繰り返し。観ていると、選手それぞれでブレーキがかかってしまい、攻撃にスピード感がない。出しどころを探してボールを止めることしばしば。リトリートされサイドも蓋をされ、中央細かいパスをつないで突破しようにも確率は自ずと低くなる。高萩もこの日は無理くりのパスを連発してゲームを作ることができなかった。そして、清水のカウンターに嵌って見事2失点。ぐーの音も出ない。どうやって点を取って勝ってきたか、みんな忘れてしまったようだ。
 
この悪循環を断ち切るために必要なことは何か。健太監督はどんな引き出しを持っているだろうか。まさかこれで終わりということもないだろうが。とにかく、今必要なのは変化の2文字だ。

|

« ファンタジーサッカー2018 第28節 | Main | ファンタジーサッカー2018 第28節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/67228083

Listed below are links to weblogs that reference 艱難辛苦:

« ファンタジーサッカー2018 第28節 | Main | ファンタジーサッカー2018 第28節レビュー »