« 信賞必罰 | Main | ファンタジーサッカー2018 第31節 »

October 23, 2018

ファンタジーサッカー2018 第30節レビュー

広島は予感が的中しました。そして、やはり伊藤と北川はチェンジでしたね。ただ、川崎の後ろとわが軍がメタメタの割にはポイントはそこまで酷くなりませんでした。順位も2つアップ。それにしても、わが軍の誰を入れたらポイントがあがるのやら。脚がV字回復しているので、ホームだっただけに乗っておいてもよかったですね。なんにしても0ゲームの予想が難しすぎます。
 
【mini】(第30節)
GKチョン ソンリョン(川崎)…3fp
DFエウシーニョ(川崎)…7fp
DF福森(札幌)…4fp
DF太田宏(東京)…4fp
DF室屋(東京)…5fp
MF橋本拳(東京)…4fp
MF東(東京)…1fp
MF中村憲(川崎)…5fp
FW小林悠(川崎)C…10fp
FW伊東純(柏)…3fp
FWディエゴ オリヴェイラ(東京)…3fp
合計59fp 通算268fp
チーム時価 -30
173位/241(↑2) 全国リーグ
 
ボトムズですが、長崎と磐田が引き分けたために、いよいよわからなくなってきました。長崎は次節当面のライバル鳥栖ですが、自力に関係するのはこのゲームのみ。16位とも1勝では追い付かない状況では厳しいと言わざるを得ません。その上の柏と鳥栖も上位との対戦が多く残っており、これまたそれぞれ厳しい状況です。15位から上の3チームは未消化試合を残しており、同一節で勝ち点差を広げるチャンスがまだ残されているので、より一層残留が難しくなっています。候補はこの3チームで決まりそうな気配ですね。ただ、問題はJ2の町田。どこでフィニッシュするかで3チーム降格か、1チーム降格+PO(16位は残留)かが分かれます。例年になく不確定要素が多すぎて予想つきません。

|

« 信賞必罰 | Main | ファンタジーサッカー2018 第31節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/67303802

Listed below are links to weblogs that reference ファンタジーサッカー2018 第30節レビュー:

« 信賞必罰 | Main | ファンタジーサッカー2018 第31節 »