« グループステージ終了 | Main | 本気で優勝争いをするつもりはあるか »

July 03, 2018

ロシアW杯終戦

川島に始まり川島に終わった大会でした。ゲーム後、西野さんは何が足りないのかと語りましたが、足りないのはGKです。もうこれは明らか。川島の男気と心中した西野さんを責める気にはなりません。東口でも中村でも結果は同じだったかもしれませんから。前線、中盤、最終ラインともに次世代への見通しが立っている中、最後の砦だけが最大の課題として突き付けられたわけです。
 
日本人選手たちが多数ヨーロッパの各地でそれぞれのレベルでレギュラーポジションを確保するようになって、確実に個々の技術と外国人選手への対応力は上がったわけです。カタールには翔哉や久保も入ってくるでしょう。昌子もこれで確実に海外に引っ張られる。結局彼を除けば(槙野は論外ですが)今回の代表はほぼほぼ海外組チームでした。この流れは次も間違いなく続きます。Jから選出されることもありますが、リーグのクオリティが選手を育てるのも事実。イニエスタが来てくれることでリーグのレベルが上がるのであればそれは大歓迎です。この先に進もうとするならば、そういった‘日常’のレベルアップが不可欠なのです。
 
2-2で残り時間わずか。相手が同点に追いついて勢いづいている状況で、このまま延長に持ち込んで仕切り直しても良かった。体力的には日本の方がやや有利にも見えましたから、延長に持ち込んだ方が勝ち目があったようにも思えます。ただ、西野さんは90分の決着にこだわった。本田のFKは確かに惜しかったけれど、その後のCKは無謀としか言いようがなかった。ちゃんとシュートで終わってゲームを切るべきなのに、簡単にGKにキャッチされカウンターの起点にしてしまった。決めることしか考えず、大局的な視野が欠けていた。あの決勝点は、最後の最後でリスクヘッジを怠ったツケなのです。ある意味、本田の傲慢さによって日本チームの旅は終わったと言えましょう。
 
まぁ、ブラジルの忘れ物を探す旅であったことは確かだし、当事者である彼らが自分たちで回収すべきことだから、それはそれでいいと思います。本田はこれで終わりと言い、佑都は次もやると言い、また柴崎や乾たちはやり残したことができてしまったことで、次の主軸としての自覚の下、これからそれぞれのリーグで動き始める、その継続性こそが日本サッカーのDNAを強固なものにしていくのでしょう。大会直前にバタバタした協会の体質には辟易しつつも、ハリルが持ち込んだ縦への早さやデュエルの重要性がこのチームにしっかり根付き、これまで日本に足りなかったものが強化された結果だということは改めて認識すべきだと思います。ハリルに感謝したいと思いますし、ハリルもかかわってきた日本チームを誇りに思ってもらいたいと思います(自分が直接指揮できなかったのは残念でしょうが)。国の代表が強くなるのに近道はないですね。層の厚さを作る意味でも全体の底上げは不可欠(今回のチームはサブのクオリティがついてこなかった)。三歩進んで二歩下がる、です。
 
さぁ、もうすぐ‘日常’が始まります。

|

« グループステージ終了 | Main | 本気で優勝争いをするつもりはあるか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/66896333

Listed below are links to weblogs that reference ロシアW杯終戦:

« グループステージ終了 | Main | 本気で優勝争いをするつもりはあるか »