« 2018年編成話① | Main | バヤンカラFC 2-4 FC東京 »

January 17, 2018

2018シーズンチーム編成

補強はあっけなく終わってしまい、いつのまにやらチームは始動です。18は拳人が引き継ぎましたか。ナオの期待も込められてるんでしょうね。
 
結局、新戦力は既報通りで打ち止め。やはり心配は徳の抜けた穴。今のところ若手の成長に期待するほかないのですが、外国人枠も余らしているでの、SBもできる器用なDFを引っ張ってきてほしいです。
 
健太監督がどんなシステムでどんなサッカーをやろうとするのか、まだ見えてきませんが、子飼いの大森を呼び寄せたり、ケイマンを取って来たり、なんとなくハイプレスでショートカウンター的な攻撃がしたいのかなとか思ったりもするのですが。新監督の意向に基づいて補強も動いたとは思いますが、金に飽かせて過去の得点王をズラリ並べてみても結果は惨憺たるものだったわけで、その反動でみみっちい補強で終わらせてしまうのもいかがなものかと思いますね。この編成からは今シーズンの夢と希望は見えてこない。
 
新フィジコの吉道さんはずっと脚のフィジカルコーチを務めていた人で、こちらも健太が引っ張ってきた人です。安間さんはなぜかU-23監督に居残りで、ミニラは育成部に押し出されてしまいました。この人事もなんだかなぁです。ちなみに、U-23は、廣末、波多野、小川、柳、岡崎、久保、平岡、内田、ジャキット、鈴木、平川、品田、リッピ、矢島、原の15名。U-23参戦効果は否定はしませんが、ゲームに出ることに満足してしまわないようにしてほしいものですな。チーム的にはトップと連動して、同じコンセプトで戦うことを望みます。それが安間さんでできるんだろうか。

|

« 2018年編成話① | Main | バヤンカラFC 2-4 FC東京 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/66287811

Listed below are links to weblogs that reference 2018シーズンチーム編成:

« 2018年編成話① | Main | バヤンカラFC 2-4 FC東京 »