« 2017-2018 そろそろ来年の話① | Main | 全国制覇‼! »

December 15, 2017

2017年シーズン総括

大久保、永井、高萩の加入によって、さらなる成長が期待されたシーズンだったが、蓋を開けてみれば2年連続で監督途中交代という不甲斐ない1年で終わってしまった。モチベ―ションの低さは昨年以上だ。とにかく、この1年何が起こっていたのかを見ていこう。
 
①フロントは仕事を途中で放棄していた
 
前年JFKの後を引き取って快進撃を見せた篠田さんだったが、夏場の3連敗で力尽きた。出足は好調だったが、3バックを入れ始めてからダッチロール状態に。得点力向上が主命題だったのだろうけれど、3バックを使っていた浦和や広島が今季不調に陥っていたのにも関わらず篠田さんは3バックに移行して、その結果の解任だ。実際、ある意味東京の3バックシステムは室屋のためのシステムともいえるのだが、その肝心の室屋が怪我で出場できなくなって、WHを作る意味があまりなくなっていたにもかかわらず、そのまま継続したことが傷口を広げた一因とも思える。さらに、左翼のコースケはスタミナ不足で、SB以上にスタミナが必要なWHをこなすフィジカルはなかった。それでも、後述するが、コースケなしでは今年の東京はあり得なかったのではあるが…。
 
モリゲが離脱してFBに火がついてやっとフロントは重い腰を上げてヒョンスを復帰させる。たまたま中国スーパーリーグの外国人レギュレーションが変更になったタイミングだったこともあって、上手くこちらに引っ張り込めたが、ヒョンスがダメだったら一体誰を引っ張ってきただろうか。あれだけ、シーズンインからFBの補強はわかり切っていたことなのに、まったくそぶりも見せなかったフロントに対する不信感は大きい。
 
そして、優勝という2文字を前にして篠田さんを切ったわけだけれど、後を引き継いだ安間さんの数字を見てちょっと愕然とした。
 
篠田期 9勝10敗6分 勝率.360 勝ち点化率.044 想定最終勝ち点45
安間期 1勝4敗4分 勝率.245 勝ち点化率.259 想定最終勝ち点26
 
よくも安間さんに任せられたなという数字である。これなら、篠田さんを最後まで引っ張ったって問題なかったし、逆に安間さんにしたことで下手をすれば残留争いに巻き込まれかねなかったともいえる。安直なお手盛り人事でチームを危険に晒し、かつサポーターやファンに対しても不義理を果たしていたのだ。得失点も安間期にマイナスになったわけで、まったく勝てないのだから、そりゃこちらのフラストレーションも溜まる一方なのも道理である。本当にフロントは仕事をしていない。
 
安間期はちょっと横に置いておいて、篠田さんの成績をもう少し見てみる。昨年は無得点試合が1試合もなかったが、今季は5試合に増えている。また、逆転した試合が一つもない。先制されるとひっくり返す力がないというのはこのチームの底力のなさで、試合終盤の得点が最も多いわりに、それが勝敗にあまり結びついていないというのも特徴である。攻撃的な進化を求めたが叶わず、元にも戻れず進退窮まったというわけだ。 昨年の実績から上手く継続したものの、結局は底が浅くタンスの引き出しも少なかったということ。詰まる所、そういう人を監督に起用したフロントの見立てが悪かったということ。
 
②結局得点はサイドから
 
守備については、モリゲの負傷という一大事の割に、昨年より3失点増えただけで収まったので、よく頑張ったと言えるだろう。カズも守るだけなら何とかなる。ヒョンスがいなかったらもっと酷かっただろう。やはり問題なのは前年比-2点の攻撃陣だ。鳴り物入りで入ってきた大久保や永井がどれだけ得点力アップに貢献したのか。していればこんなことにはなっていないので、結果は火を見るより明らかなのだけれど、実際の数字を見てみよう。
 
大久保8点 ウタカ8点 拳人5点 翔哉2点 丸2点 ヒョンス2点
 
流石にFW2人がスコアリングリーダーではあるが、いずれも2桁に届かず。これでは優勝も何もない。しかも3位に拳人が入ってきている。永井を筆頭に、前田、翔哉、東、拓馬といった、もっと点を取っていてしかるべき選手たちは無しの礫である。まったくお話にならない。篠田期で1試合1.2点(安間期は0.67点)と何とか1点以上は取ってはいるものの、上位陣から比べても物足りない数字だ。点が取れないことは数字としてわかっていたが、それ以上に驚いたのが、その得点パターンである。全37点(うち2点はO.G)中、クロスからの得点が11点、CKからが7点を占めている。約半分がサイドからの得点なのだ。そして、そのアシストは言うに及ばずコースケが11を数える。室屋はたったの2しかない。コースケは流れの中からでも5本をゴールに繋げている。室屋を高い位置でプレーさせるのが狙いの3バックは全く機能していなかったのだ。劣化しているとはいえ、腐ってもコースケ。しっかりやるべきことはやっていた。Instat社のデータでも、サイド攻撃の回数は昨年に比べても相当減っており、右サイドに関しては全くゴールに結びつかなかったというデータもある。(優勝した川崎と比較すると、やはり攻撃回数は30回以上も少なく、またポゼッション(特に敵陣)も大きく劣っている) まぁ、サイドからというコンセプトは間違ってはいなかったと思うが、それを具体化できなかったというのが今季のすべてのようだ。
 
得点力とはいったい何だろうか。パターンが偏れば、それは研究され対策されてしまう。よって、色々なパターンから点を取れるようにしなければならない。ディレクションとレンジ、コンビネーションと単独プレー、そしてセットプレー。硬軟織り交ぜて攻撃をコーディネートしていかなければならない。そして必ずシュートで終わることを意識すべきだ。東京はシュート率が低い。確実に打てるところまで持ったり回しているうちに捕られてしまうことも多い。それは、まず打つことを念頭に入れたプレーをしていないからだろう。プレッシャーの厳しいG前のエリアにおいて、‘選択肢としてのシュート’はないと言ってもいい。迷う暇などないはずだ。ヨッチの絶好調だったときは、そういう迷いを感じさせなかった。とにかく打つ。大久保もそれに近い感覚を持っているが、今季は彼にまでボールが回っていかなかったことが多かった。ウタカは持ち過ぎの感がある。永井はシュートにしてもアシストにしてもセンスが欠如している。結局、選手個々のいいところが十分活かせずじまいだったわけだ。来季はウタカが去り、おそらく大久保も去ることになるのだろう。今季のトップスコアラー2人が抜けるわけだ。また、ゼロからやり直し。成績は横に置いておいて、とりあえず3年は健太でチームを再建していってほしいと思う。

|

« 2017-2018 そろそろ来年の話① | Main | 全国制覇‼! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/66161167

Listed below are links to weblogs that reference 2017年シーズン総括:

« 2017-2018 そろそろ来年の話① | Main | 全国制覇‼! »