« ファンタジーサッカー2017 第33節 | Main | ファンタジーサッカー2017 第34節 »

November 28, 2017

ファンタジーサッカー2017 第33節レビュー

脚の劣化が酷い。我が軍もモチベーションも何もないから、降格危機の広島の救世主となりました。山田、J1初ゴールおめ。建英もおめ。大久保なんて決まったら出て来やしない。どうしようもない奴だ。そのGdgdな2チームが最終節で戦うとなると、もうどっちでもいいって感じ。せめてナオを気持ちよく送り出すつもりがちょっとでもあるなら、最後ぐらい一点張りさせてくれいっ。こっちもボーダーギリギリなんだ(198で降格)!
 
【mini】(第33節)
GK東口(G大阪)…4fp
DF室屋(東京)…4fp
DF丸橋(C大阪)…10fp
DFマテイヨニッチ(C大阪)…7fp
DF三浦弦(G大阪)…5fp
MF倉田秋(G大阪)C…3fp
MF井手口(G大阪)…1fp
MF清武弘(C大阪)…4fp
MF水沼(C大阪)…4fp
FW杉本健(C大阪)…15fp
FW大久保嘉(東京)…0fp
合計60fp 通算484fp
チーム時価 +2720
193位/281(↓3)東日本リーグ
 
先週末はいろいろありました。
 
まず、ACL決勝は浦和が見事に守り切って1-0勝利。相手の焦りを引き出す粘りの勝利です。敵ながらあっぱれです。CWCはご褒美みたいなものだから、レアルとやれるといいですな。そうなれば日テレも万々歳でしょう。
 
さて、次はJ1残留争い。広島が抜けて、結局清水と甲府が残りました。甲府はアウェーではあったけれど勝ちたかった。これで、清水は勝てば残留決定。甲府も勝つことが大前提であとは清水の結果次第となりました。対戦相手はどちらも中途半端。自分たちが硬くならずにいつものゲームができるかでしょう。甲府が勝ち切れなくて終わりそうな気がしますが。吉田さんは契約更新したみたいだから、来季に向けてもその意味をフロントに示さないといけませんね。
 
一方J2の方は波乱なく順当に順位通りになりました。福岡は名古屋は苦手ですが、ホームの利をどれだけ生かせるか。名古屋はこれで上がれないとしばらくはJ2風間研究所でじっくりチーム作りすることになるでしょう。
J3は秋田が最下位鳥取アウェーなので勝つでしょうね。で、沼津と栃木が直接対決という何という日程。痺れますなぁ。
 
ついでに、土曜日は今季初めて小平でプレミアEASTを観てきました。優勝するには負けられない一戦、横浜に先制を許しましたが後半巻き返して3-1の快勝。残り鹿島、青森山田と厳しい戦いが続きますが、頑張ってほしいですね。まぁ、同チームには平川、建英など上のカテゴリーで出ている選手が数人いるので、本当のベストメンバーであれば軽く優勝したでしょうが、そんなチーム事情でもここまでやれているのは、この年代も層が厚いということです。トップがダメな分、ぜひ優勝して支援者の留飲を下げさせてください。

|

« ファンタジーサッカー2017 第33節 | Main | ファンタジーサッカー2017 第34節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/66096698

Listed below are links to weblogs that reference ファンタジーサッカー2017 第33節レビュー:

« ファンタジーサッカー2017 第33節 | Main | ファンタジーサッカー2017 第34節 »