« ファンタジーサッカー2017 第24節レビュー | Main | 交代すべきはフロント »

September 04, 2017

分崩離析

FC東京1-5川崎(ルヴァン杯準々決勝第2レグ)
 
結果を見れば無残なスコアだが、出ていかざるを得ない状況ではこうなるのも致し方なしだ。内容的にも双方の力の差を良く表していた。とにかくポイントは先制点だった。先に奪われてしまった段階で、ほぼ勝ち抜けは絶望的となった。そして、中途半端に前がかりになり、攻めきれず奪われてカウンターから立て続けの失点。笑うしかない。後半一体どんなスタンスで見ればいいだろうかと考えたのだが、HTの篠田さんの指示がまた官僚的で笑ってしまった。この期に及んで、失点を防ぐために全力で当たれだと。勝つ気がないのだろうか。
 
ふと、ETUの達海猛だったらどんな指示を出しただろうかと考えた。もう準決勝に進出するのはほぼほぼ不可能な状況で、彼なら何を選手たちに伝えるだろう。多分、もう失うものは何もないのだから、思い切っていくしかない。相手より点を多く取らなきゃどうしようもないんだから、取られたらその倍、3倍取り返していくしかない。そして何より、見にきてくれたお客さんたちに、たとえ負けたとしても戦う姿を見せなければ失礼だろうと。おそらくそんなことを言ってくれるだろう。翻って我が軍の指揮官は、HTに「6点取らないといけなかったので、失点をしないこと、その作業に全力を注いでくれと言った」。それでも失点したわけで、選手たちに言えばそうなるのなら何の苦労もない。この指揮官には具体的な戦略と戦術が欠如しているのだ。先制するために何をすべきかが熟考されておらず、結果先制点を奪われ後手に回る。そういった事前のシミュレーションすらしていなかったのではなかろうか。
 
実際、見ていると選手はみな迷っているように見える。チームとしてのディシプリンが存在しないかの様だ。大久保は、前半はラインの裏を狙って動いていたがボールは全く出てこない。後半は下がってゲームを作ろうとするが、出しどころがなく一人キープしてはピッチを彷徨った。コメントで、みんな受けるのを怖がっているように見えると言っている。サポートの角度は悪いし、ボールを出した後の動き出しは鈍いし、どうポジショニングすればゴールに繋がっていくか全くイメージできていない。行き当たりばったりの成り行きサッカーだ。
 
大久保は風間さんのもとでいろいろとサッカーの基本的な技術や個人戦術を学んできた。そのクオリティからすると、今の東京の選手たちは下手に見えるだろう。実際みんな下手だから(ボール扱いは上手いかもしれないが、いわゆるサッカー脳のリテラシーが低いし、個人戦術レベルのスキルも相当に低い)。さらに、チームとしての当たり前のような決まり事も見当たらない。そういうディシプリンを浸透させることがチームとして機能させるのに必要なことだと思うのだが、篠田さんはそういうチーム作りをしていないのだろうか。
 
このゲームを見てフロントは高萩やヒョンスや室屋がいなかったから仕方ないと思うだろうか。ナオが今年でチームを去るからこそ、来年に向けてチームをどうすべきかを真摯に考え始めてほしいのだ。もう9月に入ったから、そう時間があるわけでもない。監督を代える以前に、チームとしてのコンセプトをもう一度見直す必要もあるんじゃないかと思う。

|

« ファンタジーサッカー2017 第24節レビュー | Main | 交代すべきはフロント »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/65750171

Listed below are links to weblogs that reference 分崩離析:

« ファンタジーサッカー2017 第24節レビュー | Main | 交代すべきはフロント »