« ファンタジーサッカー2017 第21節 | Main | ファンタジーサッカー2017第22節レビュー »

August 15, 2017

穿壁引光

FC東京1-0神戸
 
ホームでは4/30広島戦以来の勝利。前田さんのJ401試合目を勝利で飾って花を添える。それにしても、なんでこうもホームで勝てないのだろうか。当然、ホームで勝てないチームは優勝できないしファンも増えない。ポルディ景気で3万入ったが、ゲームを観て面白いと思ってもらえた人がどれくらいいたことか。
 
神戸は秀人がリベロに入る3バックで、どうもネルシーニョはミラーシステムを採用したような感じだった。システムが奏功してか、前半は完全にアウェーチームがゲームをコントロールしていた。カウンター気味に初めてのチャンスが27分。東が裏にうまく抜け出しGKと1対1になったが、シュートはGKにセーブされてしまう。以降は久々スタメンの大久保拓生(林は故障の模様)が妙に張り切っていたシーンしか残らなかった。後半に入って、早めの時間で東を引っ込めヨネを入れてからゲームは回るようになった。神戸の電池切れと相まって、東京の攻める時間が長くなり、最終的にこのシステムの肝であるWH室谷が嘉人のスルーに反応して最深部に侵入し、マイナスクロスをフリーのウタカに供給すると、あとは流し込むだけだった。久しぶりにコンビネーションで崩した点だったような気もする。もっとこういったシーンが早い時間帯から見られればいいのだが、とりあえず狙いとするところは当たっているので良しとしよう。完封勝利も6月の清水戦以来だし、修正にどんだけ時間をかければよいのやら。
 
そもそも、東をIHに起用する意味が分からない。運動量と守備力を前提とするポジションならば、東は難しいだろう。実際、攻守においてポジショニングが悪い。嘉人が下がってボールを受ける時など、東のことは眼中に入ってない感じで存在を無視していた。シュートも吹かすし全く仕事になっていなかった。交代選手のチョイスは悪くはなかっただけに、東の先発は余計に謎だった。何等か期待して送り出しているのだろうけれど、このゲームに関しては篠田さんの見立て違いだった。
 
神戸に勝って、3バックシステムはまぁ使えるところまで来たように思う。次はJにおける3バックの代名詞、アウェーでずっと勝てていない浦和が相手だ。これで勝てるようなら、3バックへの切り替えは完成といってもいいだろう。監督が代わって迷走している相手だから、相手が変なお得意様意識でいるなら、付け入るスキはいろいろあると思う。連勝して後半戦の勢いをつけてほしいものだ。

|

« ファンタジーサッカー2017 第21節 | Main | ファンタジーサッカー2017第22節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/65667706

Listed below are links to weblogs that reference 穿壁引光:

« ファンタジーサッカー2017 第21節 | Main | ファンタジーサッカー2017第22節レビュー »