« ファンタジーサッカー2017 第24節 | Main | ファンタジーサッカー2017 第24節レビュー »

August 28, 2017

伏寇在側

横浜FM1-0FC東京
 
室屋の負傷で右サイドには柳が入った。サボり癖のある彼にしては慎重にやっていたし、終盤は結構攻め上がってクロスを供給したりもした。左サイドは小川が先発し、図らずも若い二人が両翼を担ったが、いかんせん荷が重すぎたか。それぞれの対面であるマルティノスと齋藤学相手にかなり手こずっていた。若者の特権で、怖いもの知らずでガンガン行った結果、彼らのクロスから点が生まれて勝利をもぎ取ったというのであればかっこいいが、実際変に老成していて守り重視でそつなくこなしていたのがなんかつまらなかった。柳なんか、やらかしたって誰も何にも言わないのに。
 
横浜は東京のサイド対策で攻めに入ると4バックの両翼を押し上げ(CBが開き扇原が最終ラインに入る3バック)、サイドチェンジも効果的に使って東京のWHを自由にさせない。横浜がポゼッションで上回り、東京はボールの獲り所がなく、防戦一方だった。ボールを持っても寄せが厳しくロングボールを蹴りだして奪われるの繰り返し。前田さんへのチェックも厳しく、ほとんど攻め手がなかったと言っていい。こういう時は、セットプレーがポイントになるのだけれど、それもあまり工夫が見られず、中澤とデゲネクに跳ね返されるだけだった。横浜の決勝点は、ショートカウンターからファーに走りこんだウーゴにつき切れなかったために生まれた。それまでよく守っていたが、ほんの一瞬のスキを突かれてしまった。0-0で終わっていればちょっとは慰めにもなるが、負けてしまっては何も残らない。
 
翔哉はこのゲームを最後にポルトガルに渡るとのこと。放ったシュートがバーの下を叩きラインの手前に戻ってくるところなんか、いかにも‘持ってない’なと思わせる。前にも書いたが、翔哉は劇薬なのだ。効くときは華々しく、効かないと無残な結果が待っている。かの地でどんな役割を担わされるか分からないが、どんなタスクを背負うにしても、‘幸運’を引き寄せなければ先はなさそうだ。とにかく、そのまま欧州にとどまれるように頑張って来てほしい。

|

« ファンタジーサッカー2017 第24節 | Main | ファンタジーサッカー2017 第24節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/65720556

Listed below are links to weblogs that reference 伏寇在側:

« ファンタジーサッカー2017 第24節 | Main | ファンタジーサッカー2017 第24節レビュー »