« パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 | Main | ファンタジーサッカー2017 第18節レビュー »

July 10, 2017

疾風勁草

FC東京2-2鹿島
 
何と言っても拳人。彼を起用した篠田さんの采配が大きかったということだけれど、彼を前目で使うにはヨネの復帰が不可欠だったわけで、歯車が上手くかみ合ったということなのだ。ボランチに入るとボールを運ぶ縦方向の推進力が不足する拳人だが、ゴールチャンスでは後ろからスペースに入っていく突進力が活かされる。篠田さんは「このゲームに関しては」という発言もしていたが、意外と2列目の方がいい感じだと思う。
 
前半、先制されて嫌な雰囲気になった。そして、ゲームは鹿島が完全にコントロールしていた。それでも焦れずにチャンスを伺っていた。この辺りはチームとして少し進歩したところかもしれない。実際、得点はいずれもカウンター気味で、一点目のコースケのアーリーはテンポが良かった。サイドでこねて真ん中が整ってから上げるよりかは、あのタイミングで入れれば、中で1対1で競り合えると思う。得点の確率は多少なりとも上がるはずだ。時間帯もよく、前半で追いつけたのは結構心理的に大きかったと思う。2点目は完璧なカウンターで、ウタカのラストパスが優しかった。拳人のシュートもGKの動きを冷静に見て逆を突いた。やっぱりゴールはカウンターで生まれることが多い。
 
観ていると、永井や東のセンス(プレー選択やパス精度)の無さにガッカリする。永井はさらに足元の技術が乏しい。翔哉はテクニックはあるが、球離れの悪さと視野の狭さがプレーを縮こまらせていて、ともすると逆カウンターの起点にもなりうる危険性を孕んでいる。終盤の交代も、一種の毒薬のように見えてしまう。実際、中に切れ込むプレーは読み切られており、いいシュートだったがあのコースも読まれていた。ここのところ、結果が伴っていない。点を奪うためのスキルとインテリジェンスが不足している。
 
シュート数はわずかに7本。鹿島は約倍の13本。どっちがホームチームなんだか。これしか打たなくても2得点という見方もできるが、やはりホームで支配されるゲームは気分が悪い。ペドロの2点目が悔やまれるが、まぁ、負けないで良かったというのが本音だ。CB2人はギリギリのところで踏ん張った。2失点はしてしまったが、好調の鹿島の攻撃陣に良く食らいついていたと思う。
 
大久保とモリゲが離脱して戦力としては落ちたかもしれないが、チームとしてはむしろ戦術的に整理されて、残された選手たちのモチベーションも改めて上がったような気がする。篠田サッカーが実際どういうところを目指しているのかが今もってはっきりしないなか(オイラだけか?)、残りゲーム、我慢強く守ってカウンターでOKだ。この戦術であれば永井も活かせるし。それが今できる最善、を確認したゲームだった。

|

« パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 | Main | ファンタジーサッカー2017 第18節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/65516453

Listed below are links to weblogs that reference 疾風勁草:

« パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 | Main | ファンタジーサッカー2017 第18節レビュー »