« モチベーションのない後半戦 | Main | ファンタジーサッカー2017 第19節 »

July 27, 2017

消化不良

FC東京1-0広島(ルヴァン杯PO第2レグ)
 
噂の3バックシステムのお披露目。若干メンバーは落としてはいるが、大体のイメージはわかる。DFラインは右から徳、丸、山田。アンカーに高萩。IHにインスと拳人。WH(WB)に室屋と小川。FWは翔哉と前田。並びでいえば3-1-4-2になるが、DFラインは特に流動的で、攻撃中はボールサイドのDFがずれて4バック的(2バック)になったり、高萩が最終ラインまで下がってコントロールしたり、守備時は5バックになったりもしていた。肝はやはり両サイドの位置を高くすることにある。唯一の得点も、室屋が高いところに残っていたから生まれたものと言っていい。特に室屋は中に入っていくなどMF的な動きが多かった(対する小川はあまり理解していない感じ)。このシステムはサイドに張ることでフリーになりやすいとはいえ、相手が広島だったこともありワイドオープンな攻撃に対する対処の仕方は勝手知ったる人の家であり、東京の方もサイドチェンジのパスの精度、スピードがいまいちだったり、あからさまに行きますよという素振りなので簡単にサイドで詰められてしまう。また、DFからのボールを受けるのがアンカーの高萩一人の場合が多く、勢い前線へのロングボールやコースを切られた結果サイドにつけるしかないようなケースが増えて、マイボール保持の確率が低い印象がある。MFの人数が増えたから高い位置でのプレスが嵌るかと言えば、そこまでの効果はこのゲームでは見られなかった。むしろカウンターへの対処はより危険度が増したように思うし、アンカーの横のスペースや、3バックの外のスペースをうまく使われると(特に攻守が切り替わった直後)、かなり守備が追いつかなくなるのではないかと思う。ポゼッション志向のチームと対戦した時にどうなるかが見ものであるとともに心配でもある。ヨネをアンカーに、高萩をIHにした方がより良くなりそうな気はする。しかし、システムの習熟度が低く、選手も1.7ぐらいなので、真価のほどは不明だ。3バックシステムに対する評価は保留したい。
 
ゲーム自体は見どころが少なかった。翔哉が攻撃の中核を担って獅子奮迅してはいたが、どうにも空回り気味で相変わらず周りが見えていない。前線に人数をかけるのはいいが、もっと連動していかないと簡単には崩せない。得点は相手のミスからだ。ミスを誘発するということもあるが、やはりこちらからの仕掛けで崩し切りたい。ただ、そのポテンシャルはなんとなく感じたゲームだった。

|

« モチベーションのない後半戦 | Main | ファンタジーサッカー2017 第19節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/65586172

Listed below are links to weblogs that reference 消化不良:

« モチベーションのない後半戦 | Main | ファンタジーサッカー2017 第19節 »