« ファンタジーサッカー2017 第19節 | Main | ファンタジーサッカー2017 第19節レビュー »

July 31, 2017

秋風索莫

FC東京1-1新潟
 
夏本番というのに、ピッチの上にはもう秋風が吹いていたよ。3バックも期待半ば。悪くはないが良くもない。むしろカウンターの危険性が増して、上位とやった時にどうなるか空恐ろしくなる。
 
バックラインの並びがルヴァンの広島戦と同じだったのはちょっと意外だったが、どうやらヒョンスは間に合わなかったようで、吉本より徳、山田というチョイスがうちのディフェンスの台所事情を如実に語っている。徳は下手にゲームビルドに参加するよりは、ストッパー役に徹した方がいいかもしれないと思った。山田と丸はそつなく守れていた。あとはロングフィードだ。両翼は前半は右、後半は左で活性化し、両サイドからチャンスを量産したが、GK守田のセーブに阻まれて得点できない。ちなみにこのシステムだと両WHはファーサイドの詰めも重要な仕事になっている。
 
新潟がセットプレーで先制したので、引きこもる新潟をどうやって打ち破るかがゲームの焦点になったわけだけれど、いいところまで行って崩し切れないもどかしさがスタジアムに充満した。翔哉のポストも、後半の室屋のバーもちょっとしたズレではあるけれど、そこをしっかり見極めて冷静に流し込めるかどうかが技術的に重要なことであって、偶発的なプレーに依存していてはいくらチャンスを作りだしても得点は入らない。ウタカのゴールも、実際DFに当たって微妙にコースが変わっているラッキーがあった。
 
しかし、それ以上にこのゲームでは翔哉の視野狭窄加減が目立ち過ぎた。象徴的なのはウタカのパスを受けてGKと1対1になったシーン。DFを切り返しでかわしたまでは良かったが、その間にGKに間を詰められ、放ったシュートはGKにひっかけてしまう。自分で行くならさらに前へボールを出してGKをかわすぐらいしないと確実性はないし、当然後ろからフォローしてくる選手にラストパスを出せればゴールの確率はさらに上がっただろう。エゴの部分は出せばいい。しかし、それがチームの利益にならなければ、それは単なるエゴでしかない。たまさか、このゲームにおいては新潟の選手のプレスがそれほどきつくなくボールへの寄せもあまりしてこなかった。基本ゾーンで守っていたようだ。だから、意外とバイタルにボールが入っていたし、そこから先もサイドとIHのサポートがあって上手く繋げていた。それでも、ゴールを割るのは個人のプレーでしかないというところに課題を感じざるを得ない。脊髄反射的なコンビプレーをパターン化して覚えこませないと、これ以上即興的なプレーに期待しても点は生まれないような気がする。これは、なまじ名もありそこそこ技術もある選手たちが集まってしまったために起こった問題なのかもしれない。
 
某著名な代理人がツイッターで篠田さんをディスる発言をしたらしい。業界の人も篠田さんには限界を感じているようだ。当然オイラは当の昔に見限っており、この勝ち点差では優勝、3位以内は程遠い目標ということも認識しており、とりあえず今季はこのまま流してまた来年ということになるのは覚悟している。最下位相手にホームで先制され同点に追いつくのが精いっぱいのチームに、これ以上何が期待できるだろうか。

|

« ファンタジーサッカー2017 第19節 | Main | ファンタジーサッカー2017 第19節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/65603850

Listed below are links to weblogs that reference 秋風索莫:

« ファンタジーサッカー2017 第19節 | Main | ファンタジーサッカー2017 第19節レビュー »