« June 2017 | Main | August 2017 »

July 2017

July 31, 2017

秋風索莫

FC東京1-1新潟
 
夏本番というのに、ピッチの上にはもう秋風が吹いていたよ。3バックも期待半ば。悪くはないが良くもない。むしろカウンターの危険性が増して、上位とやった時にどうなるか空恐ろしくなる。
 
バックラインの並びがルヴァンの広島戦と同じだったのはちょっと意外だったが、どうやらヒョンスは間に合わなかったようで、吉本より徳、山田というチョイスがうちのディフェンスの台所事情を如実に語っている。徳は下手にゲームビルドに参加するよりは、ストッパー役に徹した方がいいかもしれないと思った。山田と丸はそつなく守れていた。あとはロングフィードだ。両翼は前半は右、後半は左で活性化し、両サイドからチャンスを量産したが、GK守田のセーブに阻まれて得点できない。ちなみにこのシステムだと両WHはファーサイドの詰めも重要な仕事になっている。
 
新潟がセットプレーで先制したので、引きこもる新潟をどうやって打ち破るかがゲームの焦点になったわけだけれど、いいところまで行って崩し切れないもどかしさがスタジアムに充満した。翔哉のポストも、後半の室屋のバーもちょっとしたズレではあるけれど、そこをしっかり見極めて冷静に流し込めるかどうかが技術的に重要なことであって、偶発的なプレーに依存していてはいくらチャンスを作りだしても得点は入らない。ウタカのゴールも、実際DFに当たって微妙にコースが変わっているラッキーがあった。
 
しかし、それ以上にこのゲームでは翔哉の視野狭窄加減が目立ち過ぎた。象徴的なのはウタカのパスを受けてGKと1対1になったシーン。DFを切り返しでかわしたまでは良かったが、その間にGKに間を詰められ、放ったシュートはGKにひっかけてしまう。自分で行くならさらに前へボールを出してGKをかわすぐらいしないと確実性はないし、当然後ろからフォローしてくる選手にラストパスを出せればゴールの確率はさらに上がっただろう。エゴの部分は出せばいい。しかし、それがチームの利益にならなければ、それは単なるエゴでしかない。たまさか、このゲームにおいては新潟の選手のプレスがそれほどきつくなくボールへの寄せもあまりしてこなかった。基本ゾーンで守っていたようだ。だから、意外とバイタルにボールが入っていたし、そこから先もサイドとIHのサポートがあって上手く繋げていた。それでも、ゴールを割るのは個人のプレーでしかないというところに課題を感じざるを得ない。脊髄反射的なコンビプレーをパターン化して覚えこませないと、これ以上即興的なプレーに期待しても点は生まれないような気がする。これは、なまじ名もありそこそこ技術もある選手たちが集まってしまったために起こった問題なのかもしれない。
 
某著名な代理人がツイッターで篠田さんをディスる発言をしたらしい。業界の人も篠田さんには限界を感じているようだ。当然オイラは当の昔に見限っており、この勝ち点差では優勝、3位以内は程遠い目標ということも認識しており、とりあえず今季はこのまま流してまた来年ということになるのは覚悟している。最下位相手にホームで先制され同点に追いつくのが精いっぱいのチームに、これ以上何が期待できるだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2017

ファンタジーサッカー2017 第19節

なんとなく長かったなと感じた中断が明け再開です。今節は新潟相手なので我が軍軸で編成しました。あとは横浜をちょっと多めに。ヒョンスは多分出てくると思うのですが、一応バックアップで東京の3人をサブに入れておきました。直前での入れ替え対応も万全です。
 
【mini】(第19節)
GK林彰(東京)
DF太田宏(東京)
DFチャンヒョンス(東京)
DF中澤佑(横浜)
DF岩波(神戸)
MF倉田秋(G大阪)
MF齋藤学(横浜)
MF高萩(東京)
FWピーターウタカ(東京)C
FWウーゴ ヴィエイラ(横浜)
FW小林悠(川崎)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2017

消化不良

FC東京1-0広島(ルヴァン杯PO第2レグ)
 
噂の3バックシステムのお披露目。若干メンバーは落としてはいるが、大体のイメージはわかる。DFラインは右から徳、丸、山田。アンカーに高萩。IHにインスと拳人。WH(WB)に室屋と小川。FWは翔哉と前田。並びでいえば3-1-4-2になるが、DFラインは特に流動的で、攻撃中はボールサイドのDFがずれて4バック的(2バック)になったり、高萩が最終ラインまで下がってコントロールしたり、守備時は5バックになったりもしていた。肝はやはり両サイドの位置を高くすることにある。唯一の得点も、室屋が高いところに残っていたから生まれたものと言っていい。特に室屋は中に入っていくなどMF的な動きが多かった(対する小川はあまり理解していない感じ)。このシステムはサイドに張ることでフリーになりやすいとはいえ、相手が広島だったこともありワイドオープンな攻撃に対する対処の仕方は勝手知ったる人の家であり、東京の方もサイドチェンジのパスの精度、スピードがいまいちだったり、あからさまに行きますよという素振りなので簡単にサイドで詰められてしまう。また、DFからのボールを受けるのがアンカーの高萩一人の場合が多く、勢い前線へのロングボールやコースを切られた結果サイドにつけるしかないようなケースが増えて、マイボール保持の確率が低い印象がある。MFの人数が増えたから高い位置でのプレスが嵌るかと言えば、そこまでの効果はこのゲームでは見られなかった。むしろカウンターへの対処はより危険度が増したように思うし、アンカーの横のスペースや、3バックの外のスペースをうまく使われると(特に攻守が切り替わった直後)、かなり守備が追いつかなくなるのではないかと思う。ポゼッション志向のチームと対戦した時にどうなるかが見ものであるとともに心配でもある。ヨネをアンカーに、高萩をIHにした方がより良くなりそうな気はする。しかし、システムの習熟度が低く、選手も1.7ぐらいなので、真価のほどは不明だ。3バックシステムに対する評価は保留したい。
 
ゲーム自体は見どころが少なかった。翔哉が攻撃の中核を担って獅子奮迅してはいたが、どうにも空回り気味で相変わらず周りが見えていない。前線に人数をかけるのはいいが、もっと連動していかないと簡単には崩せない。得点は相手のミスからだ。ミスを誘発するということもあるが、やはりこちらからの仕掛けで崩し切りたい。ただ、そのポテンシャルはなんとなく感じたゲームだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2017

モチベーションのない後半戦

大久保とモリゲが戦線離脱し、バーンズ、拓馬がチームを後にした。バーンズの出奔は予定されていたとはいえ、異動先が広島とは驚いた。さらに拓馬の移籍は寝耳に水で、しかもKリーグ。どんなネットワークで引っ張られたのだろうか。まぁ、2人とも新天地で頑張ってほしいと思う。
 
入れ替わりで広州富力からヒョンスが復帰。リッピがルーカス押しで加入。ジャキットはアジア枠でバンコックからローン、ルイス・フェリペも選手登録されるとの噂。これで一応外国籍選手枠は埋まるのだけれど、リッピ以降は育成枠で即戦力としては難しいだろう。戦力的には上積みはない。クラブも今季の目標を下方修正したようだし、ルヴァンは残ってはいるが、ノックアウトラウンドに入ったとたんにやられそうだし(7/26は結局チケット買ってしまったので、勝ってもらわないと困る)、後半戦何を見て楽しんだらいいのだか。建英のJ1デビューは夏休み期間中には実現するだろうが、それは一般向けの話題作りで、我々にとっては建英には悪いが諦めの象徴でしかない。
 
クラブが本気でまだ優勝を考えているなら、テコ入れすべきは監督なのだ。鹿島のように。曲がりなりにも各年代の日本代表をズラリ並べてこの成績なのだから、育ってないのか使い方が下手なのかどちらかだろうし、それはとりもなおさず監督の責任が大きい。前半戦を観ていて、鳥栖戦のような斜め上を行くゲームは別にして、同じことをやってたまたま点が入って勝った、たまたま入らなかったので負けたという印象が強く、勝つことへの執着がすごく希薄に感じた。がむしゃらに走ってそれでだめでしたはプロではない。どうやって勝つか≒どうやって点を取るかをちゃんとプロとして考え、それをピッチの上で表現してほしいのだ。その意図を後半戦では感じたいし、そこがあれば順位とかは別に今季は(残留前提ではあるけれど)もう気にしない。篠田さんもJFKから引き継いだころは、もうちょっと意思みたいなものを感じたのだけれどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2017

ファンタジーサッカー2017 第18節レビュー

点がいっぱい入った週末の割にスコアラーが全滅です。完封ゲームも3つ。磐田を引き当てましたがそこまでのポイントじゃなかったですね。横浜は期待外れ。清水は意外でした。神戸はポドルスキー効果でしょうか。前はもうちょっと行けたよなぁ。第3クールはいきなり降格ゾーンからの出発です。今季はなかなか上手くいかない。
 
【mini】(第18節)
GKカミンスキー(磐田)…8fp
DF大井健(磐田)…9fp
DF櫻内(磐田)…6fp
DF中澤佑(横浜)…4fp
DF藤春(G大阪)…2fp
MF倉田秋(G大阪)…3fp
MF齋藤学(横浜)…6fp
MF中村俊(磐田)C…4fp
MF高萩(東京)…4fp
FWピーターウタカ(東京)…6fp
FWウーゴ ヴィエイラ(横浜)…2fp
合計58fp 通算58fp
チーム時価 +1300
195位/241 全国リーグ
 
裏天王山は2-2の引き分け。14位から16位がぎゅっと縮まってきました。こういうところで蹴落とせないと、後あと大変です。下の方が足踏みしてますが、清水と仙台もまだ安心はできませんね。次節は新潟戦なんですよね。いい人東京が復活しないといいのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2017

疾風勁草

FC東京2-2鹿島
 
何と言っても拳人。彼を起用した篠田さんの采配が大きかったということだけれど、彼を前目で使うにはヨネの復帰が不可欠だったわけで、歯車が上手くかみ合ったということなのだ。ボランチに入るとボールを運ぶ縦方向の推進力が不足する拳人だが、ゴールチャンスでは後ろからスペースに入っていく突進力が活かされる。篠田さんは「このゲームに関しては」という発言もしていたが、意外と2列目の方がいい感じだと思う。
 
前半、先制されて嫌な雰囲気になった。そして、ゲームは鹿島が完全にコントロールしていた。それでも焦れずにチャンスを伺っていた。この辺りはチームとして少し進歩したところかもしれない。実際、得点はいずれもカウンター気味で、一点目のコースケのアーリーはテンポが良かった。サイドでこねて真ん中が整ってから上げるよりかは、あのタイミングで入れれば、中で1対1で競り合えると思う。得点の確率は多少なりとも上がるはずだ。時間帯もよく、前半で追いつけたのは結構心理的に大きかったと思う。2点目は完璧なカウンターで、ウタカのラストパスが優しかった。拳人のシュートもGKの動きを冷静に見て逆を突いた。やっぱりゴールはカウンターで生まれることが多い。
 
観ていると、永井や東のセンス(プレー選択やパス精度)の無さにガッカリする。永井はさらに足元の技術が乏しい。翔哉はテクニックはあるが、球離れの悪さと視野の狭さがプレーを縮こまらせていて、ともすると逆カウンターの起点にもなりうる危険性を孕んでいる。終盤の交代も、一種の毒薬のように見えてしまう。実際、中に切れ込むプレーは読み切られており、いいシュートだったがあのコースも読まれていた。ここのところ、結果が伴っていない。点を奪うためのスキルとインテリジェンスが不足している。
 
シュート数はわずかに7本。鹿島は約倍の13本。どっちがホームチームなんだか。これしか打たなくても2得点という見方もできるが、やはりホームで支配されるゲームは気分が悪い。ペドロの2点目が悔やまれるが、まぁ、負けないで良かったというのが本音だ。CB2人はギリギリのところで踏ん張った。2失点はしてしまったが、好調の鹿島の攻撃陣に良く食らいついていたと思う。
 
大久保とモリゲが離脱して戦力としては落ちたかもしれないが、チームとしてはむしろ戦術的に整理されて、残された選手たちのモチベーションも改めて上がったような気がする。篠田サッカーが実際どういうところを目指しているのかが今もってはっきりしないなか(オイラだけか?)、残りゲーム、我慢強く守ってカウンターでOKだ。この戦術であれば永井も活かせるし。それが今できる最善、を確認したゲームだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2017

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

ウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)の息子ヘンリー(ブレントン・スウェイツ)が、父にかけられた呪いを解き放つために、カリーナ・スミス(カヤ・スコデラーリオ)やジャックとともに、ポセイドンの槍を探す旅に出る話。相変わらずのばかばかしさだが、ここ最近殺伐とした映画を観てきたせいか、この作品がひどく健全に見えた。やはり、ディズニー映画なんだと妙に納得。(ネタバレ)

Continue reading "パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2017

2017年シーズン降格ライン予想

恒例の降格予想の季節がやってきました。どこよりも早く(多分)、降格勝ち点ラインと降格チームを予想します。
 
では、昨年の振り返りから。勝ち点は予想33に対して実際は31でした。かなりいい線行ってましたが、降格は本当に勝ち点1つ2つの違いが天と地の差にも繋がってきますので、ズバリ予想が理想です。2015年が34でしたから、2016年はさらに1勝分ラインが下がりました。降格チームは2014年から3年連続で的中です。ここ最近はデータ通りの結末なので、波乱は少なかったなと思いますが、今年はちょっと様相が違うのですよ。
 
(畳みます)
 

Continue reading "2017年シーズン降格ライン予想"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2017

ファンタジーサッカー2017 第17節レビュー

久々の高得点。冷や冷やものでしたが残留決定です。川崎、磐田が期待通りの働きで、我が軍も負けましたが、ウタカがスコアしてくれたおかげで上手く底上げができました。欲を言えば、倉田を磐田の川辺に変えて、同じ中村でも憲剛にCつければ文句なしでした(都倉のギャンブルは仕方なし)。それにしても、今季はまだ3桁が一回も出ておらず、今一つ低調な成績が続いています。次期クールは捲土重来で頑張りましょう。
 
【mini】(第17節)
GKカミンスキー(磐田)…8fp
DF大井健(磐田)…9fp
DFエドゥアルド(川崎)…8fp
DF吉田豊(鳥栖)…7fp
MF中村憲(川崎)…12fp
MF中村俊(磐田)C…6fp
MF高萩(東京)…2fp
MF倉田秋(G大阪)…3fp
FWピーターウタカ(東京)…9fp
FW都倉(札幌)…3fp
FW小林悠(川崎)…22fp
合計…95fp 通算…617fp
チーム時価 +6100
133位/239(↑25)全国リーグ
年間全体順位 896位/2419(第2クール終了時点)
 
それにしても、情けない敗戦でしたね。モリゲが退いた後は、なんとなく漫然とプレーしていたように見えました。だからああも簡単に追加点を奪われるのです。集中がまったく足りてない。所詮我が軍はカウンターチームの枠からは出られないんですよ。守れなければ、チームは瓦解するのみ。後半はもう一回原点に立ち返ってほしいです。
 
他方、ネルシーニョが御前試合で大敗し、いきなり首という飛ばし記事がでました。クラブは優勝目指して補強したにもかかわらず、中位に甘んじている現状を良しとしなかったと考えれば、監督交代の噂が出てもおかしくはないですね。それほど印象が悪かった。そういう意味では我が軍も同じロジックであるはずで、ヒョンスやブラジル人FWを獲得する動きを見せている中、前半戦の成績では優勝はほぼ無理でしょう。篠田さんを続投させるということは、今年は優勝は諦めたと言うに等しく、豪華補強も仇花となったわけで、ここのところのホームゲームのつまらなさも含め、ファン離れが心配されます。とにかく今シーズンは早めに勝ち点40(あと5勝1分)取って欲しいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2017

ハクソー・リッジ

この作品が太平洋戦争末期の沖縄を舞台にしていることはあまり大っぴらに喧伝されなかった。地元に対する配慮が働いたようなのだが、公開されて戦場となった沖縄・浦添市の前田高地に観光客が訪れるようになっているという。主人公であるデズモンド・T・ドス(アンドリュー・ガーフィールド)は衛生兵として戦地に赴き、米兵はもちろん日本兵も救い出した。敵味方の垣根を超え、一人でも多くの兵士の命を助けたいという願望のまま、彼は凄惨な戦場を駆け巡るのだ。その姿に自然と涙が溢れ出してくる。(ネタバレ)

Continue reading "ハクソー・リッジ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2017 | Main | August 2017 »