« 2017年GWまとめ | Main | ファンタジーサッカー2017 第11節レビュー »

May 15, 2017

管仲随馬

FC東京1-2柏
 
このゲームは中村航輔に負けたと言ってもいいぐらい当たっていた。シュート数やチャンスの数自体はそう多くはなかったが、フリーでシュートの決定機がことごとくセーブされてしまった。キックは大したことないが、反応はあの年代では頭抜けている。
 
最後の最後で丸のクロスをソータンが頭で決めたが、時すでに遅し。攻守にわたりぎくしゃくしたままで終わってしまった。とにかく大久保がシュート1本も打てていないのだから、勝てるはずもない。アタッキングサードのパスがまったく通らず、これが逆襲の起点になっていた。シュートで終われない攻撃は怖くない。
 
何か全体的に慎重に止まりながらやっているように見えて、ダイレクトプレーは逆にアバウトすぎて適当に見えてしまう。考えながらやっているようで中途半端なプレーが多く、簡単に奪われてカウンターを食らうことしばしば。林がよく踏ん張ってくれたから2点で済んだようなものだ。おたがいGKに随分助けられている。もう少しGKの質が落ちていれば、殴り合いに近いゲームになっていたかもしれない。
 
それにしても、柏の中川が煩かった。身長は160もないかもしれないその小さい体で、しつこく前から追いまわしてくる。最終ラインもうかうかしておられず、微妙にプレー精度を狂わされていた。柏は狙い通りだったろう。
 
東京の選手たちは、舐めているわけではないのだろうが、自分たちのことで一杯一杯になって敵のことを見落とすところが散見される。連携不足というのは簡単で、もう少し基本的なプレー規範のようなところが確立されていないから、迷ったり中途半端なプレーになったりするのではなかろうか。サッカーだから型にはめることはマイナスでしかないが、あまりに選手任せというのも、かみ合わなければ何も生まれないわけで、河野がインタビューで答えていたように、もっと選手間のコミュニケーションが必要なんだろうなと思う。

|

« 2017年GWまとめ | Main | ファンタジーサッカー2017 第11節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/65282336

Listed below are links to weblogs that reference 管仲随馬:

« 2017年GWまとめ | Main | ファンタジーサッカー2017 第11節レビュー »