« ファンタジーサッカー2017第10節 | Main | 一樹百穫 »

May 08, 2017

花言巧語

FC東京1-0札幌
 
GW中はバタバタしていたのでレビューも簡単に。
 
いかにル杯であっても、出てきたメンバーの格差でこの点差は全く納得できない。ゲーム後札幌サポと飲む機会を得られて、彼曰くこの日のスタメンでレギュラーは3人(2.5人)だったらしい。対する東京は、多少の入れ替えはあったもののほぼベスト。U-21は小川ひとり(札幌は3人)という状況。こういうゲームであれば波多野も入れてやればよかったのにと思う。相変わらず空回りしている永井の入った右サイドの連携は最悪。それでも、左から来たボールを迷わず打ち抜いた唯一のゴールは見事だった。ああいう綺麗なゴールをもっと生み出してほしいのだが、望むべくもないか。
 
66分には戦前から言われていた建英が登場。彼の実力とは離れたところで決まったことのようで気分はあまりよろしくない。リーグもチームもメディアも、話題が欲しいのは理解するが、それにしてもやり方というものがある。実際ル杯はフジテレビが中継しており、地上波のトンマナでこの出来事を垂れ流すわけだ。建英自身のプレーは可もなく不可もなく。自分が得たFKを直接狙い、枠の上に外したのが唯一の見せ場だったか。ゲーム後インタビュールームには得点者の永井とともに呼ばれて行った。戻ってきてG裏への挨拶で永井と2人でシャーをするときカメラが殺到。スタッフやドロンパが彼らを守る羽目に。まったく酷い話だ。シャーのやり方がよく分かっていなかった永井に建英が指南するというなんともなシーンもありつつ、ゲームのフォーカスは全く関係ないところに当たっていたのであった。

|

« ファンタジーサッカー2017第10節 | Main | 一樹百穫 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/65251889

Listed below are links to weblogs that reference 花言巧語:

« ファンタジーサッカー2017第10節 | Main | 一樹百穫 »