« ファンタジーサッカー2017 第13節 | Main | マリアンヌ »

May 29, 2017

形単影隻

FC東京1-1甲府
 
最近の彼らのプレーを見ていると、自軍の選手しか目に入っていないかのようなシーンがよく見られる。そこ出しちゃ危ないだろうというパスや、それ短すぎといったパスで、相手に食いつかせる意図で出しているならまだしも、明らかにイーブンボールになるような中途半端なパスだ。このゲームでもソータンが、モリゲなのか林なのかに戻したパスが弱すぎて、まるで堀米に出したかのようなパスになってしまった。これではモリゲも林もいかんともしがたい。膠着したゲームだからこそ、細心の注意が必要な状況だっただけに、あまりにソータンのプレーは軽すぎた。
 
開始2分で先制して、これは久々大収穫祭の予感かと色めきだったが、何のことはない、適宜リトリートしてくる甲府の守りを崩せずズルズルいくパターンだった。前半などはシュートも乏しく、追い打ちをかけるかのように前半終盤で苦労する敵に点をプレゼントするありさま。後半の後半、ややオープンな展開になると、むしろ甲府のカウンターにうってつけのシチュエーションとなり、ATのウィルソンの決定機はほぼ敗戦のシーンだった。負けなかったのはまさしく林のお陰である。試合運び自体はお粗末で、危うく相手の思うつぼに嵌りそうになったことも含め、G裏の大ブーイングは理解できる。大久保もストレスで円脱でもできるんじゃなかろうか。
 
前半、裏を狙うなら裏を狙うで徹底すべきだった。最終ラインに相手を呼び込んでタイミングで永井を走らせるとか。やりようはあったはず。スペースがなくなればドリブルでつっかけるのはいいとして、翔哉がボランチの位置でパス出し役になるのは采配としておかしい。さらに、その翔哉が無理筋の縦パスを出してDFに引っかけカウンターの起点を作ってしまっていたのには呆れてものも言えなかった。後半頭から拓馬が入って、彼のダイアゴナルな動きは前線を活性化したが、翔哉の現状は劇薬の部類に入るだろう。で、今回はその毒であやうく自家中毒を起こしそうになった。プレー選択とプレーの精度がかなり落ちているのが気がかりなところ。
 
こんなことだと、いよいよ韓国から建英が帰ってきたらベンチに座っているかもしれない。

|

« ファンタジーサッカー2017 第13節 | Main | マリアンヌ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/65343091

Listed below are links to weblogs that reference 形単影隻:

« ファンタジーサッカー2017 第13節 | Main | マリアンヌ »