« パッセンジャー | Main | ファンタジーサッカー2017 第7節レビュー »

April 17, 2017

尋常一様

FC東京0-1浦和
 
なんとなくいつも通り勝てないで終わる予感はしていた。この間の仙台のような酷いことにならなければそれでOKだった。まぁ、支援者側がこんな姿勢ではチームを勝たせることもできないが、それ以前に支援者を乗せてくれるような熱量が今のチームからは感じられないのだ。確かに東京もノーチャンスだったわけではない。拳人の左ポストも、東のFKの右ポストもあと20cm内側だったら入っていた。形の上では惜敗ということになるのだろう。でも、それが決まらなかったことも含めて、全体の印象からは完敗という言葉しか出てこない。たとえ同点に追いつけたとしても、勝てる気は微塵もしなかった。それだけ浦和は上手かったし賢かったし、プレーからはゆとりが感じられた。
 
相変わらずどうやって点を取るのか、ピッチにいる選手たちですらよく分かっていなかったのではないか。そんな空気が充満していたように思う。象徴的なのは、カウンターで永井が持ち込んでアタッキングサードに入ろうとしたときに減速し、迷った挙句パスミスでチャンスを逃したシーンだ。なぜ永井は単独でもボックス内に切り込んでシュートを打とうと思わなかったんだろうか(ゲーム前にたけふさのJ初ゴールを見てしまっただけに不満いっぱい)。自分に課せられたミッションは何だと思っているのだろう。また終盤、右サイドでちょこまかとパスのやり取りはするが、結局選手同士が重なってしまってノッキングを起こしチャンスにもならなかった。プレーも、連携もまったく整理されていないように見えてしまう。ちゃんと練習しているのだろうか。
 
ボールを奪ったときに周りを見ていないから縦への選択肢がほとんどない。無理に出してカウンターを食らうのを怖がっているように見える。たまに陽平がダイレクトで前や裏に出すものの、そもそもアバウトなのでつながる可能性は低い。G前にDFが固まった状態で翔哉が中に入りながらシュートチャンスを探っても打てるわけがない。無理に打って奪われてカウンターになるだけ。分かっていても打たざるを得なくなるサポート体制、二の矢三の矢の攻撃態勢がまったくない。
 
今のDFラインでは、取られても取り返せないととてもじゃないけど勝てない。興梠に破られたのも丸が千切られたからだ。ほんのちょっとの隙につけ込んでくるしたたかさがなければ勝ち続けることは難しい。今の東京には攻守ともに集中が足りなさ過ぎる。そうこうするうちに順位も定位置に戻ってしまった。タレントに寄りかかりすぎたチームは、欠員が出るほど弱体化する。まだ1/4も終わっていないが、しっかり修正しないと、また途中で監督を代える羽目になりかねない。個人的にはCBの補強(ブラジル人長身DF)を強く望みます。

|

« パッセンジャー | Main | ファンタジーサッカー2017 第7節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/65162252

Listed below are links to weblogs that reference 尋常一様:

« パッセンジャー | Main | ファンタジーサッカー2017 第7節レビュー »