« ファンタジーサッカー2017 第7節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2017 第8節 »

April 19, 2017

ゴースト・イン・ザ・シェル

正直実写版にして製作者たちは何が観たかったんだろうか。ワイヤーアクションは見飽きたし、ああいったサイバーパンク的なビジュアルや街のイメージも、例えばブレードランナーなどをなぞるだけで、逆にそのセンスに疑問符が付く。シナリオは陳腐。わかりやすくしないと欧米には受け入れられないだろうということは容易に想像がつくが、それにしてもチープ。これを『ゴーストインザシェル』と言われても、それは別のものでしょとしか答えられない。(多少ネタバレ)

原初の『攻殻機動隊』はもっとスノッビィなものだったはずだ。そして、‘少佐’は自信満々であらゆる危機を乗り越えていく知性とスキルと度胸を持ち合わせる存在である。しかし、ここに現れるミラ・キリアン‘少佐’(スカーレット・ヨハンソン)はあまりに頼りなく、その存在は不安定だ。設定上そうせざるを得ないのだが、これは草薙素子ではない。いずれにしても、まずはこれは別物という前提で見る必要がある。その上で冷静に評価してみると、シナリオはありがちの復讐劇で、悪徳企業に騙されていたのを土壇場で逆転するというカタルシスはある。‘少佐’の秘密が明らかになる謎解きも入っている。その意味では整っている(悪いわけじゃない)のだが、‘これじゃない’感が全編続いていくのはいかんともしがたい。

Ghost_in_the_shell

では「ゴースト」と「シェル」について深く考える作品なのかと言われれば、そこも浅いと言わざるを得ない。この作品に出てくる「義体」にシェル感をあまり感じないのだ。ネットの中の表現もありきたり。自分は何者なのかという疑問の出発点について、原作とは一段も二段もレイヤーが違っている。ゴーストは単純に「本当の自分」を意味するものではない。なぜ「人形遣い」を持ち出さなかったのだろうか。その辺は謎である。

中国資本がかなり入っていて、トグサ(チン・ハン)がなぜか中国人になっていたのは解せないが、たけしや桃井さんが出てきたことは、それなりにルーツである日本へのリスペクトが感じられて悪い気はしない。ただ、役どころや演技は大根も大根で、これは演出が酷過ぎるということでもあるので、2人に罪はないと思う。たけしにかっこよく銃をぶっ放させたいという意図が見え見えなのだ。台詞まわしはこなれてないし、およそ荒巻課長の台詞とは思えない。この作品が、『ゴーストインザシェル』という題名ではなく異なる題名で、『ゴーストインザシェル』のオマージュであると言われればなるほどと素直に頷けもしただろう。実際そういう作品なのだ。

|

« ファンタジーサッカー2017 第7節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2017 第8節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/65157190

Listed below are links to weblogs that reference ゴースト・イン・ザ・シェル:

« ファンタジーサッカー2017 第7節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2017 第8節 »