« それでも町は廻っている第16巻 | Main | ファンタジーサッカー2017 第2節レビュー »

March 06, 2017

開闢草昧

FC東京2-0大宮
 
結果はこうなったが、内容は決して良くない。今はとにかく守備から入っているので、大負けするような心配はないにせよ、攻撃面で色々テコ入れしたにもかかわらずそれがまだ形となって表れていないのがなんとももどかしい。それはピッチ上の大久保が一番感じている。悔しがり方からもスタンドからもそれが伝わってくる。実際彼にボールがなかなか出ないのだ。カウンターで永井が左サイドを駆け上がった時、中央の大久保に通ればほぼフリーでシュートが打てたシーンが象徴的だ。まぁ、永井では無理なのだが。ダメ押しとなった翔哉のゴールも、もともとは大久保が狙ったループシュートのおこぼれだ。あと5㎝でも上だったら彼の渇望していた今季初ゴールだっただろう。
 
前半はどちらかと言えば大宮の方が良かった。ショートパスを小気味よく繋いでゴール前まで運んでくる。ただ、彼のチームもフィニッシャーがいない。江上、ペチュニクでは迫力不足。後半に入ってやっとポゼッションが上回るも、攻め手はサイドのみで完全に対応されてしまっていた。そんな中で生まれた先制点はエアポケットのようだった。モリゲのシュートは抑えられた良いシュートだったし、DFの陰で分かりづらかったのか、塩も飛ぶタイミングと方向が変だったために、塩の手をはじいてゴールの中に転げ落ちた。苦しいながら、何とか点が取れて勝ってしまう、そんなゲームだった。
 
コースケは後半になってもそれほど攻め上がることもなく、永井は相変わらず速いだけでセンスがない。東はいつの間にか消えているし、攻撃に関していえばまだまだこれからということか。高萩がつっかけて奪いきれず危ないシーンが2~3度見受けられたが、ボランチコンビは概ね安定している。欲を言えば、もう少し前線に絡みたいところだ。そして何と言っても林。やっぱり大きいことはいいことだ。ホントに来てくれてありがとう。
 
新戦力のかみ合わせがまだ上手くいっていない中での開幕連勝は今後を期待させる。脚、川崎、鳥栖と因縁の難敵が続くが、ここをうまく乗り切って、久々の札幌に乗り込みたいところだ。

|

« それでも町は廻っている第16巻 | Main | ファンタジーサッカー2017 第2節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/64978681

Listed below are links to weblogs that reference 開闢草昧:

« それでも町は廻っている第16巻 | Main | ファンタジーサッカー2017 第2節レビュー »