« SALOMON X-MAX X12 | Main | ファンタジーサッカー2017 第4節 »

March 16, 2017

戎馬倥偬

FC東京<無慈悲なスコア>仙台
 
急に冷え込んでスタジアムは寒かった。でもゲームの中身はあっちっちぃでほっくほく。いいものをいろいろ見せてもらった。「無慈悲なスコア」は6-0
 
仙台は、リーグ戦前節で出場したのはDF大岩MFタマの2人しかおらず、大幅にメンバーを変えてきた。しかも規定でスタメン出場を義務づけられているU21が、常田、茂木、西村と3人もいる布陣。対する東京は、U21は小川ひとり。途中から柳もピッチに立ったが、基本的にはレギュラー中心だ。土曜のスタメンは林、モリゲ、高萩の3人だけだが、他は少なくとも普段からベンチに座っているメンバーなので、それほど力が落ちるとは思えない。ゲームはまさにその戦力差ままの結果となった。
 
戦力もそうだが、仙台が東京をリスペクトし過ぎたのもこの大差の一因だろう。仙台の寄せが緩く、またミスも多かった。東京の得点の多くはカウンターだ。中盤高いところでも良くボールが奪えていたが、攻守が切り替わった時点で、中盤でフリーでボールが持てた。だから、攻撃人数が2~3人でも容易にボールをG前まで運べたのだ。仙台は、ボランチ2枚のポジションが高くなって、そこをCBなりが埋められなかったのが大きいと思う。マッスゥ…ORZ。だから、あとは東京の勢いに押されるがまま最終ラインはあたふたと後退し、いいようにシュートまでもっていかれてしまう。珍しく東京もカウンターの勢いでG前まで人数が押し上がっていって、こぼれ球も随分と押し込んだ。
 
この日の最大の収穫は何と言っても阿部だろう。前半から前線で追いまわし、中へ外へと圧倒的な運動量を誇った。先制のダイレクトシュートはお見事。リーグ戦でもスタメンがありそうな活躍ぶりだった。いつもは途中出場の翔哉も前線を駆け巡る。強気のシュートを上手く決めて2得点。バーンズ、前田と合わせて、先発前線はとにかくよく走った。モリゲから譲られて、途中出場のウタカが挨拶代わりのPKを決め、高萩に代わって入った拳人は、前節の自殺点のうっ憤を晴らす似たような押し込みゴールをゲット。最後はウタカと翔哉の見事なパス交換で生まれたゴールで大収穫祭を締めくくった。
 
後半、バーンズに代えて柳を投入したところから3-4-2-1にシフトし(吉本が3バックの真ん中ってのもいかがなものか。でも左脚使えないんだろうなぁ)、ウタカ投入をお膳立てしたのだが、篠田さんはウタカをトップに入れた。まぁ、彼はあまり守備はしないので、今の東京ではスターターにはなりえないだろう。翔哉とのパス交換などからもわかるが、すでにコミュニケーションは十分取れているようだし、ちゃんと周りも使えるクレバーなプレーヤーのようだ。ギアチェンジには適材かもしれない。前線3人はいずれもタイプが異なり、篠田さんも贅沢な悩みを抱えたものである。大事なのは、ターンオーバー的にやっていくのではなく、リーグ戦含めてチームとしてのポテンシャルをどう最大化し維持していくかなわけで、この結果は、相手の問題はあったにせよ、今後のリーグ戦の試金石にして行ってほしいと思う。3-4-2-1は意外と使えそうだ。

|

« SALOMON X-MAX X12 | Main | ファンタジーサッカー2017 第4節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/65022600

Listed below are links to weblogs that reference 戎馬倥偬:

« SALOMON X-MAX X12 | Main | ファンタジーサッカー2017 第4節 »