« ファンタジーサッカー2017 第1節レビュー | Main | それでも町は廻っている第16巻 »

March 03, 2017

ファンタジーサッカー2017 第2節

ホーム開幕につき、相手はちょっと苦手な大宮ではありますが我が軍押しで行きます。ただ、スタメン特に前線がまだ固まっていない感じがするので、翔哉はサブにしています。直前で代えるかもしれません。あとは対戦相手の逆算で横浜と神戸をチョイス。広島でもOKですが、今一得点の気配がしないのが難点です。序盤、人気選手は高いのであまり好き勝手できないのが辛いところ。でも、その分新加入で活きのいい選手を探す気にもなります。
 
【mini】(第2節)
GK林彰(東京)
DF室屋(東京)
DF松原健(横浜)
DFミロシュ デゲネク(横浜)
DF岩波(神戸)
MF橋本拳(東京)
MF高萩(東京)
MFダビド バブンスキー(横浜)
FW大久保嘉(東京)C
FW渡邊千(神戸)
 
まだ始まったばかりですが、やはり札幌と清水はちょっと厳しい感じがしています。J1の戦力としてはちょっと足りない。磐田はスコアラーが見当たらない。俊輔の左足一本ではシーズン持ちません。桜組は清武が出れば柿谷を前へ出せるから、まぁ残るでしょう。甲府、新潟は相変わらず。鳥栖がちょっとボタンを掛け違えるとやばいことになるかも。3節ぐらいまでは様子見ですが、初見ボトムズ候補はこんなところです。ACL絡みでは脚がちょっと迷走しそうな雰囲気を漂わせていますね。いきなり3バックで炎上したり、相手からコンディション不良を指摘されたり、前半戦で勝ち点が伸ばせないとズルズルいく危険性もあります。

|

« ファンタジーサッカー2017 第1節レビュー | Main | それでも町は廻っている第16巻 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/64960435

Listed below are links to weblogs that reference ファンタジーサッカー2017 第2節:

« ファンタジーサッカー2017 第1節レビュー | Main | それでも町は廻っている第16巻 »