« ファンタジーサッカー2017 第1節 | Main | ファンタジーサッカー2017 第2節 »

February 28, 2017

ファンタジーサッカー2017 第1節レビュー

しょっぱなから渋いポイント。まぁ、我が軍を信じなかった自分が悪いんですけどね。ただ、この一節だけでも各チームの力関係がなんとなく見えたのは光明です。悔いが残るのは家長じゃなくて憲剛だったかぐらいですかね。さぁ、次、次。
 
【mini】(第1節)
GK廣永(広島)…4fp
DF塩谷(広島)…4fp
DF藤春(G大阪)…4fp
DFファビオ(G大阪)…4fp
DFオ ジェソク(G大阪)…4fp
MFフェリペ シウバ(広島)…3fp
MF高萩(東京)…7fp
MF家長(川崎)…3fp
FW大久保嘉(東京)C…6fp
FWアデミウソン(G大阪)…4fp
FW工藤壮(広島)…8fp
合計…57fp 通算…57fp
チーム時価 +2020
70位/159(プロリーグ)
 
録画観戦となった開幕戦ですが、両チームとも重心が後ろでシュートが散発と内容的にはやや寒かったです。うちはやはりコースケの復帰は大きい。セットプレーからの得点力は確実にアップするでしょう。さらに高萩。いいですな。陽平が怪我したので拳人がスタメンでコンビを組みましたが、やはり第3列は攻撃のセンスが求められます。高萩はパスで打開し、拳とは押し上げでシュートを狙う。いいバランスだと思いますよ。ただ、永井だけはいただけなかった。にしても篠田さんは最後まで使っていたのはなぜでしょうかね。西に押し込まれてほとんど仕事できてなかったのに、ディフェンス担当?
 
アウェーの鬼門を開幕勝利でスタートし上々の船出となった2017篠田東京ですが、ここにきてウタカ獲得?の報。どこにそんな金あったんだというほどのつぎ込みようでちょっと心配してしまいますが、昨年の徹を踏むわけにはいかないフロントの覚悟が見えるかのような補強であります。でも、この陣容でトップ3に入れなかったらそれはそれで問題だよなぁ。

|

« ファンタジーサッカー2017 第1節 | Main | ファンタジーサッカー2017 第2節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/64951663

Listed below are links to weblogs that reference ファンタジーサッカー2017 第1節レビュー:

« ファンタジーサッカー2017 第1節 | Main | ファンタジーサッカー2017 第2節 »