« October 2016 | Main | December 2016 »

November 2016

November 21, 2016

相碁井目

FC東京U-23 2-0 C大阪U-23
 
夢の島は久しぶりだ。競技場にはサテライトのゲームを何度か観に行ったことはあるが、それよりも、一時期Bombにフットサルをよくやりに行っていたので、あの辺はそっちの方で馴染み深い。
 
前日、U-18がヤマハで広島を撃破し二冠を達成した勢いそのままに、弟分たちに尻を叩かれたかのように張り切るU-23。最終戦であり、相手は同じU-23チームだ。クラブのプライドをかけた戦いでもある。ゲームは東京が押し気味に進めるが、なかなかシュートまで辿り着けず0-0で折り返し。後半立ち上がりに、ショートカウンターから小気味よくパスがつながり、最後は左サイドからインスがファーに蹴りこみ先制する。時折見せる桜組のカウンターを凌ぎつつ、終了間際にインスがGKからボールを奪って無人のゴールに流し込んで勝負あり。最終戦を勝利で飾った。これで、年間勝ち点36、ガンバに続いて10位でフィニッシュした。参戦当初は負けが込み、参加意義も問われそうだったが、この順位であればひとまず来季継続の大義名分も立つだろう。
 
それにしても、鈴木(喜)と生地は、上の世代と比べても別格だ。特に喜丈は来季正式加入なので楽しみで仕方ない。生地は大学行くのかしらん。一方で翼は厳しいな。渉も存在感希薄。まったくうかうかしていられない。久保君は、どうしても話題先行になるのは仕方ないし、意図的にやっているところもあると思う。このゲームで作った2度のチャンスのうち、どちらかでも決めていたら、来季は意外と静かにスタートできたかもしれないが、これで初ゴールの呪縛はシーズン初めからかかることになってしまったので、ちょっとかわいそうだ。
 
とにかく、今年のU-18は足元が上手いし周りがよく見えている。ボールを受ける前に状況把握がしっかりしているから、例えばここは持つところなのか、ダイレクトではたくところなのか、受けた後のプレーが的確なのだ。そして相手がよく見えている。相手が寄せてくるタイミングを外すのがすごく上手い。だから容易に取られないし、次のプレーに一呼吸できるからプレー選択が余裕を持ってできるし精度も上がっていくのだ。ヨシタケは次世代の陽平。その下には平川怜も控えている。東京の「10番」の系譜が目に見える。これで10年は安泰だな。
 
さて、これで今季のJ3も終了だが、来季も参戦となると、今年出られた選手の一部は出られなくなるはず(小川あたりは、はやくトップに合流すべきなんだが…)。来季はさらにU-18のプレゼンスが上がりそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2016

ちょっと早めの移籍話

11月も終わらないうちから、すでに来季が始まっている。サッカーするにはいい季節なのにもったいない話だ。来季は12月第一週が最終戦になるとのことで、サマーブレイクを設けるらしいし、コンディション面でもいい戦いが見られるだろう。やはりCSは弊害の方が大きいと思う。ついでにJ2のPOも、滑り込み昇格チームがことごとく1年で落ちているのだから、入れ替え戦を復活させて、こちらもスケジュールをすっきりさせたらどうだろう。J2とJ3は入れ替え戦なんだから、そろえた方がわかりやすい。なんにしても、今期の総括も終わっていないのに、11月も終わらないところから移籍話が飛び交うのは何ともせせこましい。
 
すでに大久保の移籍は決定事項のようだ。得点力アップというお題に対しての補強という意味においては満足のいくものだろう。年齢はあまり関係ないが、川崎では憲剛がいたからという前提を忘れるべきではない。実際、出し手のいなかった神戸ではパッとしなかった。
 
どうも秋元が湘南に戻るようだ。レンタルではなかったと思うが、やはり彼のレベルでは物足りなかった。権ちゃんが戻ってこないので、その代わりに立てた白羽の矢は鳥栖の林。鳥栖のモリゲへのオファーを断って、返す刀でなで斬りw。来てくれれば御の字である。当のモリゲは、出るのであれば海外だろうが、中国の話に乗るかどうか。フロントの本気度合いがどこまで彼に伝わるかだ。
 
秀人はどうだろう。神戸からオファーが来ているらしいが。デソンも戻ってくるようだし、ボランチはややオーバーフロー。CBもできるがサブ扱い。チームとしてはユーティリティプレーヤーとして、バックアップに取っておきたい人材ではあるが、秀人もゲームに出たいだろうから、出ていく可能性は高そうだ。
永井の話も出てはいるが、それよりムリキを残留させることの方が先決だろう。違約金払ってまで取るタレントとも思えない。チーム内競争に負けて他チームへご奉公ってことになるような気がしてならない。
 
我が軍の話はまだこんなところだが、色々なチームで監督人事が進行している。その中で特に驚いたのが、名古屋が風間さんにオファーを出したこと。報道では結構確度が高いらしい。川崎一区切りというのはわからないではないけれど、その次があの名古屋といわれてしまうと、風間さんの監督としての価値観がよく分からない。風間さんに1年でJ1に戻し、かつ次の年で優勝争いというような離れ技ができるのだろうか(選手にしてみれば、風間さんだったらチームに残りたいと思うだろうが)。俄かに信じがたい。2020年の代表監督という話も出ていたし、何が本当なのかわからなくなってきた。川崎も小林悠が神戸に引き抜かれたら、またゼロスタートだな。鬼木さんも大変だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2016

ファンタジーサッカー2016 第34節レビュー

柏は大正解でしたが、選手がよく分からず、中山も途中出場でしたね。とはいえ、クリスティアーノが大爆発のCマークで、おかげでポイントもそこそこ伸びました。直前で入れ替えた金崎は不発で、鹿島はこのままだとちょっと沈んでいきそうな気配すらしますね。ドゥドゥはこだわらなくてよかった(ホッ)。順位はちょっと落としましたけど、とにかく来季は昇格です。まずは目出度い!
 
【mini】(第34節)
GK中村航(柏)…8fp
DF中谷進(柏)…8fp
DF中山雄(柏)…5fp
DF田中マ(名古屋)…1fp
DF山本英(甲府)…5fp
MF金崎(鹿島)…0fp
MF中島翔(東京)…6fp
MF中村憲(川崎)…3fp
FW大久保(川崎)…4fp
FWクリスティアーノ(柏)C…12fp
FW前田遼(東京)…5fp
合計…69fp 通算…667fp
チーム時価 +700
19位/231(↓5)全国リーグ
 
天皇杯は勝ち残っても行くつもりがないので、これで今シーズンのサッカーライフは終了になりそうです。やはり2ステージ制はスケジュール的にあまりよろしくないですね。収益性とかメディア露出とかはプラスの部分もあると思いますが、今Jを支えている層を大事に考えるのであれば、やはり1シーズン制が妥当だと思いますよ。新規の客層はテレビ見たぐらいでスタジアムになんて来ませんから。リーグ全体の話はあるでしょうが、基本は各クラブがどうやったらもっと地元の人たちを動員できるかが大事で、その積み上げによってリーグは活性化していくんだと思います。いみじくもプロ野球はその方向でわかりやすく動いている。敵対するのではなく、Bリーグも含めて、いかに共存共栄していくかが課題でしょう。
 
さて、あとはJ2の昇降格とJ3の昇格ですね(全社もありますが)。J2の上位争いは、札幌の失速によってここにきて急に緊迫してきました。札幌、松本、清水の三竦みです。残り2試合。札幌はA千葉H金沢、松本はA町田H横浜FC、清水はH岡山A徳島です。3チームとも自動昇格枠が欲しいでしょうけれど、4位以下の状況を見ると、たとえPOに回っても上がりそうな気がします。それにしても桜組は…。熊さんでもダメですか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2016

名古屋陥落

今年も降格予想が当たってしまいました。それにしても、最終節3チームとも負けて決着がつくとは予想だにしましせんでした(ボトムズに対して過度の期待は禁物なんだと改めて思い知らされました)。そして、湘南の意地を見た気がします。失うもののない立場の強さとでもいうのでしょうか、負けたって関係ない状況と、負けると地獄が待っている状況とでは、心理状態は雲泥の差でしょう。リスクを負えないからプレーが縮こまってしまい、いつもの実力も出せなくなってしまう。相手の問題ではなく、まさしく自分たちが招いた結果なのでしょう。
 
それにしても、小倉の解任はいかにも遅すぎました。内情をよく知るボスコに交代し、稀代のモチベーターである闘莉王を復帰させ、チームのネガティブな雰囲気を払しょくすることに一時は成功したように見えたのですが、最後の最後、テコ入れで入れた闘莉王のミスで負けてしまったのは、いかにも皮肉的な結末です。甲府にしても新潟にしてもどちらが降格してもおかしくなかった。最終節ホームで湘南というカードは、名古屋にとって決して悪くなかったと思います。残留の可能性は結構あったはず。ただ、そういう先入観が楽観と油断を呼び起こしたのかもしれません。
 
これで、名古屋は草刈り場になるといわれており、川又、永井、楢崎あたりは真っ先に名前が挙がっています。とはいえ、レギュラースタメン張れるかというと?マークがつきます。つまり名古屋はそんな陣容だったわけですよ(それでも人件費はリーグ有数なんですから、よほど金の使い方が悪かったということです)。シモビッチがいるのにクロッサーがいない。永井を活かせるパサーもいない。どんなサッカーがやりたいのか、何が武器なのか、はっきりしないサッカーだったと思います。とにかく、J2はまた特殊なリーグですから、1年で復帰と言っても簡単なことではありません。清水も序盤はかなり苦しみましたし、桜は今も苦労しています。選手の流出を抑えられたとしても、ボスコと今の戦力で果たして1年で帰ってこれるかはわかりません(チームの体質改善がまず先でしょう)。そして、仮に昇格できなければ、数年はどっぷりJ2に浸かる危険性が高いと思います。
 
事ここに及び、トヨタがなぜグランパスを子会社にしたのか真意を測りかねるところです。トヨタはグランパスを一体どうしたいんでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2016

安土重遷

大宮 0-1 FC東京
 
ゲーム後、塩がビジター席(G裏)まで来て挨拶してくれた。五十嵐さんによれば、ちょっと涙ぐんでいたらしい。塩のように東京というチームが好きで、でもいろいろな事情でチームに残ることができずに外に出ている選手は何人かいて、そんな彼らに対して、今東京にいる選手たちの東京というチームに対する思い入れはいかばかりだろうか。ホーム最終戦でのモリゲの挨拶が頭をよぎる。毎年移籍によって多くの選手たちが入ってきて、またその分外に出ていく選手がいる。特に東京は前線の主戦の外部依存がそこそこ高く、浦和ほどではないにしても東京というチームとしての顔が近年ぼやけているように感じる。そんな東京にあって、このゲームを決めたのが拳人だったので、喜びもひとしおである。
 
【大宮戦先発の前所属】
秋元(湘南)
拳人(U-18)
森重(大分)
丸山(明治大・U-15)
室屋(明治大)
梶山(U-18)
田邊(国学院久我山)
河野(東京V)
東(大宮)
中島(東京V)
前田(磐田)
 
さて、ゲームの方はと言えば、互いにモチベーションを見出しにくい難しいものとなった。ただ、NACK5はこれまで1敗しかしていない東京にとってゲンのいいスタジアムで、実際始まってみると、ホームの大宮は過去最高成績を収め、お腹いっぱいという感じでミスを連発し、ろくにチャンスも作れなかった。対する東京は前目からのプレスも機能して、得点は1点だけだったが内容的に完勝だった。狭いスペースでの局面打開のパスのつながりがずいぶんよくなり、守備時の寄せも早い。たまに両翼を高く張り出し、3-5-2のようなフォーメーションにシフトしたりもして、篠田イズムは順調に浸透しているようだ。これで4連勝。篠田さん担当の12試合は8勝2敗2分けでフィニッシュ。8勝中、無得点試合が0というのが素晴らしい。完封試合も6を数える。昨年の堅守が復活した感じだ。これをベースに、来季はいよいよ得点力アップという永遠の課題に取り組むわけだ。この文脈での大久保はわからないではない(永井はいらない)。あとは、この補強が篠田さんが求めているものなのかどうかである。来季U-23は継続するがACLはないのでO-24はそれなりに整理が入るだろう。秀人あたりはやはり出ていくことになるのだろうか。悲喜こもごもの最終戦であった。
 
それにしても、このタイミングでの移籍報道はいかにも早すぎる印象がある。まだCSがあるし、当事者の川崎は面白くはないだろう。もし本当だとして、どんな意図が働いているのだろうか。戦術的には2トップあるいは4-2-3-1の2列目、東の位置がイメージされる。東よりはやってくれそうな気がするので否定はしない。前田さんを見ていると年齢もあまり関係ないだろう。ただ、あまり行儀がいいとは言えない。どこぞの金満チーム(サッカーにしても野球にしても)と似たようなことをやって、それで成績が伴わなかったら目も当てられない。勝つための方法論としては理解するのだが、一方で心情的なところで抵抗があるのもまた事実だ(ヨッチのように育ててもすぐ出ていかれてしまうのは、チームにそれだけの魅力がないということだ)。卵が先か~の議論になってしまうが、育てながら勝つのはやはり難しいのだろうか。先日広島で引退した森崎のような、クラブとしての顔、重心は必要で、勝てばなんでもいいということでは決してない。愛される地域のクラブには、地域との結びつくところが必ずある。それはやはり生え抜きの選手に尽きるのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2016

ファンタジーサッカー2016 第34節

さぁ、泣いても笑っても今年最後のエントリーです。今節は福岡相手の柏に乗っかります。我が軍もアウェーの大宮は得意にしているのですが今年はどうか。川崎からは憲剛と大久保をエントリー。また、残留争いからはとぅーさんと甲府の山本を入れてみました。ドゥドゥはおそらく途中出場でしょうから、そこから点を取れればビッグポイントが期待できるのですが…。
今節は全体的に読みにくく、戦力差をそれぞれのモチベーションでどう埋めていくかが予想つきません。とはいえ、昇格圏から飛び出てしまうような悲惨なことにはならないと思うのですが。あとは祈るばかりです。
 
【mini】(第34節)
GK中村航(柏)
DF中谷進(柏)
DF中山雄(柏)
DF田中マ(名古屋)
DF山本英(甲府)
MF金崎(鹿島)
MF中島翔(東京)
MF中村憲(川崎)
FW大久保(川崎)
FWクリスティアーノ(柏)C
FW前田遼(東京)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2016

ファンタジーサッカー2016 第33節レビュー

アンデルソン ロペスが爆発してくれて予想外の点になりました。翔哉のCも効いてあと一息で3桁。惜しい。秋元信じてやれなかった。ゴメン。とはいえ、この高得点で順位もさらにアップしました。最終節よほどのことをやらかさない限り昇格ですよ。でも、この上はホントに厳しいからなぁ。
 
【mini】(第33節)
GK林(広島)…5fp
DF森重(東京)…9fp
DF丸山(東京)…10fp
DF室屋(東京)…7fp
DF塩谷(広島)…5fp
MF柴崎晃(広島)…6fp
MF中島翔(東京)C…9fp
MF梶山(東京)…9fp
FW渡邊千(神戸)…6fp
FWアンデルソン ロペス(広島)…19fp
FW前田遼(東京)…3fp
合計97fp 通算598fp
チーム時価 +2780
14位/231(↑10)全国リーグ
 
残り1試合。降格枠も残り一つ。実質的に名古屋、新潟、甲府の3チームに絞られました。残留条件の整理です。
<名古屋>
●→ほぼ降格(新潟が名古屋を上回る大量失点したときのみ残留)
△→新潟もしくは甲府が●で残留
○→新潟もしくは甲府が△以下で残留
<新潟>
●→名古屋●で残留
△→名古屋△以下、または甲府●で残留
○→名古屋もしくは甲府が△以下で残留
<甲府>
○→無条件で残留
△→名古屋もしくは新潟が△以下で残留
●→名古屋もしくは新潟が●で残留
 
自力があるのは甲府だけです。条件的には三者が絡んでいるので不確実性が高まりますが、対戦相手からするとやはり新潟が一番分が悪い。しかも、野津田が契約の関係で不出場、マイケルと両シルバが揃ってお休みという最悪の条件が重なってしまいましたから、頑張っても引き分けでしょう(過去ホームでは3勝8敗5分)。対する名古屋はホームで湘南ですから勝利の確率は高い(過去ホームでは5勝1敗)。甲府は鳥栖とホームで6勝8敗7分とほぼ互角なので、モチベーションの差を考えれば引き分け以上も望める感じです。とはいえ、状況が状況なので過去の対戦成績もあまり当てにはなりません。
 
あと、万が一にもないとは思いますが、新潟、名古屋、甲府がすべて勝ち磐田のみが負けた場合、得失点で名古屋と磐田がひっくり返る可能性がわずかにあります。この結果になったら、それこそ逆奇跡ですね。
追記:新潟が勝った場合、磐田●でも残留です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2016 | Main | December 2016 »