« September 2016 | Main | November 2016 »

October 2016

October 31, 2016

滄海遺珠

FC東京U-23 4-1 SC相模原
 
 日曜日、西が丘にJ3を見に行った。もしかしたら久保君が出るかもと思って前売りを買っておいたのだが、彼の出番は11/5になったのでちょっと残念だった。だが、代わりと言っては何だが平川君がベンチに入っていて、来場者の期待通り後半ピッチに立った。16歳6か月はJ3の新記録だ(翌週には誰かさんに破られてしまうのだが)。
 
しかし、土曜のトップのゲームよりもはるかに面白いものを見せてもらえるなんて予想もしていなかった(久しぶりにG裏の能活いじりも見られて幸せぇ)。今季U-23は栃木戦を見たが、その時とはチームは別物と言っていいぐらいに成長していた。相手がSC相模原ということもあったのかもしれないが、ポゼッションで上回り、前半はちょっとしたすきをつかれてカウンターで失点するも、後半は圧倒的に押し込んで怒涛の4得点。前半まったくいいところがなかった容平がハットトリックの大暴れ(たいした仕事をしていないにもかかわらず、結果だけは残してしまうから始末が悪い)。CKからU-18の岡崎君もゴールして、ひときわ大きな歓声が上がる。しかし、本当の見どころはゴールではなく、中盤の2人(途中から3人)の高校生のプレーにあった。本当にくぎ付けだった。
 
 一人は生地君。U-18の攻撃の中心人物だが、プロ相手にもまったく遜色ないプレーを見せる。縦横無尽、神出鬼没、プレー選択のセンスがいい。同じくボランチに入った鈴木君。左サイドにスペースがあり小川が上がっていくのを見るや、小川の足元ではなく左サイドの一番深いところに低いロングフィードを放つ。これが見事届いてしまうのだ。これには度肝を抜かされた。そして、途中出場の平川君。Jデビューの高校一年生とは到底思えない落ち着いたプレー。体は当然できていないにもかかわらず、プロのあたりにもうまく対応してボールは取られない。容平の3点目をアシストする裏への浮き球スルーは、その正確性(能活の出鼻を狙った絶妙パス)といいセンスを感じさせる。ゴールした岡崎君を含め、空恐ろしい高校生たちである。平川君が言うように、いつかは海外へ旅立つこともあるだろうけれど、ユースにはこれだけのタレントがうなっているのだ。5年といわず、後3年のうちにトップでレギュラーとして使えば、必ず東京の屋台骨を担ってくれる選手になるに違いない。そういった確信がこのゲームから持てたのは見に来た甲斐があったというもの。ついでにと言っては何だけれど、対して小川、野澤、翼といった本来トップのベンチぐらいには入っていなきゃいけない選手たちが、何故ここにいるかというのも理解で来た。判断、スピード、プレーの正確性など、どれも物足りないのだ。
 
選手の切り盛りは大変かもしれないが(同日はU-18Jリーグカップ4回戦が裾野で開催されており、久保君はそっちに出場して1G1Aの大活躍。おかげでベンチはGK入れても3人)、このU-23は来季も続けていくべきだろう。そして、どんどん活きのいい若手をトップに供給していってほしいものだ(だから、補強に変な無駄金をつぎ込むぐらいなら、しっかり内部を使って欲しいのだ)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

悪婦破家

FC東京1-0仙台
 
ホームゲーム最終戦はお得意様仙台相手にちょっとてこずりながらもウノゼロで終戦。有終の美を飾った。篠田さんに代わって7勝2敗2分の成績であれば続投も頷ける。ゲーム立ち上がりに見せた、パス交換で崩し切ったプレーなんかは来季を期待させるシーンだった。最終戦を見るにつけ、選手個人のクオリティよりも、チームとしての熟成の方が課題のように思う。だから、補強でできることはそう多くないのではなかろうか。
 
それにしても、ゲーム後の選手・監督あいさつで、いみじくもモリゲが、選手、スタッフ、フロントみんながプロフェッショナルにならなければ優勝などできないと意味深に語ったのが今季のすべてを象徴していた。選手自身がそう感じていたのはちょっとショックだった。それがにじみ出てスタンドまで伝わってしまっていたのも問題だが、それこそサポーターを含めて一丸となって「プロ」にならなければならないのだろう。監督交代の愚行をシーズン始まる前からサポーターから批判されていたフロントには猛省を促したい。事のすべてはそこに端を発している。変な話、こんなことを繰り返していると、上昇志向のある選手たちからは愛想つかれてしまう。有力選手たちが離反するような環境だけは作ってほしくない。とりもなおさず、社長の舵取り一つにかかっているのだ。
 
とにかく、今季は降格だけはしなかったのが救い。しかし、だからと言って優勝を目指すことは諦めてほしくないし、当然来年もそういったスローガンを掲げてくるだろう。だとすれば、篠田体制でどう実現していくかを本気で考えてほしい(言っているそばから、出てくる補強候補がピントがずれているとしか思えないのは一体どうゆうことなのだろうか)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2016

ファンタジーサッカー2016 第33節

今節は我が軍と福岡相手の広島に乗っかります。アクセントとして千真を入れました。前節は累積で出ませんでしたが、何気に調子いいですよ。
 
【mini】(第33節)
GK林(広島)
DF森重(東京)
DF丸山(東京)
DF室屋(東京)
DF塩谷(広島)
MF柴崎晃(広島)
MF中島翔(東京)C
MF梶山(東京)
FW渡邊千(神戸)
FWアンデルソン ロペス(広島)
FW前田遼(東京)
 
今節で浦和が勝って川崎が負けると浦和の2nd&年間優勝が決まります。CSは浦和、川崎、鹿島の3チームで確定しましたから、あとは対戦順を決めるだけです。川崎のことを考えると、磐田には意地を見せて欲しいんですがねぇ。
一方、降格の残り一つは今節では決まりません。利害関係者の直接対決はもうないので、やるだけやって他人次第ということになりそうです。まぁ、連勝は難しいと思うので、とにかく1勝したところが有利になるのは間違いありません。今年の予想ボーダーは33でした。最悪4チーム33で横並びの可能性も。痺れますなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2016

4月は君の嘘

T_co_sigatuhaki_001_00010_2l1

4月は君の嘘/新川直司
月刊少年マガジンコミックス
 
またもやKindleの無料お試し版にやられてしまった。まぁ、いつかは買うことにはなっただろう作品なのでいいきっかけだったと思う。コミックス→アニメ→実写版映画という流れでマルチメディアミックス展開中。原作既読でも実写版の評価が二分していて興味深い。広瀬すずのズラの違和感が…とかレビューされてしまうと百年の恋も覚めてしまうので映画は見ないでおこうと思う。(ネタバレ)
 

Continue reading "4月は君の嘘"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2016

ファンタジーサッカー2016 第32節レビュー

中山雄太がU-19に行っているのに気づいて中谷に変えましたが、1にしかならなかったのであまり意味はなかったです。大宮も前半よかったのに、後半追い上げを食らってDF崩壊。仙台は行けなかったですね。どうしても神戸の勢いを優先してしまいます。おかげでレアンドロも0。とはいえ憲剛のダブルが効いてそこそこで落ち着きました。意外にも平均分布が低かったために順位はアップ。残り2節よほど下手を打たない限り昇格できそうです。ガンバろっと。
【mini】(第32節)
GK塩田(大宮)…4fp
DF菊池光(大宮)…3fp
DF中谷(柏)…1fp
DF室屋(東京)…6fp
DF田中ト(名古屋)…4fp
MF家長(大宮)…4fp
MF中島翔(東京)…7fp
MF中村憲(川崎)C…10fp
FWレアンドロ(神戸)…0fp
FW小林悠(川崎)…6fp
FWクリスティアーノ(柏)…8fp
合計63fp 通算501fp
チーム時価 -410
24位/231(↑6)全国リーグ
いやー、それにしても甲府の蹴落とし力は半端ない。確かにドゥドゥが復帰したというのはあるにせよ、最後の最後でアウェーで3をもぎ取るとはお強い。ここにきて降格最後の1席を巡り4チームが勝ち点3の中にひしめくわけですが、湘南が降格決定したため、おそらくモチベーションの差で甲府と名古屋には3上乗せが見込めます。対して新潟はG大阪と広島、磐田は浦和と仙台を残し、いずれも簡単には行かない相手になっています。やはり33あたりが勝負の分かれ目になってきそうで、磐田連敗、名古屋、新潟が1勝づつ上げたとして33に3チーム(甲府は湘南に勝てば34と抜けます)。得失も現時点で似たようなところにおり、負けるにしても失点は極力抑えたい。名古屋はボトムズ相手を苦手にしていましたから、最終戦の湘南戦は意外と落とし穴になるかもしれません。最終節まで気が抜けませんな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2016

雲外蒼天

FC東京2-1鹿島
味スタでの勝利は2008年以来だそうだ(奇しくも当時の指揮官はJFKで、長友、カボレらが在籍)。まったくなんで我が軍はこうも赤いチームに弱いのだろうか。それでも、このゲームはこれまでの苦手意識を払拭したかのように攻守にわたってチーム全体が奮闘していた。最後に失点してしまったのは気に入らないが、前任者のゲームも含めて、今シーズンのベストゲームと言っていいと思う。ビジターのG裏が黙り込むのは痛快だった。
立ち上がりから両チームともアグレッシブに攻め合ったが、徐々にホームチームが主導権を握り、効果的な攻めを繰り出した。ハイプレスもよく決まり、最初の広貴の抜け出しは決まらなかったが、同じような形でループで決めるところは広貴らしさ満点。負傷交代してしまったのは残念だったが、確実に攻撃の起点になっていた。
このゲームで際立っていたのはボランチのコンビだろう。柴崎に自由を与えず、交互に潰しに行っていた。梶山は全盛期のプレーが戻ってきた感じで、中盤の要としての存在感を発揮していた。ソータンも梶山との連携の中で前線とうまくリンクしており、ボランチ2人のバランスの良さが攻守の好循環につながっているように思う。前への意識は高橋・米本コンビとはダンチである。
徳永の不調に伴い、右に拳人、左に室屋が入ったが、室屋も器用なプレーヤーだ。左足でのクロスは少なかったが、守備はもとより攻撃も積極的に関与していた。拳人も前よりは守備が安定してきたし、SBのポジションから前への思い切りの良い飛び出しが何度も見られた。また、DFラインも厳しくあたりに行っていて、金崎なんかは相当イライラしていた。セルフジャッジしてファウルを取ってくれないことに相当文句も言っていたみたいで、ふだんの素行の悪さがプレーにも出てしまっていた。代表落選も郁子なることかな。実際この日の鹿島はかつてのいやらしさが影を潜めたかのようにおとなしかった。一言でいうと淡泊。機を見るに敏なプレーが随所に見られたものだったが、それもほとんど見られず、球際でのファイトもファウルが先行する感じだったし、なんか普通のチームになっていた(曽ヶ端のあれは完全に赤)。このゲームがたまたまなのか、石井監督問題の影響なのかは知る由もないが、この調子だとポストシーズンも1回戦で終わりだろう。このまま低迷してくれると、こちらとしてはありがたいのだが。
さて、8年間もホームで勝てなかった難敵を退け、監督交代から6勝2敗2分け(リーグ戦)勝ち点20の成績を上げた篠田さんは、どうやら来季も続投の模様だ。成績からすれば文句なしだろう。相手をリスペクトし過ぎた浦和戦を除いては、采配についてあまり文句を言うところもない。実際、同じ戦力で前任者とこうも異なる結果を導き出したのだから当然の結果ともいえる。長年コーチとしてチーム、選手たちを見続けてきた蓄積が活かされているのだ。あとは、この先の積み上げをどう考えるか。戦力的な問題と同時に、監督自身にもそれは求められるものだろう。残り2試合と年末の天皇杯(ホンダ戦は勝って当たり前)で来季に向けての可能性を是非見せて欲しいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2016

ファンタジーサッカー2016 第32節

今節は中断がありリセットされた雰囲気の中、カードも予想がちょっと難しいものばかりで、エントリーはかなり迷いました。鉄板はデンカSなんですが、赤軍回避なので仕方ありません。となると、カード的には大宮vs湘南がファーストチョイスになります。ただ、大宮よく分かりません。湘南が意地を見せるかもしれないし、ホント最後のボトムズの抵抗力は馬鹿にできませんからね。なので、福岡vs甲府と名古屋vs磐田もどっちに転ぶかわからないので基本回避。とぅーさんだけエントリーしました。あとはなんとなく調子の良さそうな個人をピックです。
 
【mini】(第32節)
GK塩田(大宮)
DF菊池光(大宮)
DF中谷(柏)
DF室屋(東京)
DF田中ト(名古屋)
MF家長(大宮)
MF中島翔(東京)
MF中村憲(川崎)C
FWレアンドロ(神戸)
FW小林悠(川崎)
FWクリスティアーノ(柏)
 
それにしても、残留争いはこじれてきました。
磐田はよほどのことがなければ落ちることはないですが、万が一はありますから、アウェーで全く勝ててない名古屋相手ではありますが、きっちり潰しておきたい。最低でも勝ち点1を分け合えば、とりあえず安心できます。福岡の方は、もう失ってしまっているので、あとは足を引っ張れるか意地の見せどころで、いかに甲府の蹴落とし力が高いからと言って簡単に勝てる相手ではありません。甲府も、これを落としてしまうと降格が近くなってしまうので、何としてでも勝ちたいところ。湘南は今節変な期待を持ち越さないためにも引き分け以下がいいですね。その意味で大宮の役目は意外と重大だったりします。新潟の今節の負けは織り込み済み。引き分ければ上々。でも、次節G大阪のアウェーも最終ホームの広島もここ最近全く勝ててないので、実は新潟が一番降格に近かったりします。はてさて、いずれにしても最終節までもつれそうですね、今年は。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2016

ハドソン川の奇跡

実にシンプルな佳作。余分なものがなさ過ぎて拍子抜けするが、それでもサレンバーガー機長(トム・ハンクス)とジェフ副操縦士(アーロン・エッカート)が公聴会に呼ばれ、不適切な判断を下したかどうかを問われるシークエンスはちょっとしたスリルもあり、エンターテイメント作品として品よく仕上がっている。それにしても、イーストウッド監督は実話モノが好きだ。(ネタバレ)

Continue reading "ハドソン川の奇跡"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2016

ファンタジーサッカー2016 第31節レビュー

福岡は、まぁそうなりますわな。それにしても永井w。翔哉とレアンドロのお陰でガツンと来ました。狙い通りとぅーさんも良かったし、豊田も決めたし、不満はCマークの付け所だけでしたね。やっとこさ昇格圏内に入りました。残り3節気を引き締めていきたいと思います。
 
【mini】(第31節)
GK中村航(柏)…7fp
DF中谷進(柏)…7fp
DF中山雄(柏)…7fp
DF吉田豊(鳥栖)…3fp
DF田中ト(名古屋)…8fp
MF梶山(東京)…7fp
MF中島翔(東京)…16fp
MF金崎(鹿島)…2fp
FWレアンドロ(神戸)…19fp
FW豊田(鳥栖)…7fp
FWクリスティアーノ(柏)C…4fp
合計…91fp 通算…438fp
チーム時価 +3040
30位/232(↑25)全国リーグ
 
さて、優勝争いも残留争いも混沌としてきました。年間優勝は川崎に取らしてやりたいのですが、神戸戦の内容を見てしまうと詰めが甘いと思ってしまいます。2ndは浦和がフィニッシュしそうですから、あとは年間の1位争いがどうなるか。一方残留争いは、まず福岡が脱落。湘南も残り3連勝が前提条件になった段階で降格決定的です。問題は最後の一席。新潟が磐田に勝利したことで、いよいよわからなくなってきました。現在16位の甲府は次節福岡、その次がおそらく降格決定した湘南なので、モチベーションはダダ下がりの相手とやることになります。甲府の蹴落とし力の強さから考えれば、最低でも4は積み上げることができるでしょう。そうなると32。新潟は磐田に勝利したものの残り3つは上位陣。引き分け一つだと31。磐田は3連敗でも32。問題の名古屋は最終節最低限湘南に勝てば32になります。すなわち勝ち点32を巡る攻防というわけです。一つでも上回ればその時点で残留が決まりそうです。磐田は次節名古屋戦がポイントですね。新潟はどこかで1勝しないと厳しいとなると、やはり状況的には新潟が一番降格に近いと言えるでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2016

ファンタジーサッカー2016 第31節

裏天王山パート2です。名古屋は福岡の最後の意地を跳ね返すだけに力があるかどうか。一応カギとなるとぅーさんだけエントリーします。あとは柏ですかね。何気に鳥栖も気になるので豊田を持ってきました。さらに絶好調の外国人ストライカーを2人並べて終わりです。我が軍は調子の良い中盤2人で可もなく不可もなくのポイントを狙います。
【mini】(第31節)
GK中村航(柏)
DF中谷進(柏)
DF中山雄(柏)
DF吉田豊(鳥栖)
DF田中ト(名古屋)
MF梶山(東京)
MF中島翔(東京)
MF金崎(鹿島)
FWレアンドロ(神戸)
FW豊田(鳥栖)
FWクリスティアーノ(柏)C

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2016 | Main | November 2016 »