« 大会に弱いGV | Main | ファンタジーサッカー2016 第28節レビュー »

September 12, 2016

進取果敢

FC東京3-0湘南
 
去年の屈辱を綺麗に晴らしてくれて気分が良い。良い人東京を返上し、きっちり引導を渡したという意味でも、この勝利には価値がある。それにしても、駒は同じなのに、選手の選択と配置の違いでこうもゲーム内容が変わるものかと、サッカーの難しさと不思議を実感する。この後控える上位陣との対戦でそこそこの成績を残せれば、来季も篠田さん継続という目も出てきそうだ(広島でいうポイチの位置づけか)。
 
一点目は復調を見抜いて福岡戦から先発に起用した陽平と、これまた先発に抜擢した翔哉の2人が生み出した点だ。たまにボーとしたプレーをするのは相変わらずだが(無責任なダイレクトパスとかいい加減やめてくれと思う)、縦横の長めのパスをきっちり通せるのはやはりこの人を置いて他にない。受けた翔哉は、受けるポジションを考えるようになった。相変わらずコンタクトがあると弾かれてしまう。だからこそなのだろう。フリーで受ける時間とスペースを作り前を向くことを確実に実行している。そこから、持ち出してDFをずらしていくことで、チームに攻撃のスペースを作るし、相手の寄せが甘ければシュートの選択も迷いがない。
 
二点目は広貴の技ありの一発だった。後半も時間が経過し、彼も結構体力的に限界にきはじめていたように見えた。それでも、前田さんに入れたくさびのリターンを受けると左足一閃、カーブのかかったシュートは絶対取れない右上隅に突き刺さる。デザインされたプレーなのだろうが、シュート自体はものすごく綺麗だった。これも広貴の持ち味だ。なんだかんだ言ってゲーム終盤までピッチに立ち続けた。フィッカ時代は後半15分ぐらいで見切られていた広貴も頑張っている。
 
三点目は交代で入った拳人の仕事が8割。DF裏に抜け出してフリーで上げたクロスの精度が匠。ポストになった前田さんは拳人の抜け出しを確認しながらファーへずれて最後は押し込むだけだった。二点目の広貴とのプレーといい、前田さんもいい仕事ができている。拳人も前へ出ていく良さがここでも引き出されている。選手個々の持ち味が存分に生かされているのが「篠田・東京」と言えそうだ。
 
DF陣では、丸が代表から戻ってきて体調が戻り切らなかったのか、先発は吉本だった。その吉本から前線に長めのくさびが一発通ったプレーがあって、ひどく感動してしまった。モリゲにおんぶにだっこだった吉本が攻撃に寄与するなんて。選手はピッチで成長するものなのだ。
 
篠田さんに代わってから怖いぐらいに順調に来ている。これならば、上位陣ともそこそこいい勝負ができるのではないかと期待に胸が膨らむ。まずは次節の浦和戦。ルヴァン杯準決勝の前哨戦としても重要だ。篠田さんは果たしてどんな闘いを見せてくれるだろうか。

|

« 大会に弱いGV | Main | ファンタジーサッカー2016 第28節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/64193657

Listed below are links to weblogs that reference 進取果敢:

« 大会に弱いGV | Main | ファンタジーサッカー2016 第28節レビュー »