« ファンタジーサッカー2016 第27節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2016 第28節 »

September 02, 2016

英姿颯爽

ルヴァン杯準決勝第1レグ
FC東京1-1福岡

失礼ではあるが、それにしても最下位相手に勝てない。1-0で終わらせるという意思は感じたが、結局途中出場の三島にゴラッソを決められドローで終わった。確かに彼のシュートは上手かった。秋元から見るとDFの陰からボールが巻いて突然出てきたようにも見えただろう。これは撃たせてしまった中盤のディフェンスミスだ。

終盤、ソータンに代わって拳人が投入された。怪我明けにして丁度良いシチュエーションだったように思う。動きを見ても問題なさそうだった。一方で、前半のうちにムリキがダニルソンとの接触で足を痛め翔哉と交代した。こちらはまだ怪我の内容がよく分からないが、ちょっとかかりそうな雰囲気らしい。なかなかチームとしてコンディションが揃うというのは難しいものだ。まぁ、今日の翔哉も土曜日同様切れており、ムリキの退場を補って余りある活躍だったから、チームとしてはムリキの離脱は致命的なことでもないと言える。ポジションが今のやり方だとムリキと被るところもあるので、ムリキの離脱は翔哉にとっては渡りに船かも知れない。ムリキ不在を感じさせなければ、スタメン定着も夢ではないだろう。実際、翔哉がボールを受けて2~3mでもボールを動かせれば相手DFがずれるので、そこで他の選手にもスペースが生まれ崩しのきっかけになる。

他方、代表に丸までもっていかれてしまった最終ラインは、予想通り[室屋-吉本-高橋-徳永]の並びだった。秀人はちょっと危なっかしい場面はあったが、何とかこなしきっていた。ゲームはボランチの2枚、これも予想通りでソータンと野澤がボールをうまく中継しながら、東やムリキ、翔哉とゲームを組み立てていった。たまに軽いプレーが顔をのぞかせるは玉に瑕だが、それでも若い中盤はアグレッシブで見ていて気持ちがいい。CBはもう一枚ベテラン級が欲しいと思うが、中盤はどんどん若手を起用すべきだと思う。

さて、中三日で後半の90分をアウェーで戦うわけだが、年間で一度も勝てないのは流石に拙いので、相手が降格する前に一回きっちり勝って東京鴨葱イメージは払拭しておかなければならない。

|

« ファンタジーサッカー2016 第27節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2016 第28節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/64142931

Listed below are links to weblogs that reference 英姿颯爽:

« ファンタジーサッカー2016 第27節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2016 第28節 »