« 身分相応 | Main | ファンタジーサッカー2016 第30節 »

September 20, 2016

ファンタジーサッカー2016 第29節レビュー

今節は確かに難しかったです。当日お昼過ぎにドゥドゥの負傷欠場が判明して慌ててサブに入れてあったディエゴと入れ替えて0だけは免れましたが、それでも全体的に低調でした。点はたくさん入った節でしたからDFは低調なのは仕方ないにしても、スコアラーを押さえられなかったのは失態です。検討時点で広島(ウタカと塩谷)も入れていましたが、いろいろブレてしまった。ひらめいたのは甲府の山本だけでしたね。
【mini】(第29節)
GK河田(甲府)…5fp
DF山本英(甲府)…7fp
DF中澤佑(横浜)…5fp
DFエウシーニョ(川崎)…2fp
DF室屋(東京)…1fp
MF中村憲(川崎)…7fp
MF金崎(鹿島)…5fp
MF中島翔(東京)…2fp
FWディエゴ オリヴェイラ(柏)…3fp
FW小林悠(川崎)…7fp
FWクリスティアーノ(柏)C…5fp
合計54fp 通算264fp
チーム時価 -2220
71位/232(↓25)全国リーグ
さて、残り5節となり、新潟と名古屋の差は依然4のまま。エントリーの回に書いた通り、最終予想勝ち点で16位のチームの降格率が40%と5割を切っているので、名古屋が残留する目も出てきたわけです。名古屋は湘南、福岡を残しており、必ず勝てるとは言い切れませんが、現状ほぼ両チームにチャンスがないことを考えると勝ち点4~6見込めるのではないでしょうか。一方の新潟は上位陣との対戦ばかりでキチキチ。名古屋が2勝1分けだと30。上回るには1勝1分けが必要。同点だと得失点が現状で10なので、大敗しない限りは新潟の方が上回りそうな感じです。いずれにしても、残り5つは両チームとも死闘でしょう。
【訂正】直近2年のデータを更新していませんでした。最終予想勝ち点16位のチームの降格率は54%になります。

|

« 身分相応 | Main | ファンタジーサッカー2016 第30節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/64230288

Listed below are links to weblogs that reference ファンタジーサッカー2016 第29節レビュー:

« 身分相応 | Main | ファンタジーサッカー2016 第30節 »