« ファンタジーサッカー2016 第19節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第19節レビュー »

July 11, 2016

乳母日傘

FC東京1-0甲府
 
実に塩試合だった。あまりにしょぼすぎる。甲府が5-4-1で専守防衛を決め込み、前半いい時間帯でモリゲのヘッドで先制してからも閉じこもっていたにもかかわらず、流れの中から追加点をとることができなかった。決定機と呼べるようなシーンもほとんどなく、後半に入り徐々に燃料切れになって中盤がなくなり始めると、おそらく甲府はこの時を待っていたと思われ、がぜん攻めに勢いが出てきた。そして最大のピンチ。上位チームであれば決めきっていただろうシーンはクロスバーに助けられ、続くピンチも相手のシュートが力なかったことで救われた。これ以外にも、優秀なストライカーがいれば決められていただろうシュートは1~2本あって、甲府だったからこの結果で終われただけだというのが現実。勝ちは勝ちだが、あまりに内容がなさすぎる。ミスが多すぎる。攻めの狙いが不明瞭すぎる。昨年のウノゼロとは意味が違う。
 
ゲーム自体もそうだが、特に気に入らなかったのは、スタメンに室屋を右に起用したのなら、なぜ左も小川にしなかったのかという選手起用について。両サイドに若手のクロッサーを張り出させ、左右からタコ殴りにするさまを見たかったのに、結局バランス重視で徳さんを左に回したJFKのセンスに絶望した。若手SB揃い踏みが見たかったサポは結構いたんじゃなかろうか。とはいえ、左右に散らせる司令塔不在ではこのシステムも実現不可能か。昨年の方が、もう少し相手に持たせる時間を作って高い位置でパスカットを狙ってみたりして、引きこもり相手の対策をしていたような気もしたのだが、そんなことも簡単に忘れてしまうみたいだ。
 
あるサイトで、最近の東京は成長する過程が見られないと嘆いているサポの意見を読んだ。そう、このチームには確かに成長が見られない。フィッカデンティの時は、新しい監督のフィロソフィを具現化していく過程が楽しめた。実際、勝てるようになってきて結果も伴っていた。だから、その先に希望も見えたのだ。しかし、今のチームは伸び切っているように見える。小川や室屋といった新しい才能は出てきてはいるものの、ほとんどの選手たちは悪い意味で完成してしまっている。選手個としての可能性が感じられない。東なんかその典型だ。ピークにすら到達していない。くしくもU23代表の歴代10番がこのチームに集まってしまったのだが、過去2人はそのままA代表に上り詰めることもなくくすぶっている。最新エース中島もスタメンレギュラーすら確保できていない状況だ。代表の肩書を持つ選手は非常に多いにもかかわらずチームとして強くなっていかないのは、とりもなおさずマネジメントが欠如しているからではないか。一時期スタメンで出場していた吉本も、モリゲの負傷交代で久しぶりに出てきたと思ったら、いきなり不安な守備を見せてしまう。うまく使えないとすぐに奉公に出してしまうし。ユース年代に力を入れるのはいいが、そこから先の育て方がこのクラブは本当に下手だ。やはり、監督の問題が大きいように思う。育成も含めて10年ぐらい任せられる監督が欲しい。

|

« ファンタジーサッカー2016 第19節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第19節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/63900269

Listed below are links to weblogs that reference 乳母日傘:

« ファンタジーサッカー2016 第19節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第19節レビュー »