« ファンタジーサッカー2016 第18節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第18節レビュー »

July 02, 2016

16年シーズン降格ライン予想

まずは昨年の反省から。折り返しでの予想ボーダーラインは37でした。松本に22の上乗せをしたのですが、折り返し17位の新潟が20上乗せして残留しています(34)。降格16位の松本は結局28までしか勝ち点を伸ばせず、ボーダーラインは予想を大幅に下回り29となりました。16位がしっかり食らいついていけば30点台中盤ぐらいまでラインは上がっていくのですが、昨年は各チーム脱落するのが早すぎましたね。降格チームの予想は完全的中でした。清水、山形、松本ともボトム5対戦成績が揃って良くなかった。上位に勝てず競争相手に蹴落とされたのではたまったものじゃありません。蹴落とし力は残留を占うのに有力なデータになりそうなので、今年も見てみましょう。
折り返し時点ボトムズ5との対戦で得た勝ち点は以下の通りです。
福岡4/12、甲府8/12、湘南6/12、鳥栖7/12、名古屋2/12、新潟10/15、神戸8/15、横浜5/15、仙台9/15(14位以下は4試合分)
<勝ち点化率>
福岡33%、甲府67%、湘南50%、鳥栖58%、名古屋17%、新潟67%、神戸53%、横浜33%、仙台60%
これを見ると名古屋のいい人ぶりが際立って見えます。福岡も厳しい。それと意外と横浜が苦戦していますね。やはりここでも甲府の蹴落とし力が強いです(2勝2分けの負けなし)。ただ、鳥栖、湘南もそこそこ踏ん張っているので、この1~2ポイントが最後どのように響いてくるかでしょう。上位5チームとの対戦ではほとんどのチームが1~2ポイントしか取れていないので、やはり潰し合いのところが終盤大きく作用してきそうな感じです。
これまでの法則から見ると、最下位の福岡は勝ち点が二ケタに乗っているのですが、13以下で残留できたのは08年の千葉だけなので、そうとうな奇跡が起きない限り残留は難しいと言えます。蹴落とし力も弱い。とにかくその上が12位まで団子になっているので、それらを乗り越えていくためには当面の敵を蹴落としながらも最低でも24ぐらいは必要でしょう。前半戦2勝5分しかできていないチームが6勝6分ですよ。不可能とは言いませんが、どれだけというのはよくわかると思います。で、その上は13位から17位まで勝ち点たったの3差です。横一線。神戸も含めて6チームで残り2席を争うイメージですかね。
ここで各チームの補強を見てみましょう。
名古屋:ハ・デソンを東京からレンタルで獲得。
鳥栖:青木を鹿島から完全移籍。
湘南:ウェズレーをブリラム(タイ)からレンタルで獲得。
甲府:ドゥドゥ(元柏)はほぼ決まりの模様。ダヴィは交渉中。一方クリスティアーノが柏に移籍決定。
福岡:三門を横浜から完全移籍。
一応各チームとも動いています。この補強がどんな効果をもたらすかは2ndが始まってみないと分かりませんが、監督変える方が早い場合もあります。今のところそっちの動きはありませんが、何試合か消化すればそんな話も出てくるでしょうね。井原さんはないでしょうが、他の4チームは誰が首になってもおかしくないです。可能性が高いのは鳥栖かな。でも、変えたところにフラグが立ちそうな予感がします。
それでは、降格のボーダーライン予想です。最終節16位チームの後半戦の積み上げ勝ち点の平均が15.36です。折り返しの16位湘南の16に16を足して32。ボーダーは33と置きます。数字的状況としては2007年にちょっと似ていますかね。終盤競り合うと35、36ぐらいまで伸びるでしょう。そうなると神戸あたりまで巻き込まれる可能性はあります。まぁ、とにかく40もあれば残留できますよ。で、チームの方は今年は難しい。福岡はかなりの確度で降格しそうです。残り2席。湘南、名古屋を本命にして対抗鳥栖、穴甲府でどうでしょう。やはり甲府の蹴落とし力は監督が代わっても健在だったというのが味噌ですね。鳥栖は監督変えたら負け。名古屋はやはり蹴落とし力が弱すぎます。トヨタの威光がプレッシャーになると小倉も解任される可能性は高い。今年もオリジナル10からJ2陥落チームが生まれるのか?某サイトで名古屋の課題が明確に示されていたので(後半15分以降の失点が多く、終盤の守り方が徹底できれば勝ちが増える)、その通りの修正ができれば、もともとタレントが豊富なチームですから中位ぐらいには戻るはずです。果たしてハ・デソンは救世主になるでしょうか。

|

« ファンタジーサッカー2016 第18節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第18節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/63836354

Listed below are links to weblogs that reference 16年シーズン降格ライン予想:

« ファンタジーサッカー2016 第18節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第18節レビュー »