« ファンタジーサッカー2016 第16節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2016 第17節 »

June 23, 2016

軽慮浅謀

浦和3-2FC東京
 
不甲斐ないの一言。アウェーで2点も取れば十分なのに、それでも勝てない不思議。一番解せないのは、勝っているチームが先に動くこと。バーンズを前田さんに代えた後、徳さんもひっこめた。徳さんはどこかフィジカルで問題でもあったのだろうか。拳人をSBに下げたことで相当バランスが狂った。押し込まれて最終ラインが薄っぺらい壁になり、バイタルをいいように使われた結果がこれだ。チュンソンに決められたのも、オフサイドラインの上げ損ねが原因。前半は6バックでも中央がそれなりに対応できていたから何とか持っていたが、フィジカルが落ちてくると、中盤の抑えがきかなくなってくるのは予見できる話。そこで、守備力のある前田さんとかプレスバックに長ける河野とか入れるのはわからないではないが、効果は全くなかった。守りに入るならシステムは秀人をアンカーにおいて4-1-4-1にすべきだったと思う(なんだったら吉本をCBに入れて、モリゲをアンカーに上げる手もある)。指揮官は後半3点目を入れることができなかったのが敗因みたいなことを言っているが(なぜバーンズを交代させたのかという記者の質問におっしゃる通りと答える指揮官www)、2点もあって勝てない方が問題だ。ゲームがコントロールできていないということなのだ。鹿島のようにのらりくらりと受け流すゲーム運びはできないものだろうか。このゲームは指揮官で落としたと言っても過言ではない。
 
唯一の光明はバーンズとムリキのコンビは結構破壊力がありそうだということ。フィッカデンティの前後分裂サッカーであっても、このコンビであれば相当得点できるのではないかと思う(ミステルなら2点先制すれば確実に逃げ切れていただろう)。拳人も機を見て前線に飛び出していくプレーが板についてきて、ここのところ得点もできるようになってきているのも心強い。4-3-1-2で、ボランチはヨネ、秀人、拳人、トップ下が悩ましいが中島をここにおいて外人2トップなんていうのはどうだろうか。

|

« ファンタジーサッカー2016 第16節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2016 第17節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/63818617

Listed below are links to weblogs that reference 軽慮浅謀:

« ファンタジーサッカー2016 第16節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2016 第17節 »