« ファンタジーサッカー2016 第17節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第17節レビュー »

June 27, 2016

合浦珠還

横浜FM0-1FC東京
 
ポゼッションは若干上回ったような感じだったが、双方攻め合い守り合い、結局決勝点はセットプレーからだったが、拮抗した良いゲームだったんではなかろうか。負傷交代で入った平山が決めたのは偶然の産物とはいえ、セットプレーにおける東京の武器であることには違いない。齋藤学にあわやというシュートを打たれたりもしたし、結構危ないシーンはあった。それでも、全員が体を張ってゴールを守り切って何とか折り返しで五分の星に戻すことができた。振出しに戻るである。この勝ち方は、どうしたって昨年のチームのやり方を想起させてしまう。その意味でも振出しに戻る感が強い。JFKの4-4-2へのこだわりは、前任者への対抗意識なのかもしれないが、攻撃面においてそれが機能しているとは今のところはまったく思えない。東のサイドは言うに及ばず、陽平を久しぶりにボランチに入れても前線は活性化しなかった。スタメンを固定しないのか固定できないのか。おそらく後者ではなかろうか。今のところはみな団栗の背比べでベストな布陣が定まっていない。それでもチーム力自体はそんなに不安定なわけではないのが救いだ。2010年は変えるたびにグダグダになっていったが、今季降格する心配はおそらくないだろう。結局突き抜けるタレントがいないから3連続引き分けだったり、2-0から逆転負けを喫してしまうということなのだ。そんな中、ハ・デソンがレンタルで名古屋に放出された。名古屋は新潟のレオを狙っていたのだが、亀田製菓に一蹴されてしまい、その代わりにデソンに目をつけたらしい。それにしても、JFKは使い切れなかったな。指揮官にとって何が不満だったんだろうか。ボールは取れるしキープもできるしパスセンスもまずまずのような気がしたが、何か足りないから出されるのだろう。何が問題だったんだろうか、ちょっと知りたい。
 
さて、6勝6敗5分の9位と見事なアベレージ飛行。ほんとに元に戻ってしまった。すぐに2ndが始まる。ここからがニューJFKの本気だというところを是非見せて欲しいものだ。

|

« ファンタジーサッカー2016 第17節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第17節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/63835017

Listed below are links to weblogs that reference 合浦珠還:

« ファンタジーサッカー2016 第17節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第17節レビュー »