« ファンタジーサッカー2016 第9節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第9節レビュー »

May 02, 2016

馬耳東風

FC東京0-1福岡

主審扇谷さんの記念すべき200試合目に当たったこのゲーム。カードの大盤振る舞いが予想されたが、その期待に違わず両軍合わせて4枚の黄色紙が乱れ飛んだ展開にはおかしかった。しかも、その締めくくりは、J1昇格初勝利目前のアウェーチームに対して非情のPK判定。扇谷劇場ここに極まれり!確かに腕に当たったみたいだが、これは流石に可哀想だと思った。わが軍の出来を見るにつけ懲罰的に負けるのはある意味必然とも思えたからだ。しかしながら、あろうことかこのPKをモリゲがクロスバーにぶち当ててしまう。‘いい人東京’全開だ。そのままゲームセットの笛が鳴る。この衝撃的な幕切れに、ホント笑うしかなかった。
アクションだ、ポゼッションだと前任者の仕事を否定してかかるのは世の常だが、この日のサッカーは平山めがけての縦ポンサッカー。福岡のウェリントン作戦とまるっきりやってることは同じだ。先制された場面はフリーキックのリフレクトにモリゲがウェリントンのマークを一瞬外してしまったからという単純ミス。モリゲも連戦で集中力が続かないのだろうか。最後のPK外しといい、選手のコンディションを見極めるのも指揮官の重要な仕事だろうに。相棒の丸はここ数試合プレーが不安定で、特にクリアがあまりに無造作のために、簡単に敵にわたって逆襲の起点になってしまっている。失点シーンでもう一つ気になったのは秋元のポジショニングだ。ループ気味に飛んだとはいえ、あれは弾き出せたのではないかと思う。彼の守備力もチームのパフォーマンスに悪影響を与えているのではなかろうか。
攻撃陣は輪をかけて酷い。とにかくフィニッシュまでもっていくことができない。裏を狙うそぶりもない。まぁ、スルーパスを出せる奴がいないからそれも致し方ないのだが。相変わらずトップにボールも収まらず、まともにアタッキングサードまでボールを運ぶこともできない。このやり方であれば、まだポポさんのサッカーの方が可能性があったし魅力的でもあった。JFKのサッカーは何がやりたいのかがわからない。どうやってゴールを奪うのか、その戦術的なプロセスがまったく見えない。そこに大きなストレスを感じるのだ。フィッカデンティはリアリズムに徹して結果を導き出した。JFKのサッカーはできもしないことを求めてばかりいて、寝ぼけているだけだ。選手編成に大きな変化がないのにこの結果の違いが生まれているのは、とりもなおさず監督というパーツの出来不出来なのだ。これは自明のことである。クラブが本当にトップを取るという宣言を取り下げないのであれば、早く監督を代えるべきだろう。柏はメンデスを首にして下平を監督にした途端調子を取り戻した。そういう話だ。もし、引き続き指揮をとらせるのであれば、フロントはサポーターに対して合理的かつ納得性のある説明をすべきだろう。このままでは、本当に誰も納得せずシーズンがつまらないままダラダラと過ぎて行ってしまう。それはとりもなおさずSOCIOに対する裏切り行為に他ならない。

|

« ファンタジーサッカー2016 第9節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第9節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/63568564

Listed below are links to weblogs that reference 馬耳東風:

« ファンタジーサッカー2016 第9節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第9節レビュー »