« ファンタジーサッカー2016 第13節レビュー | Main | 伊賀野アウト&リターン »

May 25, 2016

一落千丈

上海上港1-0FC東京(TV観戦)
 
ゲーム終盤守勢に回って圧力を掛けられたとき、JFKが切ったカードは丸を投入しての5バックだった。結果論でしかないが、システムを4-4-2に動かしたあたりからバランスが崩れていったような気がしてならない。押し込まれたときに跳ね返すにしても、中盤でセカンドボールをキープして押し戻すだけの力がなかった。やはり中盤を厚くして、壁を二重にすべきだったのではないかと思ってしまう。4バックのままで疲れの見えた拳人を一列前に出して、ヨネ、高秀、拳人の3ボランチで中央を固める(スタートの4-3-3にしてもインサイドハーフの位置は低めで3ボランチに近かった)。どうしたってバイタルで前を向かれてしまえば危険度は高まるし、後ろから走りこまれたら5バックとはいえ一巻の終わりだ。ボックスに入れさせない、中央からシュートを打たせないがまず優先されることではなかっただろうか(まぁ、ヘッドの競り合いではかなり負けていたので、サイドから放り込まれた時のリスクも相当高かったが)。最後のシーンは拳人が残ってしまっていたのでオフサイドが取れなかったし、秋元もこぼさずキープするなりサイドにそらして出すなりができればよかったが、いずれも圧力がかかった状態では冷静かつ機転の利いた判断はできなかった。最初から0-0を狙っていたとは思いたくないが、仮にそうだとして、最後の最後でそのミッションが達成できなかったのはチームの地力が足りなかったということだ(得点できなかったということも含めて)。それにしても、もうちょっとやりようがあったのではないか(特に采配において)、勝てない相手ではなかっただけに本当に悔いの残る一戦だった。リーグ戦がこの調子だし、来年再びACLの舞台に立つのはなかなか難しそうだ。次は何年後になることやら。

|

« ファンタジーサッカー2016 第13節レビュー | Main | 伊賀野アウト&リターン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/63681492

Listed below are links to weblogs that reference 一落千丈:

« ファンタジーサッカー2016 第13節レビュー | Main | 伊賀野アウト&リターン »