« ファンタジーサッカー2016 第12節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第12節レビュー »

May 14, 2016

魯魚之誤

FC東京0-0鳥栖
JFKはフィッカデンティを意識してなのか4-3-3を採用し、高秀先生をアンカーに、インサイドハーフに米とソータンを並べ、左に阿部右に河野をワイドに開かせた。フィッカデンティは代名詞の4-3-1-2で守りを固めてきた。東京が押し込む形でゲームは進むものの結局スコアレスドロー。前任者を超えることはできなかった。こうしてみてしまうと、今の鳥栖はマッシモ東京1年目と同様で、まず守りのコンセプトを固めている最中で、まだ攻めのステップまで行っていない印象をもった。豊田というスペシャリティはいるものの、彼を生かすパッサーやクロッサーが鳥栖にはいないし、そういう攻めを作りえていない。豊田も頭を中心とした点で合わせるタイプのストライカーだから、あまりカウンターは得意ではなさそうだ。来年の補強ではその辺テコ入れが入るだろう。
さて、そのミステルが今年の東京を指揮していたとしたらどうだっただろう。コースケは出て行っていまったが、小川という代役が出てきたし、ムリキというスペシャリティが加入したことで、前後分断サッカーにもスピード優先のカウンターにも対応できそうだ。昨年の得点力不足は相応に解消されたかもしれない。しかし、彼は敵チームの監督なのだ。そしてわが軍にはJFKがいる。せっかく築いてきた守備コンセプトが崩壊しかけて、すべてが台無しになりそうだったが、前節の湘南戦に続きクリーンシートを達成し、ひとまず危機的状況への道は回避されたように見える。しかし、得点力は相変わらずだ。確かに高秀先生のミドルは素晴らしかった。そのあとの阿部のシュートも徳さんのヘッドも惜しかった。でも、90分通じて本当に取れそうなところはATの拳人ヘッドも含めて片手もあまる程度。実際シュートはわずか8本だった。このゲームではこれまでになく徳さんが積極的にクロスを供給していたが、それでも深い位置からのものが多く正直効果的なものではなかった。小川もマイナスに戻してほしいところを水平に出したりと、決定的な仕事はできなかった。なんだろうか、この消化不良な感じ。どこか何か間違っているようなモヤモヤ感。新しい監督を迎え似たような状況のわが軍と鳥栖ではあるが、それでも鳥栖のサッカーのほうが現状を理解しやすい気がする。まぁ、いかに我慢できるかというのはお互い共通なのかもしれないが。我慢した結果を一度味わっている身としては、他人の芝生のほうが(実績もあるわけだし)どうしたって青く見えるものだ。ここですっきり勝って信任したかったが、これではまだまだ先送りにせざるを得ない。

|

« ファンタジーサッカー2016 第12節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第12節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/63627639

Listed below are links to weblogs that reference 魯魚之誤:

« ファンタジーサッカー2016 第12節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第12節レビュー »