« ファンタジーサッカー2016 第7節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第7節レビュー »

April 18, 2016

中村憲剛

FC東京2-4川崎

打ち合い上等とか煽りPV作るからこんなことになるw。 お互いミスした方が負け、気を抜いた方が負けという、観方によるとちょっと間抜けなゲーム展開の結末は、やはり最後まで集中力を保ち続けられたチームのものになったわけで、これは正当な結果と言わざるを得ない。アディショナルタイムの川崎のダメ押しゴールはそれを象徴していたように思う。あの時間で、カウンターチャンスと見るや猛然とドリブルを開始した憲剛がすべてだ。90分以上動き続けてなお、ファーのエウシーニョを見て絶妙のクロスを上げることができる体力と技術、そして精神力。突出していたように思う。実際、立ち上がりからボランチの位置でゲームをコントロールして、大久保の1点目なんか見事としか言いようがない(あれに小川がついていたなんて、うちのDFは何を見ていたんだろう)。取られても取り返せる力がある、川崎が首位にいる理由が良くわかった。 対して我が軍は、メンバーのコンディションなどを考えてのことだろう、バーンズとソータンがスタメンに名を連ねた。バーンズはその起用に応えて先制点を生み出すという結果を出した。一方でソータンは違いを生み出せず。2点目は小川の良さが出た一発で、ほぼ彼の得点と言ってもいいだろう。実際スタンドから見ていてOGじゃないかと思ったぐらいだ。さて、2度のリードを守れなかったというストーリー展開だが、このゲームを怪しくしてしまったのはヨネと丸の二人だった。特に丸は不用意なクリアやポジションミスで失点に絡んでしまった。ゲーム終盤は特に集中力を欠くプレーが散見された。あれなら吉本の方がまだよかったかもしれない。2-1になったところでどう進めていくかはっきりしなかった感じはした。押し込まれて大久保にPK攫われたのも、どこかで気持ちが受け身になりすぎたからではなかったか。去年であれば、そこを踏ん張って1点差で勝てた流れだ。同点にされて、ホームとして点を取りにいかなければならないという状況に対して、攻撃のカードを切るのはいいとしても、前線のプレスを捨てて平山やムリキを投入すれば、中盤省略の殴り合いになることは自明だったろうに、博打のような采配を見るにつけ、本当にフィッカデンティを袖にしてまで迎え入れなきゃならなかったんだろうかと、改めて思ってしまう。攻撃に意図があった川崎に対して、出たとこ勝負の東京。平山を入れても大作戦にはならなかったし、ムリキをどう使うかもはっきりしていないように見えた(終盤ヨネが最前線で追い回して、ムリキが左サイドに出ていたが、守備時左サイドにボールが入った時は結構ドキドキものだった。憲剛のカウンターも結局こっからだったし)。 まぁ、このゲームは本当にネガなことが多かったが、唯一ハ デソンには感心させられた。とにかくよく周りが見えている(ヨネなんか一方向に走り始めてダメだとわかると止まってUターンしたりするが、ハ デソンはそう言った無駄なプレーがほとんどない=常に前を向いてプレーしている)。スペースを埋めつつ果敢にボールアタックするし(たまにちょっと荒くなる時があるので注意が必要だな)、ボールの受け方出し方も安定している。相手のいなし方なんか結構お洒落だ。いいボランチを見つけてきた。憲剛とまではいわないが、今うちに足りない前線を活性化するパスに期待したい。直近ACLの大一番では活躍してくれるだろう。

|

« ファンタジーサッカー2016 第7節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第7節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/63503346

Listed below are links to weblogs that reference 中村憲剛:

« ファンタジーサッカー2016 第7節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第7節レビュー »