« ファンタジーサッカー2016 第3節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2016 第4節レビュー »

March 18, 2016

ファンタジーサッカー2016 第4節

わが軍は鬼門のカシマなので今節はミニマムです。せめて引き分けで帰ってきてほしい。鉄板は赤軍なんですが掟があるので使えません。その他のカードとなると勝敗含めて難しい。なんとなく川崎、横浜、名古屋に寄せました。気になるところでは、川崎が完封できるかどうか=川崎DF陣とか、大宮と広島の前線あたりでしょうか。ムルジャあたりはまだ確変続いているような気がしますが、あえてシモビッチにCです。
【mini】(第4節)
GK飯倉(横浜)
DF森重(東京)
DF安田理(名古屋)
DFファビオ(横浜)
DF古林(名古屋)
MF中村俊輔(横浜)
MF橋本拳(東京)
MF大島僚太(川崎)
FWジェイ(磐田)
FW小林悠(川崎)
FWシモビッチ(名古屋)C
さて、ACLのわが軍は江蘇とは引き分けました。内容は全く見ていないので風聞ですが、現場はとにかく守りから入るようにしたようです。JFKがどう思うのかはわかりませんが、この現場の判断は正しいと思います。であるならば、なぜフィッカデンティを袖にしたかということにもなる話なのですが、それでも、ピッチで戦っている彼ら自身がこれまでやってきたことを肯定し自主的に復習しようとする姿勢は買いです。昨年の武器(ヨッチとコースケ)がない中、ポゼッションして押し込むだけでは点は取れないことはわかり切った中で、JFK16年バージョンがどういうアプローチをしてくるか。金があれば江蘇や広州恒大のようにスーペルな点取り屋を持ってこれるんですがね。やっぱりバーンズやサンダサでは格が落ちる。何とか勝ち点4で折り返しましたが、勝ち残るには最低でも10(2勝)は欲しいところ。なので、とにかくアウェーの江蘇は最低でも引き分け、ホームの全北戦は勝利は必須。あとは状況次第でアウェーのビンズオン戦で要求される勝ち点次第で戦い方も決まってくるはずです。

|

« ファンタジーサッカー2016 第3節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2016 第4節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/63361783

Listed below are links to weblogs that reference ファンタジーサッカー2016 第4節:

« ファンタジーサッカー2016 第3節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2016 第4節レビュー »