« ファンタジーサッカー2016 第1節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第1節レビュー »

February 29, 2016

旧態依然

FC東京0-1大宮
この道はいつか来た道。‘ムービング’が‘アクション’に変わってもやってることは大差ない。ボールを動かしているつもりでもディフェンスは動かないから剥がせない。パスがどこに出てくるかわかり易いから、もっとディフェンス力のあるチームだったら簡単にインターセプトされてカウンターの雨霰だったことだろう。ほんの数回のカウンターチャンスを点に結びつけられて(あのシーンは丸が振り切られたことがすべて。黄色覚悟で止めるべきだった)、攻めにせめても得点の臭いがしたのはクロスバーに跳ね返された1本ぐらい。完全に大宮の注文通りのゲームだった。前半左サイドで細かくパスがつながって拓馬がフィニッシュまでもっていったプレーは良かった。ああいったスムースに人とボールが動いてDFを置き去りにするような攻撃がどんどん出てくるものと期待していたら、結局大半の攻撃はアタッキングサードで停滞してしまう。あー、この風景はどっかで見たよな、と。
スクランブルで右SBに入った拳人は大宮に狙われるし、前の水沼と意思疎通がうまくいかず、水沼がずいぶんカリカリしていた。それにしても水沼を前半で退いたのは何が原因だったんだろうか。そこまで悪いとも思えなかったが。それよりプレースキッカーを下げてしまったので、後半はいよいよセットプレーから点の臭いがしなくなってしまった。前田さん消えてたなぁ。東は裏を狙っていたけれど、それもオフサイドにかかりまくって成果なし。徐々に大宮のブロックが自陣深くに下がってからはスペースが全くなくなってしまった。こうなるとお手上げだ。翔哉が左サイドから攻撃を作るにしてもゴールまでの距離が遠すぎてまったく怖さがない。ソータンも久々だったが見せ場なしだ。一体全体どうやって点を取るつもりだろうか。善し悪しは別にして、フィッカデンティのサッカーは単純明快でわかり易くかつ効果的だった。また、同じボールと人の連動を謳う小倉グランパスはいいプレーを見せて名波ジュビロを撃破した。いきなり力が劣るとみられるJ2上りのチームにホームで負けていたんではファーストステージ優勝も夢のまた夢。先が思いやられる。
カードと寒さのせいもあってホーム開幕戦なのに3万も入らないのは問題じゃなかろうか。自分の身の回りでもソシオをドロップしたのが今年は2名出た。こんなゲームが今後続くようだと特に古いファン層は離反者が増えるんじゃないかと思う。たった1試合で決めつけるのもなんだけれど、今シーズンは昔にまた逆戻りで、勝ち点40、早期残留を目標にやっていくしかないかもしれない。ACLはかなりの足かせになりそうだ。個人的に、開幕3戦で勝ち点3未満であれば即更迭ぐらいの腹積もりでゲームに臨んでほしいものだ。
P.S.やっぱりクリスティアーノは取るべきだったんだよ。

|

« ファンタジーサッカー2016 第1節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第1節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/63279985

Listed below are links to weblogs that reference 旧態依然:

« ファンタジーサッカー2016 第1節 | Main | ファンタジーサッカー2016 第1節レビュー »