« January 2016 | Main | March 2016 »

February 2016

February 29, 2016

旧態依然

FC東京0-1大宮
この道はいつか来た道。‘ムービング’が‘アクション’に変わってもやってることは大差ない。ボールを動かしているつもりでもディフェンスは動かないから剥がせない。パスがどこに出てくるかわかり易いから、もっとディフェンス力のあるチームだったら簡単にインターセプトされてカウンターの雨霰だったことだろう。ほんの数回のカウンターチャンスを点に結びつけられて(あのシーンは丸が振り切られたことがすべて。黄色覚悟で止めるべきだった)、攻めにせめても得点の臭いがしたのはクロスバーに跳ね返された1本ぐらい。完全に大宮の注文通りのゲームだった。前半左サイドで細かくパスがつながって拓馬がフィニッシュまでもっていったプレーは良かった。ああいったスムースに人とボールが動いてDFを置き去りにするような攻撃がどんどん出てくるものと期待していたら、結局大半の攻撃はアタッキングサードで停滞してしまう。あー、この風景はどっかで見たよな、と。
スクランブルで右SBに入った拳人は大宮に狙われるし、前の水沼と意思疎通がうまくいかず、水沼がずいぶんカリカリしていた。それにしても水沼を前半で退いたのは何が原因だったんだろうか。そこまで悪いとも思えなかったが。それよりプレースキッカーを下げてしまったので、後半はいよいよセットプレーから点の臭いがしなくなってしまった。前田さん消えてたなぁ。東は裏を狙っていたけれど、それもオフサイドにかかりまくって成果なし。徐々に大宮のブロックが自陣深くに下がってからはスペースが全くなくなってしまった。こうなるとお手上げだ。翔哉が左サイドから攻撃を作るにしてもゴールまでの距離が遠すぎてまったく怖さがない。ソータンも久々だったが見せ場なしだ。一体全体どうやって点を取るつもりだろうか。善し悪しは別にして、フィッカデンティのサッカーは単純明快でわかり易くかつ効果的だった。また、同じボールと人の連動を謳う小倉グランパスはいいプレーを見せて名波ジュビロを撃破した。いきなり力が劣るとみられるJ2上りのチームにホームで負けていたんではファーストステージ優勝も夢のまた夢。先が思いやられる。
カードと寒さのせいもあってホーム開幕戦なのに3万も入らないのは問題じゃなかろうか。自分の身の回りでもソシオをドロップしたのが今年は2名出た。こんなゲームが今後続くようだと特に古いファン層は離反者が増えるんじゃないかと思う。たった1試合で決めつけるのもなんだけれど、今シーズンは昔にまた逆戻りで、勝ち点40、早期残留を目標にやっていくしかないかもしれない。ACLはかなりの足かせになりそうだ。個人的に、開幕3戦で勝ち点3未満であれば即更迭ぐらいの腹積もりでゲームに臨んでほしいものだ。
P.S.やっぱりクリスティアーノは取るべきだったんだよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2016

ファンタジーサッカー2016 第1節

今期はYahoo!がまたもやドロップしてしまいminiだけになりました。Yahoo!は一体何がしたいんだろうか。
さて、毎度のことですがシーズンの立ち上がりは情報に乏しく、特に他チームのことはまだよくわかりません。15年シーズンの実績ベースで選ぶという手もありますが、とりあえずオープニングはわが軍中心で編成しました。ただ、開幕前に駒野とハ デソンをけがで欠くことになり、さらにモリゲもちょっと怪しいとなると大宮相手でも苦戦しそうな雰囲気が漂っています。
今のところ誰が代わりに出てくるのか、ちょっと見当がつきませんね。ということで、堅いところ以外は他チームのなんとなくよさげな個人で埋めてみましたよ。
それから、当然ながら今期も掟は継続します。
【その1】赤軍は絶対使わない
【その2】当該節のわが軍の対戦相手からは使わない
【その3】各節わが軍から最低2名はエントリーする
さぁ、今シーズンも頑張ってまいりましょう。とりあえずは目指せプロリーグ復帰!!
【mini】(第1節)
GK秋元(東京)
DF森重(東京)
DF徳永(東京)
DF丸山(東京)
DF岩波(神戸)
MF水沼(東京)
MF米本(東京)
MF鎌田大(鳥栖)
FW豊田(鳥栖)C
FW渡邊千(神戸)
FW浅野(広島)
ACL初戦はテキスト情報だけだったのでよくわかりません。2-0になった時点で試合は決まりましたが、1点返せたのはせめてもの救いです。おそらく全北がグループNo.1でしょうから、2位抜けに向けて得失点も重要になってきます。それにしても、やはりチーム力とは基本の個のレベルの積算がベースなのだなとつくづく思いますね。特に攻撃のタレントはスキルの差が大きい。相変わらずブラジル人はその辺優れています。だから、うちもクリスティアーノ取ればよかったんですよ。江蘇もブラジル人補強を進めていますから、2位候補としてあなどれない。もしかすると次節全北といい勝負をするかもしれない。そうなるといよいよもって厳しくなってきますよ。とにかく次節のホームvsビンズオンは必勝でしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2016

4年ぶりのACL

ACLプレーオフ

FC東京9-0チョンブリ

普通にやれば問題ないだろうとは思っていたが、この大差にはちょっとびっくりした。この得点力が本物かどうかは、23日のグループ最強と目される全北との対戦で明らかになるだろう。また、その結果はJリーグへの展望にもつながってくる。J3も含めてしょっぱなから選手たちはフル回転になりそうだ。メンバー固定していたら到底乗り切れないスケジュールが待っている。すなわち、どの選手にも出場のチャンスがある。その意味で、最後に合流した室屋にもしっかり働いてもらわないといけないことになるだろう。基本はJ3だろうが、徳永、駒野のベテラン勢を押しのけるぐらいの気持ちでやって欲しいし、それはどのポジションにおいても若手はすべて同じだ。団栗の背比べではなく、ヤシの実の背比べぐらいで競って初めて進歩がある。そうすれば、シーズンも進むにつれて自ずとチーム力は上がっていき、ACL制覇に向けて可能性も広がっていくのではなかろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2016

アジアチャンピオン

U-23韓国代表2-3U-23日本代表
2点目が入ったとき正直寝ようかと思いました。あれだけ堅い守備を誇っていたにもかかわらず、韓国には流れの中から見事に崩されわけで、普通2点もあれば楽勝でしょ。ところが、ばかちょんは調子こいてさらに点を取りに来た。韓国らしいというか、これが墓穴を掘ることになりました。テグさんは後半韓国のフィジカルが落ちることを見越したゲームプランを立てていたけど、流石に2点入れられたときは焦ったんじゃなかろうか。とはいえ、ここまであっさり逆転できるとも思っていなかったんじゃないか。何にしても、この勝利は韓国が日本をなめ腐ってくれたお陰であります。
とはいえ、もろ手を上げて喜んでいるわけにもいきません。結局テグさんの戦略戦術は南アフリカののび太に通じるところがあり、守って相手がへばったところでカウンターという戦い方なわけです。つまりは弱者の戦術。本大会でも守勢に回る試合は多いでしょうが、点を取られる可能性は拡大するし、点を取れる確度も低下するでしょう。それが世界レベルなのですから。どこからでも点が取れるというのはこのチームの良さです。ディフェンスに的を絞らせない意味でも効果的だと思います。課題は中盤の守備とトランジションした時の最終ラインからの繋ぎの精度でしょう。FW陣はもっとしっかり収めてやらないと厳しいですね。どのポジションもレベルアップが必要です。あと半年もない中で、メンバーも23人が18人に絞られ、さらにOAも使うとなれば15人しかリオには行けないのです。今回は選外のメンバーが選ばれる可能性だってあるわけですから、最終便に乗るには更なる精進が必要です。
さて、大会MVPにはまさかの翔哉が選ばれました。中東の人も良くわからないんで10番にしとけばってな感じだったのではないかと勘繰るぐらいの意外な人選でした。そのMVPもクラブチームに戻ればスタメン確保も難しい状況です。U23年代アジアNo.1プレーヤーがトップリーグでスタメンレギュラー張れないんですから、FC東京というチームもなかなか大したものですよw うちにもまだリオへ行く有資格者はいます。すでにテグさんのベースが出来上がっているので割り込むのは簡単ではないですが、チャンスがある以上はそこへ向かって頑張ってほしいですね。
本選では韓国と再戦して完膚なきまでに叩きのめして、ロンドンの借りを返してもらいましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2016 | Main | March 2016 »