« ファンタジーサッカー2015 第31節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第31節レビュー »

October 19, 2015

獅子博兎

FC東京1-2湘南

完全に走り負けていたし球際も負けていた。ヨネや秀人が中盤でギリギリのところで応戦していたが、まったく余裕はなかった。トラッキングデータを見てもそれは明らか。確かに多く走ればいいっていうものではないが、湘南の方が攻守に積極的だった印象は数字が裏付けている。終盤湘南の永木が足をつりながらそれでも懸命に走っていたのを見るにつけ、サッカーの原点、基本の大切さを改めて思い知る。一昨年降格が決定した因縁の味スタで、勝ち点1を挙げれば残留が決まるという明確なモチベーションに対して、東京も2nd優勝というモチベーションはどれほどのものだったのか。その気持ちの差がこの結果のように思えて仕方がない。せっかく前節広島で首位を蹴飛ばしても、この敗戦がそれを無に帰してしまう。上位であるならば、それにふさわしい戦いをしてほしいと思うし、中位以下は蹴散らすぐらいの力強さが欲しい。それが、高いところからプレスに対応するのが精いっぱいは情けない。終盤ハーフコートゲームになっても点が奪えないのは情けない。相手が5バックでサイドに蓋をしてくることは事前に予想されたことだし、もうちょっとうまく攻めることができたんではないだろうか。手を抜いたとは思わないが、これが全力なのかと思うと、優勝争いなんか夢のまた夢である。こんな感じだと、次節浦和にチンチンにされないことを願うばかりだ。

コースケは調子が悪そうだった。クロスの精度は低く、カウンターを受けた時の戻りもキレがなかった。モリゲは相手のハードタックルに痛み前半で交代。ミステルは既定路線で吉本を投入したが、バックラインからのゲームの組み立ては丸に依存する形になり威力は半減した。管理人さんは徳をCBにスライドさせ陸を入れた方が良かったと言っていた。確かに徳がサイドに張るよりはクロスの本数は増えただろうが、その分守りのリスクも上がるから善し悪しがある。攻めの方は、タマが秀人に出したラストパスは久々に崩した感が強かったプレーだったが、肝心のフィニッシュがあれではしょうがない。秀人は相手のラフプレーとその裁定に随分レフェリーに言ってたみたいだ。そこも冷静に乗り切らないといけない。さて、このゲームで最大のやらかしはブラダだろう。ゴールラインギリギリに止まったボールをラインを割ったと思い込み、ボールを運ぶ途中で自分で割ってしまったことで相手にみすみすCKを献上した凡ミス。湘南の先制点も、遠めのシュートのセービングミスから生まれたものだし(最初のシュートは枠外だったのでは?権ちゃんなら見送っていたかも)、プレースキックは相変わらず飛ばないし、なんとも頼りない。

全体的に攻めも守りもちぐはぐだった。広島戦はラッキーゴールで勝ち点3に終わったが、内容的にも緊張感があって攻守にメリハリが効いていて充実感があった。それが安定的に持続しないうちは優勝は難しいだろう。守るだけでは勝ち点3は入ってこないのだから。そして、湘南のように相手との力関係が逆転するときに、確実に勝ち点3を取れないようでは先に進むことはできない。勝利へのこだわりが完全に空回りした一戦だった。

|

« ファンタジーサッカー2015 第31節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第31節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/62507414

Listed below are links to weblogs that reference 獅子博兎:

« ファンタジーサッカー2015 第31節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第31節レビュー »