« August 2015 | Main | October 2015 »

September 2015

September 30, 2015

ファンタジーサッカー2015 第29節レビュー

横浜が期待外れでした。鳥栖も厳しかったですね。ホームで全然勝てない。広島のアウェー5点は意外でしたが、予想してもスコアラーは当てることができなかったですから、あまり関係ないかもです。miniはスコアラー3人当ててまずまずでしたが、それでも順位はちょろっと上がっただけ。流石プロリーグです。Yahooも東京以外はほぼ全滅でポイントは自分の平均を上回りましたが順位は若干後退しました。

【Yahoo】(Week24)
GKブラダ アブラモフ(東京)…12Fp
DF森重(東京)…10Fp
DF太田宏(東京)…15Fp
DF塩谷(広島)…5Fp
DF菊池直(鳥栖)…3Fp
MF鎌田大(鳥栖)…0Fp
MF齋藤学(横浜)…4Fp
MF米本(東京)…11Fp
FW前田遼(東京)…15Fp
FW豊田(鳥栖)…1Fp
FW指宿(新潟)…3Fp
合計…79Fp 通算…1753Fp
5514位/132664(↓28)

【mini】(第29節)
GKブラダ アブラモフ(東京)…8fp
DF田中マ(名古屋)…9fp
DF太田宏(東京)…9fp
DF森重(東京)…7fp
DF徳永(東京)…8fp
MF中村俊(横浜)…4fp
MF齋藤学(横浜)…3fp
MF米本(東京)…6fp
MF遠藤康(鹿島)…10fp
FW前田遼(東京)C…10fp
FWアデミウソン(横浜)…3fp
合計87fp 通算…288fp
チーム時価 +3590
129位/188(↑23) プロリーグ

さあ、残り5つです。清水、山形は新潟と8差。新潟に余程のことがない限りほぼほぼ降格決定と言っていいでしょう。残り一つ、松本は新潟と5差。残りゲームを考えるとギリギリです。新潟との直接対決で勝利することは大前提として最低でもあと2つ、3勝して9上積みは欲しいところ。新潟がこれに追い付くには1勝1分けが必要です。得失点差は6。勝ち点で追いつく場合に、最終的に並ぶかどうかは微妙なところですね。松本はとにかく次の清水戦と31節の新潟戦勝利は必須条件です。

ACL準決勝は1st Leg、アウェーで1-2と惜敗も、ゴールを奪えたのはせめてもの慰めですかね。リードしていただけになんとか引き分けぐらいには収めたかったところですが、ホームで1-0なら勝ちですから、何とか頑張ってもらいたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 29, 2015

ナイトクローラー

人の不幸は蜜の味とはよく言ったものだが、ここまで食い物にする人生もあるのかと驚きを隠せない。原題を直訳すれば「夜這い回る者」。「crawler」には‘爬虫類のような這い回る動き’とか、スラングでは‘ごますり野郎’という意味もある。これほど作品の中身を端的にあらわした題名も最近では中々見当たらない。主人公ルイス・ブルーム(ジェイク・ギレンホール)こそゲスの極み(どこぞの芸人なんぞ足元にも及ばない)。そこで終わるのかという不安をよそに見事終わってしまったラストといい、ここ数年ではお目にかかったことのない衝撃作である。(ネタバレ。見たいと思っているなら読むべからず)

Continue reading "ナイトクローラー"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 28, 2015

意志堅固

FC東京1-0松本

とにかく勝っただけというゲームだった。最近のインタビューでにゅうさんが、これまでのパスサッカーの積み上げを一端脇に置いてでも今はなりふり構わず勝つことにこだわっていると言っていた。その言の通り内容的には乏しいものだった。チャンスはカウンターとセットプレーのみ。ポゼッションしながら流れの中から得点の香りは全くしない。松本が高い位置からプレスをかけてきたこともあって、たまにいい縦パスが低いところから入ったりはするのだがその先が続かず、シュート欠乏症は解消される気配がない(シュートは両チームともに9本)。ボトムズチーム相手にポゼッションで圧倒できない(あえてしない?)チームも情けない気がする。まぁ、相手は降格寸前のところまで追い詰められているので必死なのはわかるが、そんな相手に球際でも負けてしまっていては話にならない。しっかりボールも持たれて押し込まれてなお点を奪われなかったのは、とりもなおさず相手のクオリティによるものだ。攻撃力のあるチームにこれをやったら間違いなくやられる。初先発のサンダサは左サイドに流れることが多く、前半一度裏に抜けてGKと1対1になったチャンスがあったが決めることができなかった。それ以外はあまり効果的な動きはなく、そのせいか後半早々にバーンズと交代させられた。代わりに入ったバーンズもチャンスを決めきれなかった。最後の最後で拳人が足をつり(治療でボールを外に出したが松本はスローインから攻撃開始。マナー違反ではあるがミステルはゲーム後理解を示したという。ただ、これが同点で終わっていたらひと悶着あったかも)、代わりに吉本が入って5バックでATをしのぎ切った。そういう割り切りもいいが、攻め込まれるのはやはりリスクがある。そういえば攻撃は最大の防御と嘯いていた指揮官もいたな。ショートカウンターが少なかったのは、このゲームも出場停止だった秀人の不在によるところも大きい。ヨネがアンカーに回ると、前目でボールを狩る人間がいなくなるため、どうしてもボール奪取のポイントが低くなってしまうからだ。にゅうさんも拳人もボール奪取能力はそれほど高くない。秀人は最近前へ出るようになってきたし、中盤の3人がいかに点に絡めるかが攻撃のポイントであることに変わりはない。

この後上位の広島と浦和と対戦する。その時にこのサッカーで本当に勝ち抜けるのかというと個人的には非常に懐疑的だ。確かに守備が大崩れする可能性はかなり低くなった。しかし、得点は相変わらずバリエーションに乏しく、スコアラーも偏重している。また、上位の両チームとも3-4-2-1システムでピッチの幅目いっぱいに使ってくる。スライドする守備とはこれまでの対戦を見てもあまり相性が良くない。かといって4-4-2にしてしまうと、現状守備的なシステムでしかないので、いよいよセットプレーでしか点が取れないだろう。ウノゼロはカルチョの醍醐味ではあるけれど、見せ場の少ないゲームは退屈だ。いずれにしても、上位2チームを撃破しないことには優勝も3位以内もありえない。ラスト5戦はフィッカデンティのチーム作りにおける最終試験といったところだ。そんなわけで、次節は広島の現地に乗り込み、彼らの勝つためのサッカーの行く末を見届けてこようと思う。

【付記】松本はこの敗戦で本当の瀬戸際に追い込まれた。15位の新潟が負けたため、勝ち点差は5のままだが、残りゲーム数と差が同一となり、追いつくのが精いっぱいという状況になった。すでにその下の山形と清水は降格がほぼ確定しており、松本も次の清水戦を落とすと当確マークを打たざるを得ない。こんな時に限って清水が無駄なあがきを見せそうな気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2015

ファンタジーサッカー2015 第29節

今節はわが軍軸で横浜をプラスしています。Yahooの方はコストの問題で多少モザイク模様になっています。寿人を外したんですが、こういう時に限って決めたりするんですよね。横浜も湘南に対してはアウェーで負けなしなんだけど、こういう時に限って負けそうな気もするし。また、この時期になるとボトムズ相手のカードもそう簡単ではありません。窮鼠猫を噛むですから、順位通りの勝敗に終わらないことがままあります。わが軍も松本相手とはいえ油断禁物です。東北ダービーなんか一番予想がつかないですよ。

【Yahoo】(Week24)
GKブラダ アブラモフ(東京)
DF森重(東京)
DF太田宏(東京)
DF塩谷(広島)
DF菊池直(鳥栖)
MF鎌田大(鳥栖)
MF齋藤学(横浜)
MF米本(東京)
FW前田遼(東京)
FW豊田(鳥栖)
FW指宿(新潟)
勝負チーム:FC東京

【mini】(第29節)
GKブラダ アブラモフ(東京)
DF田中マ(名古屋)
DF太田宏(東京)
DF森重(東京)
DF徳永(東京)
MF中村俊(横浜)
MF齋藤学(横浜)
MF米本(東京)
MF遠藤康(鹿島)
FW前田遼(東京)C
FWアデミウソン(横浜)
前節合計60fp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2015

ファンタジーサッカー2015 第28節レビュー

ダメダメでした。大久保のハットを逃したのは大きいです。基本的にそこで平均点が上がっているから。miniはまた最後尾が見えてきてしまいました。3桁狙っていかないと。そのためにはスコアラーにCしかないっす。

【Yahoo】(Week23)
GK林(広島)…8Fp
DF森重(東京)…3Fp
DFキム ジョンヤ(G大阪)…2Fp
DF塩谷(広島)…9Fp
DF水本(広島)…10Fp
MF柏(広島)…8Fp
MF倉田(G大阪)…9Fp
MF阿部浩(G大阪)…3Fp
FWネイサンバーンズ(東京)…2Fp
FW佐藤寿(広島)…3Fp
FWレアンドロ(柏)…2Fp
合計…59Fp 通算…1674Fp
5486位/132528(↓666)

【mini】(第28節)
GK林(広島)…7fp
DF藤春(G大阪)…4fp
DF太田宏(東京)…5fp
DF水本(広島)…8fp
DF塩谷(広島)…7fp
MF柏(広島)…5fp
MF米本(東京)…5fp
MF倉田(G大阪)…5fp
FW佐藤寿(広島)…2fp
FWクリスティアーノ(柏)…4fp
FW宇佐美貴(G大阪)C…6fp
合計64fp 通算201fp
チーム時価 +360
152位/188(↓17)プロリーグ

さて、残留争いの行方を占う松本vs山形の一戦は痛み分けに終わりました。これは松本にとって致命的ともいえる引き分けです。残留残り1枠のライバル甲府、新潟との差は5。残り3勝できたとして33。甲府と新潟は1勝1分で33です。しかも得失点差は5あります。非常に難しくなってきたとしか言えません。松本に友達がいるので、残ってくれればまた来季も松本に遊びに行けるのですが。しかも次節は味スタでわが軍とですから、当然こちらも年間3位がかかっているので手は抜けません。残り5つで頑張ってください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2015

高塚初フライト

20150921

こっちにきてやっと高塚で飛びました。午前中、浜名湖の空域があまりいい感じではなく、午後からスクールが高塚に移動。13時に第1にいたので慌ててぶっ飛び後を追いました。現着が14時で、ランディングなどを確認しているとすでに15時を回ってしまっていました。風のほうもだんだん渋くなってきていて、どこまで飛べるかでしたが、それでも30分ぐらい太平洋の風を楽しむことができました。中村君は赤羽根のほうまでぶっ飛んでいったみたい。一緒に出れてれば行けたかも。まぁ、また機会はあるでしょう。海風エリアは山飛びとはまた違った魅力があります。

Continue reading "高塚初フライト"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 20, 2015

歴史的勝利!!!

南アフリカ代表32-34日本代表

最後に南アフリカがゴール前で反則をしたとき、思わず「狙え」と叫んでいた。引き分けでいいと。ランキング3位の南アフリカに引き分けでグループリーグを発進できるのだ、それで十分だろうと。それでも十分奇跡的なことなのだ。しかし、彼らはあくまで勝ちにこだわった。スクラムを選択し、そこからインジャリータイムも含めてわずかな残り時間ずっと攻め続けた。一度でも自ら反則を犯したらそこで終わりという厳しい条件の中、難しいスクラムをキープして、最後は自慢のスピードあるワイドな展開でトライをもぎ取って逆転したのだ。ここまで日本は攻撃できるようになったのか。あまりに過去の実績が染みついているからこのラグビーは全く想像ができなかった。むしろ、南アフリカに何が起きたんだという思いのほうが強いぐらいだ。この結果が決してフロックでないことは次のスコットランド戦で改めて証明する必要があるだろうが、とにかく24年ぶりに世界相手に勝ち取った勝利におめでとうと言いたい。

ただ、かつてのサッカー日本代表やテニスの錦織以上のインパクトを残したはずなのだが、この快挙を伝えるメディアにいまひとつ熱が感じられないのが残念でならない。特に、日曜のデイタイムに再放送していた日テレの実況アナ氏、トライを「ゴール」と叫んでいたぞorz。一事が万事、ラグビーがナショナルスポーツのポジションを獲得するにはまだまだ道は長そうである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2015

明哲保身

横浜1-0FC東京

いくらアウェーで好調なチーム相手とはいえ、シュート3本でどうやって勝つというのか。リスクを負わなければ決して点は入らない。このゲーム、ノーリスクノーリターンだった。ある意味くそ試合。前半はまだいい。様子見で守りから入って0-0で折り返すのは織り込み済みだろう。しかし、後半に入ってからも一向に攻撃の気配はなく、横浜の運動量が落ちてきてからは多少はポゼッションもできるようにはなったが、肝心のアタッキングサードにすら入れない。両翼は低い位置から精度の低いクロスを上げるだけだし、2トップだった前田、バーンズ、東、交代で入った翔哉にしても裏を狙うだとかゴールに向かう動きが不足して、攻撃に全く迫力がない。両チームともに決定的な飛道具を持っているだけに、下手な位置でファウルできないという意識は高く、ゲーム通じてそういう見せ場は来なかったのはお互いさまにしても、東京はCKすら十分とることができなかった。結局攻めきれなかったということだ。で、用心していたはずの坊ちゃんに最後の最後で高精度のクロスを打たせてしまった。DFの間に入られたのはうかつにしても、丸の頭を越してくる軌道は坊ちゃんならでは。打たせた時点で負けだったな。

ミステルがゲーム後のカンファレンスで、シュート打てとコールするサポについて苦言を呈していたが、下手な冗談も大概にしろだ。勝つつもりもないならやめてしまえ。クラブ過去最高順位にいるチームに何の不満があるのかということらしいが、このゲームを観に、応援に来ているファン、サポに対していう言葉ではない。一戦一戦の積み重ねがあったからこその今なのに、その今を軽んじるような発言は許されない。まぁ、選手たちはわかっているみたいだから次節は修正してくれると思うが、本当に3位以内を目指すなら一戦たりとも無駄にはできないのだ。

さて、秀人のお休みで代わりに野澤がボランチに、拳人が左サイドMFに起用されたが、2人とも守備的に入った前半はまだよかったが、点を取りにいかなければならない後半になっても前へ出てくる気配もなかった。ゲームの目的をしっかり理解しているだろうか。自分の役割を忠実に守っていればいいなんて思っているならこの先はない。ヨネにしても東にしても全編消えていた。前節の前田さんのハットは幻だったんだろうか。それぐらい点の匂いがしなかった。それにしても、なぜミステルは4-4-2でスタートしたのだろうか。秀人やにゅうさんがいないにしても、システム変更する重要な理由はどこにあったのか。時間限定ではあるにしても河野のプレスバックは相変わらず効き目があるし、特に坊ちゃん番をつけていたわけではないし、チームのリズムが微妙にずれたのは選手だけの問題ではない。次節は窮鼠・松本。ホームとはいえ不覚は許されない。こんなゲームはシーズンで一度きりにしてほしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2015

ファンタジーサッカー2015 第28節

今節も広島が軸でセカンドチームとして脚を起用しています。広島の選手たちは持ち越しなのでYahooは組みやすかったです。宇佐美はYahooでは暴騰しているので見送って、代わりになんとなく匂いのするレアンドロをエントリーしました。わが軍は日産・横浜は五分の成績なので控えめに。寿人、いい加減決めてほしいです。
【Yahoo】(Week23)
GK林(広島)
DF森重(東京)
DFキム ジョンヤ(G大阪)
DF塩谷(広島)
DF水本(広島)
MF柏(広島)
MF倉田(G大阪)
MF阿部浩(G大阪)
FWネイサンバーンズ(東京)
FW佐藤寿(広島)
FWレアンドロ(柏)
勝負チーム:G大阪
【mini】(第28節)
GK林(広島)
DF藤春(G大阪)
DF太田宏(東京)
DF水本(広島)
DF塩谷(広島)
MF柏(広島)
MF米本(東京)
MF倉田(G大阪)
FW佐藤寿(広島)
FWクリスティアーノ(柏)
FW宇佐美貴(G大阪)C
前節合計87fp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2015

ファンタジーサッカー2015 第27節レビュー

もうちょっとわが軍を信じるべきですよね。神戸とは相性はいいんだから。とはいえ前田さんのハットまでは予想がつきません。Cの付け所ですねぇ。予想でドウグラス、大久保は当たり、川又、高山はハズレでした。遠藤航もOKでしたね。特にドウグラスは迷った。どうも寿人には記録を早く達成してほしいという肩入れがあって優先させてしまうきらいがあります。miniは80とそこそこでしたが順位はそれほど上がらず。流石プロリーグ。とりあえず来期にむけて残留目標でやりますよ。
 
【Yahoo】(Week22)
GK林(広島)…15Fp
DF森重(東京)…13Fp
DF田中マ(名古屋)…9Fp
DF塩谷(広島)…4Fp
DF水本(広島)…6Fp
MF遠藤康(鹿島)…4Fp
MF柏(広島)…4Fp
MF河野(東京)…3Fp
FWネイサンバーンズ(東京)…6Fp
FW佐藤寿(広島)…3Fp
FW川又(名古屋)…2Fp
合計…71Fp 通算…1615Fp
4820位/132498(↓182)

【mini】(第27節)
GK林(広島)…11fp
DF田中マ(名古屋)…6fp
DF太田宏(東京)…8fp
DF水本(広島)…5fp
DF塩谷(広島)…5fp
MF柏(広島)…4fp
MF鎌田大(鳥栖)…2fp
MF遠藤康(鹿島)…3fp
FW佐藤寿(広島)C…3fp
FW豊田(鳥栖)…2fp
FW前田遼(東京)…28fp
合計80fp 通算…137fp
チーム時価 +2410
135位/188(↑16)プロリーグ

ACLは柏が敗退、脚はホームで劇的勝利を収めて広州とファイナルをかけて準決勝を戦うことになりました。金満広州をやっつけてほしいなぁ。

さて、ボトムズは案の定勝ち点が伸びていきません。週末ゲームがありますが、それよりも23日の松本vs山形は残留を占う上で重要な一戦になるでしょう。変則開催で連戦となるミッドウィークのゲームですが、ホームに居座って山形(山形はアウェー連戦)を迎える松本が有利。松本が勝てば、山形は残留の可能性はほぼ消滅と言っていいでしょうし、松本は新潟とマッチレースに持ち込めるかもしれません。しかし、山形と引き分けてしまうとかなり厳しくなります。さらに負けると勝ち点21で27節時点で3チームが並ぶことになる。15位の新潟とは5差。潰しあったら共倒れですね。相手を蹴落とす力がどれだけあるか、血みどろの残留戦がいよいよ始まります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2015

漿酒霍肉

FC東京3-0神戸

この前チームでハットトリックって誰だっけという話になり、千真あたりじゃなかっただろうかと思ったのだが、調べてみると2013年9月28日対大宮でルーコンが達成していた。ただアウェーだったのであまり記憶になかったのだろう(BS観戦で現場には行っていなかった)。ホームとなると2012年5月20日対鳥栖戦で、まさしく千真が2点のビハインドを終盤15分間に立て続けに3発決めて逆転勝利を収めた時以来になる。今回の前田さんのハットも中々らしさがあって味わい深い。1点目は山本海人の肩口を抜く一発。マークを外すポジション取りから豪快に右足を振りぬいた。2点目は東からのクロスをDFの裏から飛び込んで点で合わせた1点。GKとぎりぎりの線で、股下を潜らせた技ありのシュート。そして3点目は同じく東からのラストパスにトラップミスがコロコロと対角線に転がりポスト際に入ったラッキーゴールだった。前半戦は武藤の陰に隠れてチームとまだなじんでいない様子だったが、アフター武藤では往年のストライカーとしての能力が再覚醒したかのような活躍ぶりだ。個人的には強度なFW依存はチームにとってあまり好ましくないと思っているが、苦しいときに決めてくれる存在はやはりありがたい。シュート技術、ゴール感覚に年齢はあまり関係ないと思うが、あの年齢で前からの守備を精力的にこなしながらの終盤の得点なのだから、本当に恐れ入る。

ゲーム立ち上がりから、神戸は両翼をワイドにして攻勢をかけてきた。最初3-4-2-1かと思ったが3-3-3-1(3-6-1)だったらしい。とにかく相馬がウザいくらいに攻め上がってくるが、上手く徳さんと中盤の連携で蓋をすることができた。レアンドロ番のモリゲも完璧だ。得点に結びついたところは、すべて中盤のボールカットから始まっており、ヨネが奪って秀人がフィードするというパターン。序盤は選手間の距離が遠いなと思っていたが、それも修正されて、いいところでボールを奪うことができたのがこの結果に結びついている。問題は中盤の守備が効かない時だろう。攻撃面では良いフィードを見せた秀人だが、いつもこれぐらいはやってほしい。東もアシスト2と活躍したが同様だ。シュート練習ももっとやらないと。あと、急遽ミステルのつてでチームに加わったブラダ・アブラモフ。流石元セルビア代表だけあって守りは堅そうだ。いいミドルを1本弾き出した。ハイボールの判断もまずまず。ただ、どうもプレースキックがちょっと怪しい。あまり距離が出ないのだ。モリゲが代表に行っていたのでDF陣との十分なコミュニケーションはまだ取れていないだろう。その点だけ心配だったが、あまりそういう連携する場面もなかったので、その辺はこれからといったところか。

チーム自体は一瞬停滞したように見えたが、武藤が抜けてからさらに成長しているように見える(武藤が抜けたからこそ成長が促されたという気がする)。特にモリゲと丸のCBはJでも屈指のコンビだろう(特に丸は貴重な左利きCBなので、今後代表に定着する可能性は高いとみる。チームとしては実にはた迷惑だが)。守備の安定から徐々に攻撃の充実へ。確実に上位に定着できる力をつけ始めた今こそ、派手な結果に一喜一憂せず次のステップを目指してほしいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2015

ファンタジーサッカー2015 第27節

今節は広島メインで。ディフェンスは完封勝利だと全員に上乗せがありますが、前はゴールしないと伸びません。遠藤航はアフガン戦にも出てモチベーションが上がっているでしょうから、松本相手ならかなりやるでしょうけど、広島で揃えるのを優先しました。あとは得点力のある田中さんとコースケ。前はいろいろ悩みます。このほかにもドウグラス、高山、川又、大久保なんかが気になるところ。Yahooはだいたいminiを予算に合わせてモデファイしてますが、広島とか鹿島とか全体的に高くなってきているので、軸になるチームはなるべく同じにしながら、ばらして平均的なプレーヤーを取るか、高いのをポイントで決めて、残りを廉価な選手を探して埋めるかです。今節はうまく広島の選手が拾えたので結構かぶってますね。

【Yahoo】(Week22)
GK林(広島)
DF森重(東京)
DF田中マ(名古屋)
DF塩谷(広島)
DF水本(広島)
MF遠藤康(鹿島)
MF柏(広島)
MF河野(東京)
FWネイサンバーンズ(東京)
FW佐藤寿(広島)
FW川又(名古屋)
勝負チーム:東京

【mini】(第27節)
GK林(広島)
DF田中マ(名古屋)
DF太田宏(東京)
DF水本(広島)
DF塩谷(広島)
MF柏(広島)
MF鎌田大(鳥栖)
MF遠藤康(鹿島)
FW佐藤寿(広島)C
FW豊田(鳥栖)
FW前田遼(東京)
前節合計64fp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2015

ファンタジーサッカー2015 第26節レビュー

見事に柏がこけました。菅野はOGするし、大谷なんか出てないしorz。このドローを見ても甲府は、J1残留にふさわしい実力を持ったチームですよ。クリスティアーノはCマークも含め嵌りましたが、これがなければズタボロでした。今節の正解は広島(神戸と横浜の大量点は全く予想できません)。ドウグラスは考えなくはなかったけど、読みが浅すぎました。最終クールはボトムズが死にもの狂いになってくるんで、勝敗予想が難しくなります。慎重に見ていかないと1クールでまた降格してしまいます。そうならないように頑張らないと。

【Yahoo】(Week21)
GK榎本(東京)…7Fp
DF森重(東京)…5Fp
DFキムチャンス(柏)…2Fp
DF鈴木大(柏)…5Fp
DF水本(広島)…2Fp
MF遠藤保(G大阪)…8Fp
MF小林祐(柏)…0Fp
MF大谷(柏)…0Fp
FWクリスティアーノ(柏)…16Fp
FW佐藤寿(広島)…9Fp
FWパトリック(G大阪)…5Fp
合計…59Fp 通算…1544Fp
4638位/132414(↓172)

【mini】(第26節)
GK菅野(柏)…0fp
DF藤春(G大阪)…8fp
DFキムチャンス(柏)…3fp
DF森重(東京)…4fp
DF水本(広島)…3fp
MF大谷(柏)…0fp
MF青山(広島)…4fp
MF遠藤保(G大阪)…5fp
FWクリスティアーノ(柏)C…12fp
FWパトリック(G大阪)…4fp
FWネイサンバーンズ(東京)…2fp
合計57fp 通算57fp
チーム時価 -430
151位/188 プロリーグ

2ndもはや折り返し。優勝争いは上位3チームに絞られました。あと5勝から6勝がラインでしょうか。わが軍は年間3位狙いですが、この2引き分けで下との差が詰まってきてしまいました。滑りこむには最低でも5勝はしないといけなくなってしまった感じです。浦和と広島が残っているだけに、清水はしっかり叩いておきたかったですね。
ボトムズの方は、甲府がこの2節で勝ち点4を積み上げたことで、グループから抜け出した感が強いです。仙台もなかなか勝てないですがアドバンテージはまだあります。実質、4チームの争いになりそう。残りゲームから見ると、清水は残留争いの直接対決がまだ4つも残っているので、もうこれを勝ち切る以外道はありません。一つでも落とせば、あるいは引き分けても降格に直結するでしょう。山形も4つ残していて、そのうち3つがホームです。ホームで戦えるのは有利かもしれませんが、こちらも一つとして落とせない。しかし、両チームの状況を見れば、それは不可能に近い。すなわち、この2チームは確定を打ってもいいぐらいのところにきているのです。問題は松本と新潟で、直接対決が31節に残っています。ホームの新潟が有利だとは思いますが、松本がそこまでぴったりついていけるか。変則開催になった第26節山形戦は必勝ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2015

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

スパイアクション映画の神髄ここにあり。予告でしきりに流れる007シリーズと今や双璧をなすハリウッド作品は、あまりジメジメせずカラッとスカッと夏の暑さを吹き飛ばしてくれる。ラストの意趣返しには思わずニヤリとしてしまう。(多少ネタバレ)

Continue reading "ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2015 | Main | October 2015 »