« ファンタジーサッカー2015 第25節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第25節レビュー »

August 24, 2015

苦学力行

名古屋0-0FC東京

権ちゃん、コースケ、モリゲ(黄紙の累積で出場停止)とチームのキープレーヤーが軒並みダウンする中、サブのメンバーがしっかり穴を埋めてくれたことが素直にうれしい。特に、名古屋相手とはいえ何とか零封に抑えたことが一番の成果だろう。吉本のパスミスを永井にかっさらわれた時は失点も覚悟したが、榎本が奇跡のセーブで防いでくれた。お互いをしっかりカバーしあってアウェーで勝ち点1を積み上げることができた。確かに2ndの優勝争いを考えるとこの引き分けは終戦に近いが、年間を考えれば負けないことは重要なことだ。まぁ、相手の出来を考え合わせると勝ちたかったなというのが本音にあるし、今の状況を考えると引き分けも致し方なしかなというところだ。

決め手のないゲームにおいて均衡を崩せるのはセットプレーだとよく言われる。実際、コースケの不在がかなり影響しているのだ。このゲームはその典型ではないだろうか。ロスタイムのG前FKのチャンスも、コースケがいたらという思いが強い。また、通常の攻撃においてもコースケ不在が響いている。左に徳を持っていくことで、東京のストロングポイントである左サイドからの攻めはほとんど機能せず(左足で上げるシーンが何度かあったが精度は言わずもがな)。その代わりにならなければならない右の陸も今一つセンスに欠けるプレーぶりなのだ(アーリーをDFに引っかけたり、あげるタイミングが悪かったり、簡単に敵にボールを取られたり)。コースケの離脱が長引くと結構厳しい。長友復帰の飛ばし記事が出てくるのもわかる。

他方、攻撃面では丸が効いていた。直接FKを蹴り(決まる雰囲気は全くなかったが)、最終ラインから何度か裏への良いフィードを見せた。モリゲと組めば攻め手も増えて攻撃力は確実にアップしそうだ。前線では河野が復帰してきた。相変わらずの鬼プレスバックで守備面では存在をアピールしたが、肝心の攻めでは今一つ違いを作れなかった。バーンズはよく動きボールにも触るが、まだ自分で行く意識が強すぎてつぶされがち。馴染むにはまだ時間が必要か。一方、途中交代で入ってきたサンダサはサイドに流れることが多くて、どうしたいのか、どういう点取りパターンなのかが今一つわからず。翔哉もドリブルで仕掛けてはつぶされボールを失うことしばしば。最後のFK獲得は相手が田中さんだったからというのもあるが、もっと体を強くしないと今後は厳しいだろう。こちらも自分が決める意識が強く、それはそれでいいのだけれど、プレーの判断がそれによって悪くなっているのではないだろうか。

後半に入ってから、名古屋の運動量が露骨に落ちてポゼッションできるようになった。甲府戦では3列目が絡むことで得点できたが、このゲームでは効果的な攻め上がりはほとんど見られなかった。名古屋のカウンターへのリスクヘッジのためだろうが、そこでもう一歩前へ出ないと遅攻は攻めきれない。アウェーだから0-0上等なのはわかるが、チームとしてもっと上を目指すならもう一皮剥けないとだめだ。

|

« ファンタジーサッカー2015 第25節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第25節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/62146541

Listed below are links to weblogs that reference 苦学力行:

« ファンタジーサッカー2015 第25節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第25節レビュー »