« July 2015 | Main | September 2015 »

August 2015

August 30, 2015

真打登場

清水1-1FC東京

15年もSOCIOを続けてきて、日本平はこれが初めて。前節コースケが出てくれていればという思いを強くした一戦だった。17位に沈む清水相手に、アウェーとはいえ引き分けは決して満足いく結果ではない。

前半は互いに攻めながらも点はやりたくないという思い切りに欠けたゲーム展開。東京もなんとなく様子見のような攻めだった。ゲームが動いたのは後半早々50分、清水がカウンターで東京の右サイドから侵入し、榎本のセービングのこぼれをテセが難なく押し込んだ。前半のボーとした流れのまま後半に入ってしまった東京のメンバーの気持ちの問題だろう(とはいえ、ピーターウタカは切れキレで、うちのCB2人はいいようにやられてしまった)。この失点から、ミステルは先手を打って、56分翔哉、60分拳人、67分にけがから復帰してきたばかりの平山と矢継ぎ早に投入し、点を奪いに行った。同点はその翔哉がドリブルで突破を試みて、ボックス手前でつぶされたことで獲得したFKからだった。これも負傷明けのコースケが狙いすまして右隅に決める。残留に向け勝利を記念して応援を続けていたスタジアム全体が一瞬凍りついた。コースケ様様である。翔哉が突っかけていい位置でFKを取りコースケが決めるという東京の飛道具がさく裂したわけだが、このシチュエーションはまさしく前節の名古屋戦ロスタイムと全く同じだった。だから、コースケの復帰がもう1試合早ければ、前節もしかしたら勝てたかもしれなかった。こういうスペシャルを持っているからこそ上位に食い込めているのだと言える。CKからモリゲのヘッドがポストを叩いたシーンもあった。コースケがいなくなると、とたんに平凡な中位チームに成り下がってしまうのが現状なのだ。改めてコースケ来てくれてありがとう。

後半ヨネがボックス手前まで持ち上がったとき、シュートコースが2度ほど開いたように見えた。G裏で見ていたから間違いない。しかし、ヨネはシュートも打たずパスの出し先を探し、結局パスはカットされてしまう。みんなして怒る。パスミスをではない。なぜシュートを打たないのかということに対してだ。コースが開いたからといって、GK正面ということもあるだろう。しかしそれでも打つべきなのだ。清水の先制点は榎本のこぼれをテセが押し込んだもの。GK正面でも相手がはじくことだったある。間違って当ってスライスがかかってコーナーに切れていくシュートになるかもしれない。ヨネのシュートスキルであれば、宇宙開発の可能性も高いが、何が起こるかわからない。その不確定要素も含め、打ってほしかった。おそらく打って入らなかったらとか思うのだろう。そんなことでどうする。俺が決めてやるという強い気持ちで打ってくれ。俺らはゴール以上にその気持ちを待っているのだ。そのメンタルが強くなっていけば自然と代表にも呼ばれるようになるのではないだろうか。

引き分け2つで勝ち点は思うように伸びない。すぐ下にはガンバと鹿島が迫ってきている。残り8試合。最低でも5勝はしないと年間3位には入れないだろう。苦手の浦和、広島、柏が残っているので、その試練を乗り越え勝ち取るしかない。

Continue reading "真打登場"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2015

ファンタジーサッカー2015 第26節

柏と脚はミッドウィークにACLがあったのでコンディション面でのハンデがありますが、相手が相手だけに遅れは取らないだろうと思います。本来の姿を取り戻しつつある柏であれば、甲府も問題なく片づけるでしょう。抵抗力としては湘南の方がやや強度があるので柏にウエイトを置きました。ここのところフロントラインの不発が続いているので、なんとか的中させたいです。

【Yahoo】(Week21)
GK榎本(東京)
DF森重(東京)
DFキムチャンス(柏)
DF鈴木大(柏)
DF水本(広島)
MF遠藤保(G大阪)
MF小林祐(柏)
MF大谷(柏)
FWクリスティアーノ(柏)
FW佐藤寿(広島)
FWパトリック(G大阪)
勝負チーム:柏

【mini】(第26節)
GK菅野(柏)
DF藤春(G大阪)
DFキムチャンス(柏)
DF森重(東京)
DF水本(広島)
MF大谷(柏)
MF青山(広島)
MF遠藤保(G大阪)
FWクリスティアーノ(柏)C
FWパトリック(G大阪)
FWネイサン・バーンズ(東京)
前節合計38fp
※柏は対象試合に入っていなかったため0カウント

今週末は日本平の現場です。ソシオになって15年ですが、日本平は今回が初めて。今の清水の経営状態を考えると、一度落ちるともしかしたらしばらく戻ってこられないだろうことも予想されるので、見納めとは言いませんが今季見ておかないとと思ったわけです。テセがまた法螺吹いてますが、もしかしたらコースケが戻ってくるかもしれず、どうせだったら古巣に引導渡してやったらいいんです。アウェーであっても、今の東京にはその力はあるはずですから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2015

ファンタジーサッカー2015 第25節レビュー

勝敗に関してはほぼほぼ当たってました。特にYahooの甲府勝利&バレー的中は久々ヒットでした。miniにも採用しておけばよかった。まぁ、甲府はこういうどうでもいい相手であればホームでは結構強みを見せるんですよね。だから、ここ数年確実に残留している。実際この目で見て甲府のディフェンスの堅さはよくわかりました。miniは前の方がまた全滅でしたが節の平均レベルはクリアできたので、次節からいよいよプロリーグ(カテゴリー順位からいえばJ2ですな)に昇格です。人数が絞られてさらに厳しくなりますが、トップ目指して頑張ります。

【Yahoo】(Week20)
GK榎本(東京)…7Fp
DF土屋(甲府)…16Fp
DFファンソッコ(鹿島)…0Fp
DF山本脩(鹿島)…7Fp
DF水本(広島)…10Fp
MF柏(広島)…5Fp
MF米本(東京)…6Fp
MF下田北(甲府)…10Fp
FWバレー(甲府)…18Fp
FW佐藤寿(広島)…3Fp
FWパトリック(G大阪)…11Fp
合計…93Fp  累積…1485Fp
4466位/132367(↑405)

【mini】(第25節)
GK榎本(東京)…9fp
DF藤春(G大阪)…9fp
DF山本脩(鹿島)…7fp
DF昌子(鹿島)…7fp
DF水本(広島)…9fp
MF遠藤康(鹿島)…10fp
MF柴崎岳(鹿島)…6fp
MF倉田秋(G大阪)…5fp
FW前田遼(東京)…2fp
FW宇佐美貴(G大阪)C…6fp
FW佐藤寿(広島)…3fp
合計79fp 通算566fp
チーム時価 +4590
26位/266(↓2)全国リーグ

さて、残り10ゲームを切りました。どうも今年の残留ボーダーラインはかなり低くなりそうです。このままいくと30切るかもしれない。というのも、下位チームが全然勝てなくなってしまっているからです。こうなってくると直接対決でどれだけ蹴落とせるかが最大の生き残り戦略になります。次節は仙台vs新潟、松本vs山形があります。引き分けでは抜け出せないのですから、一か八かの勝負をしないといけない段階です。勝負に行ってカウンターに沈むなんてのもよくある話ですが、どういった戦術をとるか監督の采配も見ものですな。25節時点での18位はすべて降格していますし、17位でも10チーム中1チームしか残留できていません。山形と清水はいよいよ来るところまで来たという感じですね。

ACLは柏がホームで完敗。アウェーで最低3点は現実的に敗退に等しい状況です(まったく可能性がないとは言いませんが)。今年も広州かなぁ。やはり金のかけ方が違いすぎますね。せめて脚が東アジア決勝まで行ってほしいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2015

苦学力行

名古屋0-0FC東京

権ちゃん、コースケ、モリゲ(黄紙の累積で出場停止)とチームのキープレーヤーが軒並みダウンする中、サブのメンバーがしっかり穴を埋めてくれたことが素直にうれしい。特に、名古屋相手とはいえ何とか零封に抑えたことが一番の成果だろう。吉本のパスミスを永井にかっさらわれた時は失点も覚悟したが、榎本が奇跡のセーブで防いでくれた。お互いをしっかりカバーしあってアウェーで勝ち点1を積み上げることができた。確かに2ndの優勝争いを考えるとこの引き分けは終戦に近いが、年間を考えれば負けないことは重要なことだ。まぁ、相手の出来を考え合わせると勝ちたかったなというのが本音にあるし、今の状況を考えると引き分けも致し方なしかなというところだ。

決め手のないゲームにおいて均衡を崩せるのはセットプレーだとよく言われる。実際、コースケの不在がかなり影響しているのだ。このゲームはその典型ではないだろうか。ロスタイムのG前FKのチャンスも、コースケがいたらという思いが強い。また、通常の攻撃においてもコースケ不在が響いている。左に徳を持っていくことで、東京のストロングポイントである左サイドからの攻めはほとんど機能せず(左足で上げるシーンが何度かあったが精度は言わずもがな)。その代わりにならなければならない右の陸も今一つセンスに欠けるプレーぶりなのだ(アーリーをDFに引っかけたり、あげるタイミングが悪かったり、簡単に敵にボールを取られたり)。コースケの離脱が長引くと結構厳しい。長友復帰の飛ばし記事が出てくるのもわかる。

他方、攻撃面では丸が効いていた。直接FKを蹴り(決まる雰囲気は全くなかったが)、最終ラインから何度か裏への良いフィードを見せた。モリゲと組めば攻め手も増えて攻撃力は確実にアップしそうだ。前線では河野が復帰してきた。相変わらずの鬼プレスバックで守備面では存在をアピールしたが、肝心の攻めでは今一つ違いを作れなかった。バーンズはよく動きボールにも触るが、まだ自分で行く意識が強すぎてつぶされがち。馴染むにはまだ時間が必要か。一方、途中交代で入ってきたサンダサはサイドに流れることが多くて、どうしたいのか、どういう点取りパターンなのかが今一つわからず。翔哉もドリブルで仕掛けてはつぶされボールを失うことしばしば。最後のFK獲得は相手が田中さんだったからというのもあるが、もっと体を強くしないと今後は厳しいだろう。こちらも自分が決める意識が強く、それはそれでいいのだけれど、プレーの判断がそれによって悪くなっているのではないだろうか。

後半に入ってから、名古屋の運動量が露骨に落ちてポゼッションできるようになった。甲府戦では3列目が絡むことで得点できたが、このゲームでは効果的な攻め上がりはほとんど見られなかった。名古屋のカウンターへのリスクヘッジのためだろうが、そこでもう一歩前へ出ないと遅攻は攻めきれない。アウェーだから0-0上等なのはわかるが、チームとしてもっと上を目指すならもう一皮剥けないとだめだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2015

ファンタジーサッカー2015 第25節

鹿島&広島が軸ですが、Yahooとminiでサブを変えてみました。Yahooは甲府(勝負チームも甲府)、miniは脚が多めになってます。神戸がちょっとしたお家騒動なので、甲府も付け入るスキがあるのではないかと。甲府が本気で守ったら結構厄介なのは身をもって理解しましたから、あとは助っ人がどこまで点に絡めるかでしょうね。マラニョンも一応準備ができたみたいですし
、材料はあります。ボトムズ相手は難しくなるんですが、やはりチームの基礎体力からすれば鹿島、広島は堅いところではないかと思います。面白いのは清水をホームに迎える脚でしょうね。なんとなく清水に勝ち点をくれてやりそうな臭いもしつつ、宇佐美の代表への思いに期待したいと思います。

【Yahoo】(Week20)
GK榎本(東京)
DF土屋(甲府)
DFファンソッコ(鹿島)
DF山本脩(鹿島)
DF水本(広島)
MF柏(広島)
MF米本(東京)
MF下田北(甲府)
FWバレー(甲府)
FW佐藤寿(広島)
FWパトリック(G大阪)
勝負チーム:甲府

【mini】(第25節)
GK榎本(東京)
DF藤春(G大阪)
DF山本脩(鹿島)
DF昌子(鹿島)
DF水本(広島)
MF遠藤康(鹿島)
MF柴崎岳(鹿島)
MF倉田秋(G大阪)
FW前田遼(東京)
FW宇佐美貴(G大阪)C
FW佐藤寿(広島)
前節合計56fp

今節は豊田スタジアムのアウェーに入る予定です。来週は日本平が確定。日産も結局行くんだろうなぁ。ここんところアウェー付いてます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2015

ファンタジーサッカー2015 第24節レビュー

Yahooもminiも横浜を軸にしたのですが、miniの方はFWが不発で月並みなポイントに終わりました。それでもは順位動かず。次節平均についていければ昇格が見えてきました。Yahooは獲得Ppの制約があるので、ちょっと乱暴な選手チョイスになってしました。西河とか慣れないのをもってくるとこういう目に合う。それにしても、なんで川崎の2人を残したのか、今もって謎です。アウェーで神戸との対戦であれば、鳥栖とか名古屋の選択もあったように思いますが、Yahooの倍率が川崎1.0になっていることからも、なんかいけそうな感じがしたんでしょうね。見事に裏切られたというわけです。

【Yahoo】(Week19)
GK飯倉(横浜)…12Fp
DF森重(東京)…3Fp
DF中澤佑(横浜)…11Fp
DF西河(山形)…0Fp
DFファン ソッコ(鹿島)…5Fp
MF中村憲(川崎)…2Fp
MF中村俊(横浜)…11Fp
MF齋藤学(横浜)…11Fp
FW大久保(川崎)…5Fp
FW前田遼(東京)…7Fp
FWアデミウソン(横浜)…10Fp
合計…77Fp 通算…1392Fp
4871位/132311(↑169 )

【mini】(第24節)
GK飯倉(横浜)…8fp
DF中澤佑(横浜)…9fp
DFファビオ(横浜)…8fp
DF森重(東京)…5fp
DF昌子(鹿島)…6fp
MF中村憲(川崎)…3fp
MF柴崎岳(鹿島)…6fp
MF齋藤学(横浜)…10fp
FW大久保(川崎)C…3fp
FW前田遼(東京)…3fp
FWアデミウソン(横浜)…6fp
合計70fp 通算…487fp
チーム時価 +3330
24位/266(-)全国リーグ

残り10節になりました。残留争いもぼちぼち方向性が見えつつあります。2ndに入って仙台の戦績が思わしくなく、若干絡んできそうな雰囲気もあるのですが、基本折り返しで指摘した5チームが軸に変わりありません。2nd7試合で獲得できた勝ち点をこの後の10試合に延伸した時の最終勝ち点は次の通りです。
甲府32.14 松本29.57 山形23.71 新潟33.42 清水27.57
このままいけば折り返し時の予想通り、山形、清水、松本が降格しそうですね。降格候補同士の潰し合い(前節の清水1‐1新潟のように)の様相を見せてきており、ボーダーラインもかなり下がりそうな感じです。当事者同士の対戦は各チームとも3~4ゲーム残しており、足の引っ張り合いはまだまだ続きます。ただ、清水が今後、脚、瓦斯、赤軍、熊といった上位を残しており、他チームに比べ対戦相手はキツメと言えます。残留ラインを33とすると、山形15(4勝3分3敗もしくは3勝6分1敗)、清水14(4勝2分4敗もしくは3勝5分2敗)、松本12(4勝6敗もしくは3勝3分4敗)以上が必要というわけです。負け数で見ると下2つは結構厳しさが出てきてますね。また、これまでの戦績からして、‘勝ち越し’というのはかなり難易度が高いと言わざるを得ません。
降格ライバル同士の対戦は26節、30節、31節と3つ山があります。特に31節は仙台を加えた6チームがすべて対戦することになっています。この裏天王山までなんとか望みをつなぎとめることができるかがポイントでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2015

ファンタジーサッカー2015 第23節レビュー

直前情報で権ちゃんとコースケが欠場することが判明したので、急遽エントリーを変更しました。結果0と9×2=18という差が出たので一安心。でも前線は全く振るわず、テセは口だけということが分かりました。で、全体ポイントは55と伸び悩みました。ところが、この平凡なポイントでも順位自体は2つ上昇するという摩訶不思議。そこまで平均ポイントが落ちるような試合結果ではなかったと思うのですが、何が原因だったんでしょうか。それにしても川崎は今季もダメですね。

【mini】(第23節)
GK榎本(東京)…9fp
DFエウシーニョ(川崎)…4fp
DF車屋(川崎)…2fp
DF森重(東京)…9fp
DF石川直樹(仙台)…7fp
MF中村憲(川崎)…4fp
MF柏(広島)…3fp
MF大谷秀(柏)…6fp
FW大久保(川崎)C…3fp
FW前田遼(東京)…4fp
FW鄭大世(清水)…1fp
合計55fp 通算417fp
チーム時価 -160
24位/266(↑2) 全国リーグ

24節については、夏休みだったのでブログのエントリーをさぼりました。レビューはYahooとともに水曜日にします。
日曜のゲームは現場に行けなかったのですが、皆様大雨の中ご苦労様でした。直下の憂いに対して勝利して、3位の座は当面安泰です。今節はヨネが得点し、前節の秀人のように、やっとMFの上りによって点が生まれるようになってきました。前田さんが好調を維持し、2ゴール目を決めたバーンズも馴染んで来れば、武藤ショックは完全に払しょくできるでしょう。コースケ不在に加え、ゲーム中に徳が離脱しても、丸が左へ、CBに吉本が入り、脚の攻撃をしっかり押さえられたことも大きいですよ。またここにきて榎本の加入が本当に意味を持ってきました。フロントGJです。終盤戦、選手たちに疲労もたまってくるでしょう。そんな時に誰が出てもチーム力を落とすことなく戦える状態は有利です。特にディフェンス力の安定は頼もしい。贅沢は言いません。確実に年間3位を狙っていきましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2015

杓子定規

甲府0-1FC東京
甲府は幾ら何でもリスペクトしすぎ。シュートわずか3本ではホームサポーターも気の毒だ。守ってカウンター狙いはわかるが、バレーはモリゲと丸が完璧に抑え、サイドは左の徳、右の陸が制圧したために、甲府に攻め手は残っていなかった。左SBの阿部が起点になっているのだが、ここも抑えられたら本当に前へ出ていくことができなくなってしまう。甲府の残留に向けた一か八かのゲーム運びを垣間見た思いだ。逆説的に、この徹底した戦術が残留を手繰り寄せる原動力になっているのだろう。
さて、我が軍はといえば、ゴンちゃんがオーバートレーニングで療養中、コースケが代表の影響で欠場と、バックラインの構成が変更された。GKには榎本が入った。何気にこういうベテランがバックアップしてくれているのはありがたい。いい補強だった。徳が左に回って右には陸が入る。そしてCBに丸。攻撃力を考えれば吉本より丸だろう。FWには前田とバーンズがコンビを組んで、4-4-2、ときおりバーンズがボールをもらいに降りてくる。このコンビ、熟成してくるとかなりいい感じになるんじゃなかろうか。丸は最後尾からバーンズにいいたてをフィードしたりしてその力量を示した。吉本がポジションを奪い返すには、やはり攻撃の起点として何ができるかを考えないといけない。陸の方は再三攻め上がってクロスを放つのだが、どうにも要領を得ない。たしかに得点のきっかけとなるクロスもあったけれど、その多くがDFに引っ掛けたり明後日の方に飛んで行ったり、縦に切り込んで欲しいのに安易にアーリーをあげて簡単に跳ね返されたり、イマイチセンスが感じられない。長友復帰なんて話もあるらしいが、コースケへの依存度が高い今、陸の出来を見てしまうと、なくは無いと思ってしまったりする。
ハーフコートゲートで点が入らないことは良くあることで(危うくシンガポール戦になるかと心配したが)、あそこで秀人もよく突っ込んできた。それまで仕事らしい仕事もしていなかったから、面目躍如といったところか。まぁ、あそこまで上がっていれば嫌でも出ざるを得ないだろうけど。点差以上に内容的に大差がついたゲームは、両軍双方のサポーターにとって消化不良だったかもしれない。ただ、この甲府の戦い方はプロビンチャの生き残る知恵なのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2015

ファンタジーサッカー2015 第23節

Jが再開しますが今節はminiだけです。川崎を軸に、中銀スタではまだ負けがないわが軍を組み合わせました。仙台、柏あたりもよさげです。広島は鹿島にあまり分が良くなく、ここが2nd優勝に向けての山になりそう。鹿島もリフレッシュしているので手ごわさは戻っていると思います。また、清水vs湘南も、清水にとって分水嶺的ゲームになるでしょう。そこで勝敗は別にして、大口をたたくテセをエントリーしました。言う以上は結果を出してみろ。

【mini】(第23節)
GK榎本(東京)
DFエウシーニョ(川崎)
DF車屋(川崎)
DF太田(東京)
DF石川直樹(仙台)
MF中村憲(川崎)
MF柏(広島)
MF大谷秀(柏)
FW大久保(川崎)C
FW前田遼(東京)
FW鄭大世(清水)
前節合計82fp

清水は予定通りというか、大榎から自発的に身を引かせたのはクラブ側の配慮なのでしょうか。基本的にはこれでフラグが立ちました。果たして残留できるのかどうか、田坂新監督の腕前拝見といったところです。初戦の相手に湘南は理想的でしょう。ホームでの相性はいいし、中位レベルとどのくらい戦えるかが分かりますからね。勝てればちょっと光が見えてくるかなという感じです。でも、ここでもダメなようだと早くも確定マークを押したくなりますよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2015

らーめん暁@是政

暁@是政
スープの表面は背脂で覆い尽くされているが、スープそのものは鷄ベースであっさりしている。麺は低加水のストレート。大ぶりの柔らかチャーシューともやし、海苔というシンプルな具材。かなり好きな味だ。営業は夜だけで2時までやっている。らーめん700円、煮卵100円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2015 | Main | September 2015 »