« ファンタジーサッカー2015 第18節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第19節 »

July 13, 2015

一新紀元

川崎2-0FC東京

新しいスタートがここまで酷いとは思っていなかった。不安は現実のものとなり、2ndシーズンは貯金を吐き出して、年間終わってみればいつもの位置に収まっているような気さえする。それにしても、後半になってもコースケが全然攻め上がってこなかったのはなぜだったんだろうか。セットプレーも大した工夫もなく決め手に欠けるし、シュート6本ではゴールの臭いは全くしてこない。後半ネイサンが入ってきたところで半ばゲームの勝敗はあきらめてしまっていた。合流して間もない外国人選手がぶっちぎってゴールを決められるほどJ1 は甘くない。実際、どんなプレーをするか選手同士まだよくわかっていないみたいで、ボールを預けてはお願いするだけで、サポートも薄くDF2人、3人に囲まれ何もできない状態が続いた。途中出場の中島も点を取るためにはボックスの中で勝負しなければいけないのに、バイタルにすらろくに入れない。流れの中では点は取れないのではないかとゲーム前から思っていたが、本当にその通りになってしまった。となれば、プランとしては0-0で行って終盤セットプレーから決勝点で逃げ切るしかないのだ。それが先に失点してしまっては勝ち目はない。確かに前半の守備は頑張っていた。ボックスの中に入られてシュートというのはなかった。しかし、後半に入ってから左右に振られてDFが寄ってしまい、最後はゴール前をがら空きにしてしまった。まぁ、FKの2点目はおまけみたいなのもので、勝敗という面では1点取れば十分ということだったと思う(とはいえ権ちゃんがセーブしてくれなかったら、あと2点は入れられていた)。こうなると川崎の独壇場で、ポゼッションできる強みが最大限発揮される。高いところで取りに行ってもかわされる。奪う位置が低くて攻守がリセットされるから攻める手立てがない。ゲーム後のインタビューでコースケが全く何もさせてもらえなかったと言っており、選手たちもそう思っていたのが唯一の光明か。ヨネが戻ってきたにしろ、上手いところとやるとやはり中盤は分断されてしまう。攻めでいえば、アタッキングサードに入れないのが問題だ。トップで納めるのかサイドで起点を作るのか、いずれも中途半端。ネイサンが武藤の代わりになるわけもなく、ちゃんと対戦相手に合わせた準備をしていかないと、勝てるゲームも勝てなくなってしまう。このままでは年間3位以内という目標も達成できそうにない。そういう危機感を指揮官が持っているかどうか、それが一番問題のような気がする。

|

« ファンタジーサッカー2015 第18節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第19節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/61881575

Listed below are links to weblogs that reference 一新紀元:

« ファンタジーサッカー2015 第18節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第19節 »