« ファンタジーサッカー2015 第20節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第20節レビュー »

July 20, 2015

安全第一

FC東京0-0山形

高橋のけがは鼻の打撲だそうだが、ゲームのそのときは明らかに脳震盪で、すでに交代枠を使い切ってしまっていたこともあって、なんとかピッチに戻ってきたものの、タイムアップの笛とともに倒れこんでしまった。トレーナーがOKを出したにしても、ゲーム終了後の秀人はちょっと尋常じゃなかったから、本当に戻してよかったのだろうか。それで秀人に何かあったらどうするんだという思いのほうが強かった。無理して大事に至るより、一人足りない状態でも戦うことを選択してもよかったのではないだろうか。実際そういう心配をしたくなるようなゲーム展開だった。

前半のうちに陽平が足首を削られて自らシューズを脱ぐという異例の交代。Jリーグタイムの録画を見たが、かなりひどく足首にタックルが食い込んでいて、黄色いや一発赤といってもいいぐらいのファウルを受けていた(それでも何のお咎めもなし。とにかくわが軍にばかり黄色紙を発行する池内の出来は酷過ぎた)。前半終了間際にはコースケがハムストのトラブルで自ら×を出す始末。これで、後半切れるカードはたったの一枚。戦術的な対応の幅は限られてしまった。後半10分過ぎにはサンダサを早くも投入。指揮官にも焦りが見えた。そして、70分には山形のCKにパンチングに出た権ちゃんが秀人と衝突し、完全に脳震盪で倒れてしまったわけだ。ここまでフィジカルトラブルが重なると選手たちにも動揺が広がった。秀人が復帰した後も、どこか重い空気が支配していた。ぜひとも選手の安全を第一に考えていただきたい。

全体的に東京の決定機のほうが多かったし、山岸の好セーブに止められたのも数本あった。前半20分過ぎの翔哉の1対1は決めないといけない。よっちなら決めてたパターンだ。翔哉も確かにセンスはあるんだけれど、最後の最後がまだ甘い(あれは右足でファーにループより縦に山岸を振り切って左足だと思う。縦にスピードなら山岸が不用意にひっかけてPKということも十分考えられた)。その直後に前田に出したラストパスもセンスはあっても決定的な仕事になっていない。

スクランブルでコースケの代わりに出場した丸が何気によかった。機を見るに敏、気の利いたポジショニングとパスは、彼のサッカーインテリジェンスの高さを感じさせる。コースケにはクロス(FK)という武器があり、そこを超える何かがあるわけではないので、というよりもともとCBだからスタメンは難しいが、湘南を筆頭に中位以下のチームであれば間違いなくレギュラースタメンの人材だ。改めて彼の有用さに気づかされた。

そして、ゴールを使命として送り込まれたサンダサ。周囲との連係はまだまだだが、ストライカーとしての片りんは十分見せてくれた。58分、左サイドのナオからのセンタリングをダイレクトで左足ボレーで打ったシュートなどはなかなかセンスがある。荒くれのスペイン2部でもまれただけあって、フィジカル的にもかなり強い。パワーもありそう。コンディションが整ってきたら楽しみな存在である。

山形が頭からハイプレスをかけてきて、こちらが想像していたのとは全く異なるゲーム運びをしてきたのに、ピッチの選手たちもちょっと面食らった感じがしていた。ただ、山形の各選手たちのプレー精度は結構粗くて、あまり怖さを感じなかった。相手の問題が大きかったにせよ0封は成果だ。一方で、コースケがいなくなってからもそれなりにチャンスは作り、50分のにゅうさんのシュートや、81分のFKのポストとか、ちょっとずれればという感じだったので、悪くはないと思う。怪我人のことも含め(レフェリーもか)、たまたまこの日は何かに取りつかれたような(もしかしたら、あの時の山形からの借りを無意識のうちに返済させられていたのかもしれない)ゲームになってしまったのだ。ただし、下位に取りこぼしていてはこの先も苦労する。広島ががんばったので首位浦和とは6差で済んでいる。とにかく得点力アップだ。

|

« ファンタジーサッカー2015 第20節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第20節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/61922890

Listed below are links to weblogs that reference 安全第一:

« ファンタジーサッカー2015 第20節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第20節レビュー »